東京→神戸→ロカルノ→ミラノ

ちょっと間が空いてしまいました!みなさんお元気ですか?移動続きで10日間はパソコンのない環境にいました。ミラノもスイスも暑いのですが、湿気が無いので日陰に入れば、日本より暑さはしのぎやすいです。

そうそう、このブログはRIKKIとのライブ目前のところで終わっていたのね。吉祥寺と神戸でのRIKKIとのライブはとても楽しく終わりました。吉祥寺ではソロコーナーはピアソラを久しぶりに弾きましたが、神戸ではブログで予告したとおり、「火の鳥」を弾きました。面白いことに、その前のRIKKIのソロコーナーで奄美の子守唄を三味線で弾き語りしてくれたところだったので、奄美の子守唄と火の鳥の子守唄が呼応しあうという具合になりました。奄美島歌にストラヴィンスキーって取り合わせもお客様にとってはなんだそりゃっ、、、てなものですかね。でも取り合わせの妙は時には面白い味になります。私の東京の棲家の近く、弦巻に美味しい蕎麦やがあるんだけど、そのお店、何故かタコスとかメキシコ料理もメニューにあるのよ。変でしょ。でもそれが人気なのよ、、、って例え話がちょっと変かな(^^)(^^)。

e0056670_133627.jpg吉祥寺でも気持ちよいライブが出来たのですが、神戸ではRIKKIのほうから「ああーアッキーとのデュオはホントに気持ちがいいねぇ」と呟きが出たくらいだったので、何よりもそれが嬉しかったです。最近イタリアの作曲家の友人に聞かせてもらった、シチリアの子守唄というのが物凄く面白くて、それを現代音楽としてピアノ曲につくり変えた人がいて、それがまたとても面白かったのですが、RIKKIの島唄をベースに、私の中の西洋の音楽言語をうまくミックスできれば何か不思議な音が作り出せるのではないかという気がしてきました。それにしても、RIKKIは産後1ヶ月半でロンドンに行ったり、国内のライブ復帰したりレコーディングしたりと精力的で、母は強し、女は強し、音楽は強し、だと感動しました。お互いの子供が1歳違いだから、そのうち奄美に行って一緒に遊ばせたいな。母二人は音楽遊び、息子二人は砂遊び、、だね。

さて、その後のスイスのお話はまた明日!
[PR]
by kuroakinet | 2006-07-30 01:20 | ミラノ日記
<< TICINO音楽祭 RIKKI & AKI Duo... >>