カテゴリ:未分類( 73 )

ありがとさまりょーた~

バッハ講座、STBライブに駆けつけてくださった皆さん、どうもありがとう!
どちらも思っていたより準備がハードでした、、、、
なにせ小森君からもらった楽譜が厄介で、、、、汗汗汗、、、
これって結構私の得意な分野だわん、と思って意気揚々とさらいはじめたら、難所満載、はまるはまる。楽しそうに見えるくせにじわじわとメンタルやられるって感じの難しさでございました。でもさわやかジェントルマンの小森君がリハーサルごとに「いい感じいい感じ、、、」って言ってくれるので、それを励みにがんばりました。私の秘書と親友が、ちょうど22と24がお誕生日だったので、ステージ終了後、撤収中の舞台にあがってハッピーバースデイをひいちゃいました。

バッハ講座とSTBの間には悪天候の中、鳥取にも行ってきたんですよ。強風で着陸時の横揺れがすごくって、このまま一回転してしまうのではと思うほどで、思わず胸の前で手をあわせてしまいました。

そしてSTBの翌朝からなんと奄美にきております。そんなに飛ばなくたって!!っていうほど空の旅を重ねている気がしますねぇ。息子の誕生日と父の古希のお祝いをしたかったので、その場所に大好きな奄美を選んじゃいました。妹も飛んできてくれたので、昨晩は海の家のレストランにグランドピアノを搬入してもらって「黒田姉妹による古希の父を祝うコンサート」を開催しました。コンサート終了後はケーキがでてきて息子の5歳を祝いました。父のお祝いを奄美でやりたい、という私のわがままきいて、急遽いろいろと手配してくださった奄美のピアノの先生方、アリガトサマリョータ!!!

で、今週末は大阪シンフォニーホールでの本番!ラフマニノフのコンチェルトなので、ここ、海の家に持ち込んでもらったグランドで海をバックに早朝から練習しています。なんという贅沢!明日の便で大阪にはいります。今回の滞在中の日本での最後の本番、がんばってきまーす!




奄美におります!
[PR]
by kuroakinet | 2010-03-26 00:30

真嶋さんと小森くん

各地かけずり回ってます!そしてさらいまくっています。
友達にも親にも妹にも生徒にも会えません、、、あーーん。
地方の講座もおおくて移動が続いていますが、移動以外のすべての時間はピアノのある場所ではずっとピアノの前に座っています。

先週までは夫も本番を抱えていて子供もいたので、主婦であり母であったのですが、先週夫もミラノに戻って、子供も実家に預けて1週間ほど独身期間を頂きました。普段は自分の時間がなかなかないのに、一人でいられるわけですから、一分一分貴重でありがたいので、いつもの10倍の集中力でさらいまくってます。花粉症発症したっぽくてどうしてもあたまがぼーーーーーーっとなりそうになりますが、弾き始めると苦しさもふと忘れるので、こういうときにはピアノってありがたいわ。私は陣痛も練習しながらガマンした人ですし、、、汗汗汗。
がんばれ自分。


ってわけで全然ブログかけないのですが、真嶋さんと小森くんも激忙のなか更新しておられたので、ありがたくリンクしちゃいます。


音楽評論家真嶋雄大さんのブログ

http://ameblo.jp/office-claret/
明日バッハ講座です!いろいろ準備しました!お楽しみに!

マリンバ小森邦彦くんのブログ
http://blog.livedoor.jp/komori_marimba/
グルーヴするよ、疾走するよ!すでに爪割れてますうううう~本番は23日六本木STBスイートベイジルです!

