蘇るマリア!

今月中旬はミラノに二週間帰って、国際ジュニアコンクールの審査員とやらを務め、23か国ものジュニアピアニストたちの演奏を聴いてきました。普段から息子の小学校なども多国籍なので、文化的背景も親子関係も教育に対する感覚もそれぞれ違うということは重々承知であるけれども、ピアノにおいてもやっぱり音色や表現に大きな違いとなって現れますね。きっと私だっていろんな意味でやっぱり日本人ならではの音がしているんだろうなと思う瞬間・・・・・
ささやかな国際交流のお役目を果たしたあとは、大慌てでまた帰国して今週はまたまたマリア!マリア!マリア三昧です!!
e0056670_0352993.jpg



アストル・ピアソラの大作「ブエノスアイレスのマリア」が上演され、録音されたのが1968年。私が生まれた年です。

20代の始めにピアソラに夢中になってあれもこれも必死で耳コピーして、このオペラにもどれほど憧れて何度きいたことか。アレグロタンガービレはピアノソロに編曲てCDにも入れたりして何度も弾きましたが、オリジナルの編成で、そしてこのCDでマリアを歌っているアメリータさんと全編上演する日がくるだなんて!!


まだデビュー前だった亮太君のライブに足を運んだり、自分もバンドネオンにも手をだしたり諦めたり、タンゴ奏法を小松真知子さんに習いに伺ったり、仲間とピアソラランドを結成したり、タンゴに向き合っては跳ね返され、紆余曲折。揚句にイタリアに流れついたりしたわけですが、イタリアの仲間たちと演奏していると、私は日本でタンゴ仲間たちに教えてもらったいろんなエッセンスのおかげで強くなれたんだなと思うことが多いのです。

そんなことを思っている時、亮太君から3年前「マリア、やりませんか」とお誘いのメールが飛んできて、何が何でも弾かせて!と返信しました。それから本当にいろいろなことがありましたが、一回でも多くリハーサルに参加したくて、一回でも多くライブに参加したくて、せっせと口実作っては帰国してライブを重ねてきました。オール日本人キャストでのマリア、SAYACAちゃんが悩みながらどんどんマリアになっていった様子にも、大きな勇気をもらいました。


e0056670_1199.jpg

24日江古田バディ オール日本人キャストによるブエノスアイレスのマリア




そしてついに昨日、アメリータさんとのリハーサル。私の自分の生きていた年月分、マリアが時間を巡って明後日新宿で蘇るんです。
リハーサル初日の1曲目、私たちが演奏はじめたら、アメリータさんもおおおーーって両手で顔を覆って、感極まっておられました。

とはいえ、感動したり感慨にふける間もない大作なので毎日ひたすらリハーサルするのみです。
明日はホールでリハーサルです!本番ではこれまでのさまざまな時間が音になりますように!


アメリータさん、74年のピアソラとの映像。アメリータさんの大ヒット曲、この動画で歌っている「ロコへのバラード」も「ブエノスアイレスのマリア」と同じ、ピアソラ×フェレール×アメリータさんのコラボレーション。

[PR]
by kuroakinet | 2013-06-28 00:33
<< ブエノスアイレスのマリア、ライ... 芸大第一ホールと第二ホールと... >>