夏の思いで その1 アグネスホテル

ミラノにもどりました!こっちはもうかなり涼しいですよ!!!でも近所のお店はぜーーーんぶ休み。ご近所さんも殆どが旅行中。イタリア人の徹底したバカンス至上主義はお見事。

さて、わたしのバカンスはこれから。このところ沢山働いたもんね。今年の夏は7月、8月とイタリア日本間を二往復、ついでに7月末はイタリアとスイスを二往復、いつにも増していろんな時代いろんなジャンルの曲を弾いて各地を周りました。いつも修羅場で飛行機でも電車でも常に楽譜とにらめっこでしたが、反面スイスでは夜な夜なビールとワイン、日本でもあまりの暑さに毎晩ビール、ミラノにもどる直前の鯖江では、あまりの開放感にたらふくの日本酒、、、と、アルコール摂取が普段の数倍になってしまいました!

e0056670_21252417.jpge0056670_21255740.jpge0056670_21262330.jpg
さて、なんだか移動ばかりでPCに触れなかったので、日本の夏の想い出アルバムを。8月16日 神楽坂のアグネスホテルにて久しぶりに東谷健司さんとタンゴ。急にやろうやろう、、って感じで決まったライブだったので、インフォメーション欄にも載せられなかったし、ここのブログに告知しただけでしたが、今読み返してみたら、ここのブログにさえ日程を書いていませんでした。アホ。。。でもアグネスホテルに行ってみたら、満席のお客様。30分の短いステージでしたが、ほんとうにあっという間で、ああ、もっとしょっちゅうタンゴやりたいわーーって気分になったとたんに終わってしまった感じでした。アグネスホテルは神楽坂のとっても優雅なホテルで、演奏後に頂いたコースもとっても美味!いろんなところで演奏して、いろんなところで美味しいものを食べられるって、最高。譜読みと練習修羅場で睡眠時間が少ないのは辛いけど、でもやっぱり有難い職業だわ。ははは。
[PR]
by kuroakinet | 2006-08-23 18:58 | コンサート
<< またまたコモ湖へ ガーシュインの次は久しぶりのピ... >>