ではリハーサル行ってきます!
[PR]
by kuroakinet | 2010-03-19 11:53

朝日カルチャーバッハ講座3月20日&STBライブ3月23日

私たちが日本に到着するころ、テレビはオリンピック女子フィギュアで持ちきりなんでしょうか。。。4年前のトリノのときも、イタリアは開催国だというのに新聞のスポーツ欄はサッカーばっかりだし、国民の関心もオリンピックにはほとんど向いていなくて、がっかりしたものでしたが、今年もオリンピックの話題は全然盛り上がっていません。ちょうど4年前の荒川選手金メダルのときは、はローマ文化会館でのカルボナーレとのデュオの前日かなんかで、日本人数人で鍋をつつきながら大騒ぎして演技を見守ったわけですが、あのときも結果がでたらすぐ番組が変わってしまって表彰台なんかはまったく写らなかったんですよ。今年は高橋大輔選手の演技見逃してしまいましたが、女子フィギュアに関しては、いいタイミングで日本で盛り上がった実況をみる事が出来そうでうれしいわーーー!


さて、帰国後いろんなコンサートや講座があるので、忘れ物のないように荷造りしないとね。春の予定の中から二つピックアップ。

バッハらしさとは何かという、恐れ多いタイトルでの講座が、3月20日新宿朝日カルチャーセンターであります。音楽評論家真嶋雄大さんとお話しながら、バッハのオリジナルと他の作曲家による編曲作品を並べて演奏し、みなさんといっしょにらしさについて考えてみたいと思っています。
この日の演奏予定曲のなかから、バッハ=ブラームスによる「左手のためのシャコンヌ」を1月にwww.limenmusic.comでとりました。私はこの曲をレパートリーにするようになってから、左手にやわらかい筋肉がついたような気がするのですが、かれこれ10年前イタリアまで私の敬愛するピアニスト、ブルーノ・メッツエーナ氏を追いかけてレッスンを受けに飛んだ、思い出の曲でもあります。日本での講座に間に合うように急いで放送するからね、とフォルツアーニ氏はハートのケーキを食べながらおっしゃっていたのですが、さて更新と、私の帰国と、どっちが早いかしら。。。。。。


これまでに放送されたドビュッシー(ボルヴィック編)牧神の午後への前奏曲、ブゾーニのスーパーカルメン、アルベニスのタンゴ、ピアソラの3つの前奏曲は、こちらから直接簡単にクリック一発で見られるようになりましたので、リンク張っておきますね。www.limenmusic.com AKI KURODAから選曲してください!

で、、、、3月20日のバッハの講座のすぐあとは、マリンバの小森邦彦くんの六本木スイートベイジルライブにゲストで呼んで頂いております!ひっさしぶりいいいいのSTB!昨日ベルリン滞在中の小森氏から「ノリノリファイアーでいきましょう!」ってメールが来ていました(笑)小森君の鍛えぬいた筋肉美のよこで弾かなければいけないので、あたしゃも背中が割れるくらい弾きこまなくては。。。むむむ。。それは到底無理か。。。
小森君、日本についてからメールしますね。そちらも好い旅を!
e0056670_11411381.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2010-02-22 11:46

ミラノの新年

お雑煮用の大根と御餅をスーツケースに入れて成田ミラノを飛んだものの、、、、
新年のごあいさつが遅くなってしまいました。
2010年、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

日本で大晦日を過ごしたからか、とってもお正月気分でミラノに戻ったのですが、
こっちはまだまだ街のいたるところにサンタさんがぶら下がったりクリスマスの
飾り付けが残っていて、4歳の息子は「ママ、日本はお正月なのにまだイタリアはクリスマスなんだねえ」と。そりゃ時差ありすぎでしょ~。

