彦星?三柴さん

蒸し暑い毎日ですが、こうなったら音楽も蒸し暑く行きましょう!(笑)

七夕ライブに向けて激しく楽しく快調にリハーサルが進んでいます。二台ピアノとマルチパーカッション神田セットということで、アコースティックなのにかなりの爆音。トッカータはこの編成にばっちりはまって相当面白いですよ!
今もリハーサルの録音を聴きながら書いていますが、和気藹々の会話と激しい演奏のギャップにずっこけそうになります。三柴さんのピアノ、すごい推進力と音圧と腰の据わったリズムで、何度も胸をつかまれるような瞬間があります。それなのに、「じゃあ、いきまーす(^^)」って弾く前に可愛い声で仰るので、いつも「ぷっ」っと吹き出してしまう私です。
この三柴さんの脱力キャラをライブで引き出すことが出来るでしょうか、、、、。


二台ピアノとカンちゃんの壮大な楽器群をどう置くか、、、
3人ともこんな編成でやったことがないのですが、
おそらくカンちゃんの打楽器が真ん中にあってハの字にピアノが来る感じでしょう。
そうなると天の川の打楽器郡の両岸に織姫と彦星が居る様な図になるかな?
強面で可愛い声の彦星さん、、、、(^^)
織姫キャラは私よりはるかにカンちゃんのほうが近いけれど。

では七夕に会いましょう!
e0056670_2201145.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2006-07-03 02:21 | コンサート
<< トッカータのトッカータのトッカータ? 三柴理さんのお話、その2 >>