カテゴリ:未分類( 73 )

Carbonare in JAPAN  BRAHMS/JAZZ


[PR]
by kuroakinet | 2010-09-26 15:14

Carbonare in JAPAN 驚きの循環呼吸動画!

Carbonare in JAPAN 2010 A.Pasculli Le Api  


アレッサンドロが東京公演のビデオ公開してもいいよ!っていうので、どんどん貼っていきますよ~
[PR]
by kuroakinet | 2010-09-25 07:47

お知らせ! 黒田亜樹×榊原 大 スーパー・ピアノデュオ!


[PR]
by kuroakinet | 2010-09-19 19:21

2010年 夏休み帰国写真集

猛暑日本から脱出、体感温度18度にまで落ちた秋のミラノに戻り、いきなり夜中のヒョウに見舞われました!!おかげで寝冷えで咳き込んだりしながら、新学期の始まり。

夏の帰国中はいろいろありすぎたのでまとめてどん。こんな感じでとっても充実した夏帰国でした。

e0056670_754764.jpg

e0056670_841935.jpg

FF13のアルバム発売直前から突如企画が浮上した各地ライブでしたが、企画から実現までわずか1ヶ月ちょっと、、、、だったのに関わらず即完売。
e0056670_861232.jpg

USTREAMの中継もありました!ものすごい集中力で聴いてくれた温かいお客様たち。改めてゲーム音楽のファン層の広さと情熱を確認しました。
e0056670_8122895.jpg

千里ではグリッサンドで盛り上がりすぎて水ぶくれが破裂、血染めの鍵盤になってしまい自分でびっくり!
横浜ヤマハではトークコーナー中の思いつきで、後ろのほうで見えにくいお客様のことが気になって、思わず「最後列の方、前に出てきませんか?」と発言してしまい、こんな図に。いろいろありましたがとってもとっても楽しい夏の思い出となりました。レコーディングのみで終わらず、こうやって直に皆さんにお届けできて、ほんとに良かった!
浜渦さん、スクエアの皆さん、ヤマハの皆様、いらしてくださった皆様、中継をみてコメントくださった皆様。ありがとうございました。また続きがいつかありますように!



で、写真集のおまけ。アレッサンドロ・カルボナーレ。前回の日記では疲れ果てた彼の写真を乗せてしまったので、本番前の格好いいところを彼のためにもアップ!!
e0056670_8225932.jpg


他にも夏休みは子供とママ友とディズニーランドや、こどもの城やキッザニアやプールにもいったし、ちょっとした家族のイベントもあったので、私の個人的夏休み写真集はかなり賑やかになりました。

しかしミラノに戻って真っ先にやったことは、、、畑の草抜き。地味~~~。。。


好評発売中!
10月22日銀座ヤマハホール 黒田亜樹×榊原 大 異種ジャンルの融合〜スーパー・ピアノデュオ!

[PR]
by kuroakinet | 2010-09-19 08:14

カルボナーレ旋風に続いてFFピアコレ騒動??

お礼が大変おそくなりましたがアレッサンドロ・カルボナーレのリサイタル、マスタークラスにいらしてくださった皆さま、お力添え下さった皆さま、本当にありがとうございました。

今回も、到着当日からスーパープレイを連発していたアレッサンドロ。毎回毎回、観客は熱狂し、聞いたことがないくらいの長い拍手でした。毎日気まぐれに曲目が変更し、レッスンの通訳では時におふざけが過ぎて通訳しにくくなったり、突如ナーバスになったり、私もいつになくぴりぴりしながらの同行でしたが、舞台の上で、レッスンのお手伝いで、彼から得たことがとても文章にはできないくらい沢山沢山ありました。

これまでもイタリアではよく生徒たちの通訳をしてきましたが、今回は皮肉屋さんのアレッサンドロと一緒に日本を旅し、折々に通訳をしなければならない状況の中で、イタリア人から見る日本人、ということ毎日いやになるくらい感じさせらてしまいました。各地でのコンサートの会場の沸き方、見事なエンターテイナーぶり、それと全く逆な緻密なリハーサルや彼が自分に課している厳しさの両方を覗き見しているような数日間。あの日々のことはしばらくは忘れたいなと思ってしまうほど強い印象を残しました。今までにもう、何度も共演しているのに、、、特に今回はまた強烈だったな。。。。