お正月あけの祭日を経て、これらのクリスマスの飾りつけが
一斉に街から消え、息子の幼稚園も始まりました。
早速DUOMO付近に買い物にでかけますと。。。。

e0056670_21394581.jpg

e0056670_21414927.jpg


超特大クリスマスツリーが撤去される現場に遭遇。
毎年ミラノのDUOMO前のクリスマスのイルミネーションには感激しますが、
今年は飾りつけの前に帰国してしまったので、DUOMO前のツリーを拝むチャンスを逃しました。
この特大ツリーがきっとキラキラ美しく夜景の中で輝いていたんでしょうね。
一体こんな大きな樹をどうやって撤去するのか?興味津々だったのですが、さすがにじっと見守る時間もなかったので立ち去りましたが。クレーンに乗ったおじさんたちが、丁寧に丁寧にひとつひとつの電飾をはずしていました。買い物に通りがかったときと、帰り道とで1時間強あったのですが、まったく同じアングルで解体作業が進んでいるように見えなかったので、きっと撤去されるまでにはものすごい時間がかかったことでしょうね。
でもこの巨大ツリー、どこかにまた植えられるんでしょうか?そしてまた来年くるんでしょうか?うーん謎だ・・・・・・。


そしてさらにこの日巨大ツリーに続いて驚いたのは、地下鉄DUOMO駅の階段に登場した特大鍵盤です。



これは楽しいですね!!いつまであるんだろう。。。。ミラノ観光にいらっしゃる方は是非1曲踏んでいってください!!

さて、もうひとつ。LIMENチャンネルのお試し動画?がYOUTUBEにも載りました。まだLIMENチャンネルをごらんになっていないかた、こんな感じなんです。





続きにご興味もってくださった方はこちら→www.limenmusic.com AKI KURODAから選曲してください!
現在オンデマンドにあがっているのは、ドビュッシー(ボルヴィック編)牧神の午後への前奏曲、ブゾーニのスーパーカルメン、アルベニスのタンゴ、ピアソラの3つの前奏曲です。

明後日また次の収録なのですが、LIMENのプロデューサフォルツアーに氏は次々いろいろな仕掛けを考えておられるようで、そのエネルギーにはわたしもさすがにびっくりしてしまいます。さて、お正月のお餅の残りでも焼いて、練習しますか。。。。



では改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kuroakinet | 2010-01-14 21:42

大晦日新丸の内ビルとおりすがります!!

12月の弾丸帰国、一番の目的である奄美大島でのコンサートが終わり、東京にもどるやいなや生徒さんのデビューリサイタルの飛び入り司会?などもやって、明後日からは恒例の静岡での門下合宿をやってすぐにミラノに帰ります。が、、、成田にいくまえに丸の内をとおってちょっと弾いてから帰りますよ~LIMENで放送中のスーパーカルメンなど弾く予定です。無料ですし、お子様も大歓迎、大晦日の買出し?のついでに新丸の内ビルを通ってみるのはいかが?私の演奏のあと、16時半からは丸の内ビル1階のマルキューブでオーケストラやピアノコンチェルトなどもきけるそうですよ!というわけで緊急告知でした。


新丸ビル3階アトリウム ミニコンサート
12月31日(木)
・15:30~16:00 黒田亜樹(p)
 曲目:ショパン/英雄ポロネーズ
    ブゾーニ/スーパーカルメン 他
[PR]
by kuroakinet | 2009-12-25 10:03

奄美にてRIKKIと!

奄美のみなさんに暖かく迎えていただいて、感動の4日間でした!局にご挨拶に伺ったつもりが、その場で収録だったりで慌てて即席メイクしたり、私のステージ用の靴がこわれたり!珍事件たくさんあり、みなさんにお手間かけまくりましたが、とにかく誰もインフルエンザなどにかからず元気にステージをおえることができました。
RIKKIとのステージも2年ぶりでしたが、こぶしが太くなってさらに懐が深くなったRIKKIの歌声に支えられて私もピアノを好きなように弾くことができました。あれ?ふつうはピアノがうたを支えるんだよね?笑

1部終わって休憩に舞台袖にもどったら、スタッフのみなさんが涙ぐんでいて、RIKKIまで出演前なのに泣いちゃって、、、、、心に残る奄美滞在となりました。みなさんありがとうございました!
e0056670_9123123.jpg



子連れ狼のどたばたで、クリスマスカードもクリスマスメールもできずにいます!ごめんなさい!この場で叫びます!!

