三柴理さんのお話、その2

ミラノはじわじわと気温が上がってきましたよ。女の子たちの肌の露出もすごいです。昨日は公園へ子供を散歩に連れて行きましたが、水着で肌を焼いているカップルがたくさん。トップレスも公園の日常の風景です。私はタンクトップだったけれど、すっかり日焼け。もう肩のあたりがひりひりしています。

日本は皆サッカーの応援で疲れているみたいですね。イタリアは街角の住宅にも国旗が掲げられていたり、トリノオリンピックよりW杯の方がずっと盛り上がっていますが、アメリカ戦の日は結構静かでしたね。近所の人が言うには、アメリカ相手だから選手も応援もまだ本気出していないんだよと。へえ。

ところで、、、じゃじゃーん、七夕のSTBライブの告知ページが出来ました!
こちらをクリック

元筋肉少女帯のピアニストとして知られる三柴さん、現在は大槻ケンヂとの「特撮」やTHE金鶴、ザ 蟹といったユニットで活動中なのですが、10年くらい前からずっと気になる存在でした。当時私は「芍薬」という着物着て演奏するモロ企画バンド(あんまり見て欲しくないが、吹き出したかったらクロアキネットのクロアキ文庫、ウラクロアキリターンズまで行って覗いてください。着物のジャケ写真があります。とほほ。)をやっていて、YESのコピーやらピアソラのコピーやらオリジナルやら、歌ったり踊ったり着物の早変わりやったり、なんか本当にポリシーの無いバンドだったのですが、それなりに必死でやっていたんです。自分の方向性を思い切り迷っている時期だったので、余計にクロスオーバーな活動をしている人には興味があって、雑誌などで、三柴江戸蔵の名前をみて、ロックの世界にもこんなピアニストがいるんだーーーと、目が離せない存在でした。だって、三柴さん、ロックバンドのメンバーだったのにミニマルや現代曲やフランス近代なんかを音楽の友ホールでリサイタルで弾いたりされていましたからね。それがまた写真がとっても怖いの。。。(笑)とても堅気の人には見えないお写真で。あ、ロックミュージシャンなんだから堅気じゃないのか。

「芍薬」という企画バンドは真剣にやればやるほどメンバー皆が不安になってしまって、CDリリース直後に解散。作曲したりスタジオミュージシャンをして食いつないでいたら、ビクターのディレクターに拾われて、芍薬時代からずっと弾き続けてきたタンゴで二枚ほどソロアルバムを出しキーボードを廃業、じわりじわりとクラシックに復帰。3枚目はキース・エマーソンをテーマにしたクラシックアルバムにしたい!と言い張って、許可が出て地道に計画を進めておりました。タルカスと展覧会の絵をミラノで録音して、さあ、出すぞーーという時に三柴さんが、タルカスのピアノソロ版の楽譜とCDを出版されました。「ひょえーエディ、同じ時期に同じようなことを考えていたんだーー」とまたまたびっくり。

これは二台ピアノで一度はお手合わせ願わなければ、、、ということで、今年に入ってから突然お電話しちゃいました。そしたらね、、、もちろん黒田さんのCD持ってますよ、と仰って、もう初めてのお電話なのに、長電話。打ち合わせでお目にかかった時も、もう話が要件にたどり着かずに脱線ばかり。例えばね、アゴスティ編曲の火の鳥について「僕もね、あの楽譜持ってるんだけどね」とか、「調律を勉強していたことがあってね、ベルクマイスターはね」とかそういうマニアックなネタで盛り上がっちゃうんです。なかなかクラシックのピアニストの同業者とでは、こういう風には盛り上がれないというのに。

e0056670_7381788.jpgそんなわけでまもなく帰国、リハーサルが始まります。ライブはトークも面白くなると思うわ。本当に三柴さんってすごく面白い方なんですもの。三柴さんのお話の続きはまた後日。リハーサルの模様もお楽しみに。
画像は三柴さんの編曲のトッカータです。
[PR]
by kuroakinet | 2006-06-20 06:57 | ミラノ日記
<< 彦星?三柴さん さくらんぼう >>