耕す、むしる、均す、、、そして蒔く!!

朝日カルチャーセンターでのモーツァルトとストラヴィンスキー、そしてオーボエの広田智之さんとのモーツァルトスペシャル、バイオリンの野口千代光ちゃんと静岡遠征、どれも楽しく美味しく(ちょっとイタリア料理に飽きてきた時期だったので、和食を各地で堪能してしまいました!)終えて、息子と中途半端なままの家の待つミラノに戻りました。

戻ってみたら電磁調理器が届いていました。でも換気扇がまだ。IKEAさん、ゆっくりすぎませんか??
まあそんなことを言っていては、このイタリアでは生きていけないですけれど。何があるかわからない、何が起こってもおかしくないのがイタリアだしね。

さあ、そんなわけで、ミラノに戻ってからさらに土をならして、先日ついに芝生の種を蒔きました!いろいろな庭関係の知人に聞いたところ、春まで待たずに蒔いたほうがいいと、今霜のおりないうちに蒔いてしまって冬を越した芝の方が強く育つと助言されたのです。日本では芝生は植えるものですけれど、こちらでは種を蒔くのが普通みたいですね。

そんなわけで、うちの庭の進化の様子です。イタリアに来て、なんで毎日こんなに土まみれになっているのやら、、、、ではありますが、これも私なりのファラーリ氏への感謝の気持ちなのであります。それにしても一人で人力のみでやったので、かなりの充実感。
土が精神にすごくいいということも実感。

e0056670_9454027.jpge0056670_9494630.jpg
[PR]
by kuroakinet | 2006-11-17 09:24 | ミラノ日記
<< フェラーリのマンション 束の間引越しのことは忘れて、、、 >>