それだけ彼が毎回毎回、テクニックも音楽の深さも、魅せることも、極めながら登りつめているということなのかもしれません。


e0056670_239389.jpg

最終日打ち上げ後、流石に疲れているアレッサンドロと、一週間毎日共演して目がハイになっている私。。。



さて、そんなカルボナーレ旋風が去って、あっという間にFF13ピアノコレクションの発売日が明日!となってしまいました。明日は突然ですがFF13ピアコレがらみでいろいろと動きがある1日になりそうです。

はい、では太字で告知しま~す!


『Piano Collections FFXIII』発売記念
浜渦正志×黒田亜樹Ustreamにてトークライブ生中継配信決定!


明日は既にCDを手に入れた方とは、一緒に聞きながらUstream+ twitterで感想など交換したいですし、
まだの方は配信のバックに流れるはずのCD音源に耳を傾けながら、裏話?などお楽しみください。そしてきっと明日はニュースも告知できると思います!

お仕事などで17時半は無理じゃーーーという皆さん、ごめんなさいごめんなさい、、、私19時から妹分のリサイタルに駆けつけなければならなくて。18時すぎまでが限度だったのです。でもきっとアーカイブとかもできるんじゃないでしょうか。。。。私と浜渦さんに大きな失言や失態さえなければ。。。。うーん。



[PR]
by kuroakinet | 2010-07-20 23:20

FAZIOLI 無料トークコンサート 27日お昼

さきほど帰国しました!今回はながーーい帰国です。あちこち子連れで皆様のお世話になることかとおもいます。
9月までどうぞよろしくお願いします。


さて、突然ですが今度の日曜日、27日に田町にあるFAZIOLI(イタリアの銘器)ピアノサロンで、尊敬する恩師、湯口美和先生と二台ピアノと連弾のミニコンサートがあります。
PTNAピアノステップという催しの中でのトークコンサートで、その前後は学生さんやシニアピアニストがFAZIOLIでいろいろ弾いてくれます。私と湯口美和先生とのデュオは12時25分からの20分間だけですが、
どなたでも聞けますので、FAZIOLIサロンちょっと覗いてみたいという方などいかがでしょうか?


http://www.piano.or.jp/step/schedule/detail/2010062772632.html

イタリア負けちゃったねー。日本、どんな試合になるでしょうか、、、ドキドキ。
[PR]
by kuroakinet | 2010-06-25 02:14

カルボナーレ来日公演!

さて、このところ小旅行が続いていたので、明日の長期帰国フライトを前に、大中小のスーツケースを並べてあっちからこっちに中身を移動しているところです。

帰国してすぐ、7月頭はアレッサンドロ・カルボナーレ、二年ぶりの来日公演。。。
e0056670_6485116.jpg


いたずらやんちゃ少年がそのまま大人になったようなアレッサンドロなので、いつも振り回されて超大変ですが、彼曰く「ピアニストの人生なんてそんなもんだ(高笑)」だそうで、まあ、そういわれても仕方ないと納得するくらい、圧倒的な技巧と圧倒的な音楽性で吹きまくってくれます。今回のプログラムも一見軽そうにみえるものの、彼の緻密な超絶技巧と、振り幅のおおきな自由な音楽が堪能できる、彼ならではのラインナップです。

カルボナーレからの来日にむけてのメッセージ。日本のみなさん、僕のコンサートに来てくださいって、それだけですけどね。即興つき。
http://twitvideo.jp/01bjD

7月5日大阪フェニックスホール、7月8日東京文化会館カルボナーレクラリネットリサイタル!!ご期待ください!!
[PR]
by kuroakinet | 2010-06-23 06:39

ファイナルファンタジー13ピアノコレクションミラノ録音

最近はTWITTERで日常のちょっとした変化や事件?をつぶやいているので、
ついついブログが後回しですが。。。。。。
TWITTERの過去ログはこちら→http://twilog.org/kuroakimilan