メリークリスマス!!BUON NATALE!
[PR]
by kuroakinet | 2009-12-25 09:15

ミラノでアウトリーチ

息子の幼稚園で先生と親の集会があったときのこと。イタリアも大変な不況で、毎年公立幼稚園の予算が下がっているそうです。以前なら、みんなで遠足や美術館に行った、出張のマジックショーなんかを頼んだりしたのに、今年は人員削減で事務員の数も足りないから遠足すらできない。「なにもイベントがなくて子供たちがかわいそう!RYUのマンマ、ピアノひいてくれない?」

二階のサロンにアップライトピアノが寄付されたまま、鍵がかかって眠っているというのです、幼稚園は二階建てで、息子のクラスは1階なので、二階にあがったことはなかったのですが、ピアノをチェック。典型的なこちらのアップライトピアノで、調律はホンキートンクにでしたが、それよりもペダルがまったくかかりません。ペダルの軸が外れちゃっているみたい。息子の担任の先生のリクエストはショパン。ペダルがかからないのはちとこまる。でも幼稚園は調律のお金なんか出すわけないし、わたしが自分で直すこともできそうにない。
数年前のCDの録音以来、我が家のピアノもお願いしている調律のクラウディオに電話。昨年調律を頼んだとき、彼の携帯は私のピアノの音が着信音、だった、、(笑)。これこれしかじかで、、、と説明すると(私のイタリア語がかなりめちゃくちゃなのは周知の事実ですが)クラウディオは事情をすぐに分かってくれて「よろこんで、子供のためならボランティアで行ってあげるよ」。
e0056670_0242190.jpg


調律なんて何年もしていなかったであろうピアノはほこりだらけ。でもクラウディオが汗だくになってなんとか小さなコンサートならできるくらいにしてくれました。

「12月中旬にはコンサートで日本に帰る予定だから、12月の最初だったらできるわ。クリスマスコンサートにはまだ早いけど。。。」
というわけで、昨日一昨日と二日連続で幼稚園に行ってきました。

e0056670_0252172.jpg

e0056670_0261566.jpg

e0056670_0273738.jpg


モーツァルトのきらきら星やトルコマーチ、ショパン子犬のワルツに先生のリクエストのノクターン、
ジングルベルやらイタリアのクリスマスソングやら、おまけはELPのナットロッカーで子供たちも先生もダンスダンス。最後に子供たちが「BRAVA、BRAVAぶらあばぶらあああああば」と
大きな声で歌ってくれました。あの歌はなんだろう?私初耳。イタリアではぶあーぼなときはあれをみんな歌う習慣なんでしょうか、クラシックのコンサートでそんなのを観客が歌うことはまずないけど。

日本でも今はみな地域活性化事業、とか、アウトリーチとかいろいろやっているけれど、ミラノのスカラブリーニ広場でのアウトリーチでは、私自身が体験していないイタリアの幼稚園の様子を見ることができて、これはこれで本当に特別な体験でした。二日連続で司会をしてくれた担任の先生と、強い絆ができたような気がして、ミラノの子育てもいいものだな、としみじみしながら、まもなく帰国です!
[PR]
by kuroakinet | 2009-12-06 00:28

本日の放送時間

LIMENMUSICの3日からの放送みていただけたでしょうか?AKI KURODAのヘビーローテーションは本日まで。明日からは1日に数回のみとなるとおもうので、せっかくだし放映時間を書いておきますね。

トップページからはいって、左下のTVライブ、チャンネル1をクリックしてください。
番組が24時間流れます。画面の右に放送時間が載っていますがイタリア時間なので、日本でご視聴のみなさんは8時間足してくださいね。

