さくらんぼう

子育てとか充電には、イタリアの長い一日はとてもいいみたい。私はキャラクターがあっけらかんとして見えるせいか、ちっとも悩みなんかないでしょう、とよく言われるけれど、実は本番が続いたあとなんかに、突如ブラックホールのような鬱々とした日々が襲って来たり、正体不明の自己嫌悪に襲われたり、よくするのです。でも、出産で体質が変わったのか、イタリアが陽気な土地だからなのか、最近は自己嫌悪は相変わらずあるんだけれど、それが酷くならずに済んでます。このところ、ちょっと書きたい曲が浮かんだりしているし。周りがあまりにも優秀な作曲家ばかりなので、演奏意欲は沸いても創作意欲はどこか遠くに何年も消えていたのだけれど。

e0056670_1652062.jpg
このボールいっぱいのさくらんぼうは、うちの中庭で採れたもの。階下のガラスやのおじさんが、いま摘んだばかりだからもってゆきな、と出会いがしらくださいました。さすが採れたて、甘くって子供も大喜び。
[PR]
by kuroakinet | 2006-06-17 12:47 | ミラノ日記
<< 三柴理さんのお話、その2 ヴェルチェッリ >>