地獄の門

こんにちは。こちらスピード帰国中です。先月は子連れ狼状態で飛行機、電車であちこち動きまくったので、今回は子供の体調も考えて単身帰国にしました。息子はミラノでお留守番。ママ仲間や、夫や、友人知人に本当に助けてもらって、10日間、家をあけて一人で飛んでくることができました。感謝で胸がいっぱいです。その分本当に精一杯大切に仕事をしなくてはとおもいます。

早速成田に着いた翌日からヴァイオリンの野口千代光ちゃんと本番でした。彼女はわたしより半年あとに長男を出産し、帰国するたびに息子同士遊ばせたりしていたのですが、昨年二人目もうまれて、3歳と0歳の二児を抱えながら、たくさんの本番を、大学のお仕事と、生徒さんを抱えて本当にパワフルにこなしています。とにかく会うたびにいつも子育てと仕事のやりくりの話になるわけですが、今回も控え室で話題が尽きませんでした。「亜樹ちゃん、そのバッグいいね、楽譜とか衣装とか、オムツとか着替えとかいっぱい入りそう!」とかね。ママ同士の会話って色気ないですね(笑)。

昨日は静岡県立美術館のロダンの「地獄の門」の前で演奏してきました。大学時代、映画「カミーユ・クローデル」を見て、イザベル・アジャーニの演技に圧倒され、そして映画にかぶれて女性が芸術をやることについて、友人と論議をしたりしたのでのすが、ロダンの彫刻に囲まれて、あの映画の映像や当時の思い出が頭を駆け巡りました。
響きもすごくいいところで、聴衆も熱心に聞き入ってくださって、千代光ちゃんも熱演で、お客様の拍手がなかなか鳴り止みませんでした。子供のお迎えが!と静岡からすっとんで帰った千代光ちゃんでしたが、私は静岡S楽器のKさんに美味しい鰻をご馳走になってしまいましたぁぁ~
Kさん、お世話になりました!!ご馳走さまでした~~~

e0056670_414595.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2008-11-18 04:05
<< 日替わりメニュー 子連れ狼 旅三昧~~~ >>