放送時間(日本時間)
1回目午前8時
2回目目11時4分
3回目13時24分
4回目15時
5回目16時50分
6回目19時53分 
7回目22時13分
8回目23時50分
9回目25時39分
10回目 6日午前4時43分
11回目 6日午前7時4分

演奏曲目  
ドビュッシー(ボルヴィック編曲) 牧神の午後への前奏曲
ブゾーニ     スーパーカルメン
アルベニス(ゴドフスキー編曲) タンゴ
ピアソラ  3つの前奏曲


こちらでもLIMENの開局はとても注目されていて、続々と新しい企画に私も参加することになっています。
日本からのアクセスが増えると、スタッフもとっても喜ぶとおもうので是非よろしくおねがいします!
[PR]
by kuroakinet | 2009-12-05 08:48

クアルテットプロメテオとか

一昨晩からなぞの発熱と頭痛に苦しめられていました。これはインフルエンザか??と体温計抱えてどきどき上昇を見守っていたのですが、37,7というなんとも割り切れないところでとまる変な熱で、インフルエンザではなさそうです。やっとさっきから平熱になり頭も楽になってきたので、ほぼ二日ぶりにパソコンをあけました。


で、早速BGMはLIMENMUSICです(笑)
クアルテットプロメテオの演奏がLIMENMUSICのオンデマンドにあがってました!すばらしいドビュッシーです!!
彼らは今やイタリアを代表する弦楽四重奏ですが、私の「タルカス&展覧会の絵」で演奏してくれているのも彼らなんですよ。なかなか録音や録画、ネットでは音楽の生き生きとしたところまで伝わりにくいものですが、とてもどきどきする演奏が繰り広げられていて、十分ネットでもつたわってきました。

オンラインのほうでは、エンリコ・ディンド(ちょっとまえにN響のソリストで日本にいきましたよね)のピアソラも本当に聴き応えあります。ルグランタンゴだけでなく、ピアソラのクラシック作品もとりあげてすばらしい演奏をされているところに感動しました。ピアソラマニアのかたにもお勧めです。

現代音楽関係者には、本日放送開始されたばかりのフェデーレのエチュード。先週から放送されているアルフォンソ・アルベルティ君の弾くカスティリオー二の熱演もこれまたここでしか聴けない貴重な放送ですね。

で、クロアキの放送が3日後なわけですが、HIGHLIGHTSのなかのNEXTUPDATEでチラッと画面に顔がうつるんだけど、なぜかその顔が月影千草です(ネタとしてふるい?)。しかしほんとにかなり月影先生ですよ。こわーい。こういうアングルを特に切り取って使うっていうのはイタリア人の美的センスなんでしょうか。大丈夫かなー放映。 演奏より顔のほうが心配になってきました。とほほ。

弾いてきた曲はブゾーニのスーパーカルメン。アルベニス=ゴドフスキーのタンゴ。ピアソラの3つの前奏曲。
そこまではスペインのハバネラとタンゴからピアソラのタンゴとクラシックピアノ書法の混ざったピアノオリジナル作品につなげるというプログラミングだったのですが、調子に乗ってドビュッシーの牧神の午後への前奏曲も弾いてみちゃったので全体には意味不明の名曲集になっちゃいましたね。全部放送されるのかな?どうでしょう。12月3日のこわ~い月影千草をお楽しみに。
[PR]
by kuroakinet | 2009-11-30 09:24

LIMEN MUSIC 11月の放送より

先週ミラノのクラシックレーベルLIMENMUSICで収録をしてきたと書きましたが、これから定期的にこのチャンネル用にいろいろ録りためて、DVD制作までやってみよう、ということになりました。

ヴァイオリンのアッカルド、チェロのディンドなど、イタリアを代表する国際的ソリストと並ぶわけで、こんなところに加えていただいただいて身が引き締まるわけですが、、、、いや、夜中にさっきもティラミスをつくってたべてしまったので身の方は引き締まりそうにないので、気持ちを一層引き締めるとして、、、とほほ、、、、
日本の皆さんにもLIMENMUSICを是非試聴していただきたいので、ちょこちょことこのチャンネルのしくみやら、今放送中の演奏家についてご紹介などしてみようかとおもいます。

