クアルテットプロメテオとか

一昨晩からなぞの発熱と頭痛に苦しめられていました。これはインフルエンザか??と体温計抱えてどきどき上昇を見守っていたのですが、37,7というなんとも割り切れないところでとまる変な熱で、インフルエンザではなさそうです。やっとさっきから平熱になり頭も楽になってきたので、ほぼ二日ぶりにパソコンをあけました。


で、早速BGMはLIMENMUSICです(笑)
クアルテットプロメテオの演奏がLIMENMUSICのオンデマンドにあがってました!すばらしいドビュッシーです!!
彼らは今やイタリアを代表する弦楽四重奏ですが、私の「タルカス&展覧会の絵」で演奏してくれているのも彼らなんですよ。なかなか録音や録画、ネットでは音楽の生き生きとしたところまで伝わりにくいものですが、とてもどきどきする演奏が繰り広げられていて、十分ネットでもつたわってきました。

オンラインのほうでは、エンリコ・ディンド(ちょっとまえにN響のソリストで日本にいきましたよね)のピアソラも本当に聴き応えあります。ルグランタンゴだけでなく、ピアソラのクラシック作品もとりあげてすばらしい演奏をされているところに感動しました。ピアソラマニアのかたにもお勧めです。

現代音楽関係者には、本日放送開始されたばかりのフェデーレのエチュード。先週から放送されているアルフォンソ・アルベルティ君の弾くカスティリオー二の熱演もこれまたここでしか聴けない貴重な放送ですね。

で、クロアキの放送が3日後なわけですが、HIGHLIGHTSのなかのNEXTUPDATEでチラッと画面に顔がうつるんだけど、なぜかその顔が月影千草です(ネタとしてふるい?)。しかしほんとにかなり月影先生ですよ。こわーい。こういうアングルを特に切り取って使うっていうのはイタリア人の美的センスなんでしょうか。大丈夫かなー放映。 演奏より顔のほうが心配になってきました。とほほ。

弾いてきた曲はブゾーニのスーパーカルメン。アルベニス=ゴドフスキーのタンゴ。ピアソラの3つの前奏曲。
そこまではスペインのハバネラとタンゴからピアソラのタンゴとクラシックピアノ書法の混ざったピアノオリジナル作品につなげるというプログラミングだったのですが、調子に乗ってドビュッシーの牧神の午後への前奏曲も弾いてみちゃったので全体には意味不明の名曲集になっちゃいましたね。全部放送されるのかな?どうでしょう。12月3日のこわ~い月影千草をお楽しみに。
[PR]
by kuroakinet | 2009-11-30 09:24
<< 本日の放送時間 LIMEN MUSIC 11月... >>