里帰りトークコンサート

21日は故郷北大阪の懐かしいホール、池田市民文化会館のイベントスペースで、トークコンサートをやってきました。このホールは特に思い出があって、、、、タクシーを降りて建物の入り口に降り立ったときに、あまりの懐かしさで、息が止まりそうになりました。ああー私の青春!!ここにありって感じでした。

高校時代憧れていた人がいて、そのひとはジャズもクラシックも素敵にプレイする大学生だったのですが、セーラー服を着て、その大学生の演奏を聴きに行ったり、おっかけしていたわけですよ。
そのまさに恋する16歳のときに、私はここのホール主催のアゼリア新人推薦オーディションというのを受けたんですよね。それで最年少で合格させていただき、ジョイントリサイタルに出演、その翌年にもその合格者の中から選ばれてリサイタルをさせていただくことになり、その招待状を憧れの大学生に送ったら、来てくれたんですよね、会場に。それがきっかけでその後いろいろと事件が起こり、、と、まあそんな淡い思い出がこの池田市民文化会館を見たとたんに蘇って、もう懐かしくて懐かしくて。
まあ誰にでもそういう切ない思い出ってあると思うのですが。

その時演奏したアゼリアホールはこの会館の大ホールのほうでしたが、トークコンサートは小ぢんまりしたイベントスペース。でもそこに満席のお客様で立ち見がでてしまいそうだったので、咄嗟の機転で「子供さんたち、ピアノの周りに来ませんか?こっちおいで!!」と声をかけてみました。そしたら、さすが関西人!反応早い!ピアノの周りに集まってきました。

バッハから始まり、ラプソディインブルーまで、ほんの短い30分のトークコンサートでしたが、自分の子供のころを思い出してしまったり、思いがけない懐かしい人に会えたり、楽しい大阪訪問でした。
トークコンサートの前後は同じ会場で行われたPTNAステップで、170人の出演者、ちびっこから社会人のソロと室内楽の演奏を聞かせてもらいました。
トークコンサートの間、ピアノの周りで踊る子供たちや、ステップで生き生きとした演奏を聞かせてくれた子供たち、、、、。故郷北千里に、こんなにたくさんの音楽を愛する子供たちが居るということが、とってもうれしかったです。

e0056670_1403874.jpge0056670_1405165.jpg
e0056670_141878.jpge0056670_1473145.jpg



おまけ 先日のSTBライブ。
バイオリン磯絵里子、オーボエ広田智之、チェロ古川展生、ハープ早川りさこ。
この編成でのアレンジもなんだかんだでかなり増えました!!
e0056670_1542465.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2007-03-26 01:36 | つぶやき
<< 病み上がりでもフラメンコ! 小さな恋のメロディ >>