5月はいつものLIMENスタジオでFF13のピアノコレクションを録音。
これについては作曲の浜渦正志さんと浜渦さんのスタッフがサイトに細かく
レポートを載せてくださっているのでそちらをぜひご覧ください。
浜渦正志さんのダイアリー http://www.monomusik.com/diary.html
浜渦さんスタッフによるミラノレポート http://www.monomusik.com/staffroom.html
e0056670_148398.jpg

e0056670_1828280.jpg

e0056670_18324711.jpg

e0056670_1414347.jpg



馴れたスタジオとなれたピアノ、馴れたエンジニアで、とっても楽に演奏させてもらいました。
FF10以来のコラボレーションでしたが、浜渦さんとわたしは、おそらく子供時代に聞いてきた音楽がテクノや近現代音楽など、きっとかなりシンクロしているのでしょう、表現の方向とか、ちょっとしたフェイクやアドリブ、全部受け入れてもらえて、全て迷いなくさくさくと進み、充実感のある録音となりました。
発売は7月21日。8月末まで日本にいる予定なので、その間にキャンペーンや浜渦さんとのトークライブなど新たな企画も進められそうです。
e0056670_148538.jpg





しかし、ピアコレの発売の前に、アレッサンドロ・カルボナーレの来日公演があります。
7月5日大阪フェニックスホール、7月8日東京文化会館小ホールです。
e0056670_14161579.jpg


子供のようにやんちゃなアレッサンドロに毎回振り回されっぱなしの私ですが、
先日も急に呼び出されてローマまで日帰りしてきました。

その顛末はまた彼からの動画メッセージつきで明日書きます!
[PR]
by kuroakinet | 2010-06-19 14:03

女は強し!

昨日は収録でした。なんと共演のソニアは出産予定日10日前。本当はイタリアでは出産前2ヶ月は女性の勤務は法で禁じられているらしいのですが、これはプロモーションだから法には触れないということで決行。
演奏曲目はフルーティストにすさまじい肺活量を求めるDONATONIのFILI!ドナトーニ没後10年の記念番組のための収録でした。出産10日前ということでおなかの張り出しも相当なもの。写真では黒い服なのであまり目立ちませんが、いつうまれてきてもおかしくない状態。リハーサルで彼女の家に通いましたが、1日ごとにお腹がさがってきていて、もうわたしとしては、収録途中で産気づいたらどうしよう、、、と見守りながら弾くばかりでした。そんな私の心配をよそに、ラストの高音のフォルティッシモオンパレードにところでは、「赤ちゃんがものすごく暴れて痛いわ」とか言いながら、ばりばり吹いていました。とにかく彼女の負担をすこしでも軽く、という気持ちで私の事情でもう一回弾かせて、などとてもいえない気分だったので、普段とは違う緊張でした。

出産後1週間でスイスにコンチェルトを弾きにいったときの自分も、女って出産前後は妙に強くなるものだとわれながらびっくりしたものでしたが、ソニアのやると決めたらやる!という凛とした姿勢に感動しました。彼女は若いのにローマ歌劇場から首席で呼ばれるほどで、引っ張りだこ、ほんとうに忙しいため、出産直前のこの時期、他の仕事を入れられないこの時期にしか収録のための時間がとれなかったということで、こんな時期の収録になったわけですが、録音がおわると颯爽とリュックを背負って電車で帰って行きました。

ドナトーニのこの作品には私は格別の思い出があるのですが、また放送されることになったら書こうかなと思います。

ソニア、おつかれさま。ありがとう!AUGURI!

e0056670_142728.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2010-04-22 01:44

黒田姉妹古希の父に捧げるプチディナーショー 奄美大島

先月の想い出写真集です!
古希をむかえた父と息子の5歳の誕生日のお祝いを奄美大島でしたい!という私の突発的な夢を、当地のピアノの先生方がかなえてくれました!!海辺のすばらしいリゾートホテルばしゃ山村にグランドピアノを搬入していただき、妹と二人で演奏して父と息子のお祝いをしました!奄美の子供たちと素晴らしい声のおばあちゃんが島唄をうたってくれて、最後にはみんなで踊りまくりました!最高の想い出になりました!アリガトサマリョータ!!
e0056670_115046.jpg
e0056670_1152773.jpg

e0056670_131131.jpg

e0056670_1164771.jpg

e0056670_119475.jpg




[PR]
by kuroakinet | 2010-04-21 01:23