LIMEN MUSICのサイトでは現在二種類の楽しみ方が出来ます。一つはTVライブ。左下のチャンネル1クラシックでは24時間の放送でいろいろな演奏家のプログラムやインタビューが見られます。
もう一つは左真ん中あたりにTVオンデマンドのクラシック。演奏家やタイトルを選んで自分の聞きたいものを選ぶというもの。

TVライブでは右のほうにタイムスケジュールが出ています。新しく放送開始されたものはヘビーローテーションで放送され、既に何度も放送されているものは徐々に回数が減り、オンデマンドのほうに移行してゆきます。
時間に余裕があってゆっくり楽しみたいときには、TVライブで「誰やってるかな?何やってるかな?」という感じで流しっぱなしで楽しむのもいいですし、今すぐにこの人の演奏が聴きたい、と思ったらオンデマンドの方にいって、目当ての演奏家の目当ての曲を選ぶといいかとおもいます。最近はYOUTUBEで偉大な演奏家たちの動画がなんでもかんでも見つけられるようになり、わたしも夜中にチェリビダッケやらなんやら、YOUTUBEサーフィンをして止まらなくなることもしばしばですが、LIMENMUSICはそれとはまた違う面白さが沢山あるとおもいます。十数年クラシックと現代音楽のレーベルとしてCDレコーディングをやってきたところなので、録音の技術がとてもすばらしいこと、カメラ5台で演奏家の手のうごき、顔の表情が細かくとらえられていますし、もともと現代音楽のレーベルだったこともあり、選曲も演奏家もなかなかこだわりの面々となっています。


オンデマンドの放送はランキングもでていますね。現在1位はChiesa Silvia(チェロ) Baglini Maurizio(ピアノ)のメンデルスゾーン。そうです、ピアノは日本ですごい量のツアーをして話題だった、あのマウリツィオ・バリーニさんです。お二人はデュオでかなりのコンサート活動をされていてCDも出しているようですが、難曲名曲でしられるメンデルスゾーンのチェロソナタ、二曲ともほんとに丁々発止の掛け合いが見事、素晴らしいです。

実は私はこのマウリツィオ・バリーニさんのこと、LIMENの放送を見るまでちょっとだけ疑っていました。だってショパンコンクールの入賞者という枕詞でマウリツィオ・ポリーニのそっくりさんみたいな名前なので、「ポリーニそっくりサンDEショー」みたいなコンサートでもしているのかと疑っていました。日本では本当に分かりやすい超名曲を並べてのコンサートツアーだったみたいですし。いやー疑ってごめんなさい、お恥ずかしいです。素晴らしいピアニストでした。最近の活動もリスト編曲の第九を内外で演奏するなど、まさに旬の演奏家でした。

実は私にとってメンデルスゾーンのチェロソナタ、大変思い出深い曲なのです。日本を代表するチェリスト藤原真理さんの伴奏をさせていただいていたころ、亜樹さんにあっているわと、いろいろなところで二番のソナタを弾かせていただきました。優雅で楽しい曲なのに、ものすごく音符が多くて、ともすれば早口言葉のようになってしまい、苦労しました
イタリアにミケランジェリの奏法を受け継ぐすごいマエストロがいるから、一緒にメンデルスゾーンを習いましょう、と真理さんに誘っていただいて、ガルダ湖の講習会にでかけたのが10年前、私のイタリアへの入り口はメンデルスゾーンのチェロソナタだったわけです。

私の思い出話はともかく、彼らの演奏はオンデマンドのところからいつでも視聴できます。是非ご覧ください!!
e0056670_10391273.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2009-11-26 09:37