2012年後半まとめ~

皆様お元気ですか?選挙の様子をミラノから緊張して見守っていました。多国籍多宗教の中で暮らしている私に出来ることは、私個人レベルの小さなささやかな外交。

ミラノでは、待ちゆく人は大きな紙袋を持ってプレゼントの買出しに大忙し。街はきらめくイルミネーション、すごく寒くてすっかり雪景色なのですが、先週、列車で11時間半の旅をしてイタリアの最南端まで出掛けてきたので、ターラントの日差しと美しい冬の海の写真を。

e0056670_7564525.jpg


85歳の恩師がはるか南に引っ越してしまい、なかなか伺う機会が作れなかったのですが、日本から20歳の青年がプチ留学できたので、是非一度私が感動したレッスンに連れて行ってあげたいと思い、一緒に出掛けたのです。恩師宅の真裏がこの絶景!今年の夏は大好きな奄美大島にいけなかったので、ターラントの青い青い海はサプライズでした。

恩師にお目にかかるのは2年ぶりで、お変わりないかと心配だったのですが、音楽への深い情熱と、ミケランジェリ譲りの香りたつ音色は変わらず、レッスンは4時間ぶっ通し。私もレッスンを受けましたがまだまだ教わることが沢山沢山ありました・・・熟成した深いワインのようなピアノ。チッコリーニと恩師は同じ年。イタリア人は長寿現役演奏家多いですね。先日もローマのバルベリス女史が90歳過ぎて展覧会の絵をお弾きになったそうですし。自分はあと20年後30年後、40年後まで弾き続けられるだろうかと考えながらの長旅でした。

鉄道好きのあなたに、夜行列車TRENO NOTTEの写真。
e0056670_10323085.jpg


今年は連載原稿に追われ、近況報告はTWITTERとFACEBOOKで終わらせてしまい、このブログがすっかりないがしろ。好きなことが好きなだけ書けるのがブログなのにね。

「ピアノの本」の連載はもうすぐ2年になります。当初1年間のオファーだったのですが、イタリアの伝統的ピアノメソッドなどマニアックなお話が意外に好評で、延長のリクエストをいただき、書き続けてきました。イタリアからロシアにわたったピアノのメソッドや、埋もれた作品たち、国立音楽院のシステムなど、数年後も資料として残るようなものを、と思い懸命に調査をしました。「ピアノの本、読んでいますよ」と声をかけていただいたり、面白かったとメールを頂いたり、私が動かなくても文章が一人で歩いていくという連載の力を改めて感じたりもしました。ご愛読長らく有難うございました。連載もそろそろ終盤ですので、これからはまたこのブログの更新頻度をあげたいものです。


e0056670_715437.jpg

10月は数年ぶりにサルデーニャ島に呼んでいただき、現代音楽祭の一環でリサイタルをしてきました。前半スクリャービンばかり、後半は日本とイタリアの現代作品、高橋悠治と杉山洋一とブソッティ、タリエッティを弾いてきたのですが、会場は城塞のような建物の一部で、照明をつけるとなんだか秘密集会のような雰囲気でした。子守の事情で、朝8時の飛行機で出掛けて、翌朝6時の飛行機でミラノ戻りという強行スケジュールだったのでこのときは海は道路からチラッと見るだけ、しかも曇り。だったので海が見たいよーという気持ちが10月から続いていたので先週のターラントがなおさら感動的だったのかもしれません。


連載以外に今年が地味に忙しかったのは、スクリャービンをあれこれ録音し続けているから、というのもあるのですが、Quartetto Borcianiのバイオリニストとして20年間活躍してきたエレナに誘われて、ピアノカルテットを始めたからでもあります。弦カルテットでずっとやってきただけあって、ものすごくリハーサルを重ねるんですよね。しかもイタリア人だけあって議論が絶えない。イタリア人っていい加減だと思っている人が多いと思うのですが生真面目でしつこい、というのが私の北イタリアの人々の印象。地味に真面目にひたすらレパートリー作り。そんなことが続いてスケジュール帳がリハーサルだらけになって地味に忙しかった2012年です。

e0056670_7142457.jpg


2013年は引続きLIMENMUSICでのスクリャービンの録画と、それとは別の録音計画も進んでいます。カルテットのコンサートも増えそうです。5月にはカルボナーレとの日本でのツアーが決定しています。

年越しは単身弾丸で日本です。年末から某録音に恒例の某キャンプ、そしてお正月は某ライブ。


ああ、クリスマス前になんとかブログ更新できましたた。すっきり!
皆様、一足早いけれどBUON NATALE!

e0056670_1054389.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2012-12-18 10:00 | ミラノ日記
<< BUON NATALE!おまけつき! 小松亮太プレゼンツ「エル・タンゴ!」 >>