カルボナーレとイタリアーノ、時々、丸の内!!

帰国しましたよー!!

最近はいつ帰ってきたの?って日本で聞かれても、ミラノで聞かれても、もう全然答えられない。ずっと前からずっと日本にいるような気もするし、ずっと前からずっとイタリアにいるような気もするから・・・。二つの自分がいるんだろうな。日本にいるときの自分は前回帰国していたときの自分とつながっていて、イタリアに居るときの自分は帰国する前のイタリアでの私とつながっているのよね。それに時差で1日変わったりするせいもあるのか、曜日の感覚も皆無。あ、そういえば昨日大阪に飛行機で行ったんだけど、支払いのときクレジットカードを使ったので安全のためか「では確認のために年齢をおっしゃってください」と言われて、全然応えられなかったの。。。。ほんとに。いつ何歳になったんだっけ?へ?わたし何歳??って1分間考えてもわからなかった。「ご自宅の電話番号を」って質問変えてくれて助かったんだけど・・・・・とほほ。


e0056670_235573.jpgきっとこのボケボケの原因は帰国早々に、日本語とイタリア語をすごい勢いで交互に使いまくっているからなんでしょう。そう!
アレッサンドロ・カルボナーレ来日しました!早速彼と一緒に国立音大と大阪音大に行ってきました。ミニコンサートとかレッスンの通訳なんかをやってきましたけど、まあハプニングだらけです。いつものことなんですが、ミニコンサートの曲目は舞台に上がるまで決まらない。「AKI、ガーシュインやるよ。あ、やっぱりはやめてシューマンにしよう。」3秒前の舞台裏で言われて出て行くと、舞台上で歩きながら「いやザッパにしよう」ってまた変わる。学生の前で~世界の名教授~としてレッスンをやるのに、ザッパでいいのかな?と思いながら前にでると、「Bフラットでついてきて」と言っていきなり即興を始めるし。まあ何から何までその調子で「日本は何でも事前に決めるけど、僕は決めないよ、イタリア人だから」と言い放つので、それを音楽大学の先生に感じ悪くならないようにお伝えしたりするのが大変・・・なのです。

しかしまあ、彼は音大でのマスターコース、サンタチチェーリアオーケストラの本番、リサイタルのリハーサル、個人レッスン、とめちゃくちゃ働きながらも、とっても日本を楽しんでいるようです。おもしろい話が沢山あるので、また振り回され話の続きは次回。

せっかく帰国したので、丸ビルに弾きに行きますよ!それも私の尊敬する、素敵な世界的ヴァイオリニスト、漆原啓子さんをお招きしての丸ビル35無料コンサートは、
7月8日(日)午後2時&3時です。丸の内ビル35階の眺めのいいロビーで、啓子さんのストラディバリウスの響きを楽しんでください。
e0056670_375569.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2007-07-04 02:36
<< 丸ビル35スペシャルコンサート VARALLO SESIA う... >>