LIMEN MUSIC 11月の放送より

先週ミラノのクラシックレーベルLIMENMUSICで収録をしてきたと書きましたが、これから定期的にこのチャンネル用にいろいろ録りためて、DVD制作までやってみよう、ということになりました。

ヴァイオリンのアッカルド、チェロのディンドなど、イタリアを代表する国際的ソリストと並ぶわけで、こんなところに加えていただいただいて身が引き締まるわけですが、、、、いや、夜中にさっきもティラミスをつくってたべてしまったので身の方は引き締まりそうにないので、気持ちを一層引き締めるとして、、、とほほ、、、、
日本の皆さんにもLIMENMUSICを是非試聴していただきたいので、ちょこちょことこのチャンネルのしくみやら、今放送中の演奏家についてご紹介などしてみようかとおもいます。

LIMEN MUSICのサイトでは現在二種類の楽しみ方が出来ます。一つはTVライブ。左下のチャンネル1クラシックでは24時間の放送でいろいろな演奏家のプログラムやインタビューが見られます。
もう一つは左真ん中あたりにTVオンデマンドのクラシック。演奏家やタイトルを選んで自分の聞きたいものを選ぶというもの。

TVライブでは右のほうにタイムスケジュールが出ています。新しく放送開始されたものはヘビーローテーションで放送され、既に何度も放送されているものは徐々に回数が減り、オンデマンドのほうに移行してゆきます。
時間に余裕があってゆっくり楽しみたいときには、TVライブで「誰やってるかな?何やってるかな?」という感じで流しっぱなしで楽しむのもいいですし、今すぐにこの人の演奏が聴きたい、と思ったらオンデマンドの方にいって、目当ての演奏家の目当ての曲を選ぶといいかとおもいます。最近はYOUTUBEで偉大な演奏家たちの動画がなんでもかんでも見つけられるようになり、わたしも夜中にチェリビダッケやらなんやら、YOUTUBEサーフィンをして止まらなくなることもしばしばですが、LIMENMUSICはそれとはまた違う面白さが沢山あるとおもいます。十数年クラシックと現代音楽のレーベルとしてCDレコーディングをやってきたところなので、録音の技術がとてもすばらしいこと、カメラ5台で演奏家の手のうごき、顔の表情が細かくとらえられていますし、もともと現代音楽のレーベルだったこともあり、選曲も演奏家もなかなかこだわりの面々となっています。


オンデマンドの放送はランキングもでていますね。現在1位はChiesa Silvia(チェロ) Baglini Maurizio(ピアノ)のメンデルスゾーン。そうです、ピアノは日本ですごい量のツアーをして話題だった、あのマウリツィオ・バリーニさんです。お二人はデュオでかなりのコンサート活動をされていてCDも出しているようですが、難曲名曲でしられるメンデルスゾーンのチェロソナタ、二曲ともほんとに丁々発止の掛け合いが見事、素晴らしいです。

実は私はこのマウリツィオ・バリーニさんのこと、LIMENの放送を見るまでちょっとだけ疑っていました。だってショパンコンクールの入賞者という枕詞でマウリツィオ・ポリーニのそっくりさんみたいな名前なので、「ポリーニそっくりサンDEショー」みたいなコンサートでもしているのかと疑っていました。日本では本当に分かりやすい超名曲を並べてのコンサートツアーだったみたいですし。いやー疑ってごめんなさい、お恥ずかしいです。素晴らしいピアニストでした。最近の活動もリスト編曲の第九を内外で演奏するなど、まさに旬の演奏家でした。

実は私にとってメンデルスゾーンのチェロソナタ、大変思い出深い曲なのです。日本を代表するチェリスト藤原真理さんの伴奏をさせていただいていたころ、亜樹さんにあっているわと、いろいろなところで二番のソナタを弾かせていただきました。優雅で楽しい曲なのに、ものすごく音符が多くて、ともすれば早口言葉のようになってしまい、苦労しました
イタリアにミケランジェリの奏法を受け継ぐすごいマエストロがいるから、一緒にメンデルスゾーンを習いましょう、と真理さんに誘っていただいて、ガルダ湖の講習会にでかけたのが10年前、私のイタリアへの入り口はメンデルスゾーンのチェロソナタだったわけです。

私の思い出話はともかく、彼らの演奏はオンデマンドのところからいつでも視聴できます。是非ご覧ください!!
e0056670_10391273.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2009-11-26 09:37
<< クアルテットプロメテオとか ミラノ発クラシックWEBTV >>