<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

月刊ショパン 2005年1月号 ガラス城のメリークリスマス

e0056670_845787.jpg早いもので、一年があっという間に過ぎてしまいました。去年の今ごろはシュトイアーマンの編曲したシェーンベルグの室内交響曲を練習していて、モデナからバスで少し入った先にある「カステル・ヴェートロ(ガラスの城)」という、おとぎの国のような、小さくて美しい中世の街の一角で、ピアノに向かっていました。小川にかかる橋を向こうから、丘の上のかわいいお城へ坂道が続いていて、だいだい色をした”Auguri(メリークリスマス)”のイルミネーションが、夜道に浮き上がって、それはきれいでした。
何度か「ガラスの城」を訪ねたのですが、赤れんがの城壁をくぐって、高台の「ローマ広場」でお昼寝したこともあるんです。この広場の石畳は、チェス台模様に白と黒の大理石がはめこまれていて、何だかまるで不思議の国のアリスに迷い込んだ気分。春には、ここに本物の騎士をならべて、チェス大会もするそうです。石造りの街全体もすごく古めかしくて、でもメルヘンチックで、ちょうど「不思議の国」の挿絵みたいな感じ。だから、ラッパうさぎが、ハートに縫いとりされた中世の服でファンファーレを鳴らしたり、スペードの庭師やハートの女王が大騒ぎしていてもぴったりくるような、不思議な時間が流れていました。そう思うと、「ガラスの城」のネーミングも、何だかばっちりですね。いつか、モデナ出身のヴィットリアと話したとき、「ガラスの城」って素敵なところよね、と話すと、「あの街は本当にちょっとした宝石よ」、と思わずうっとり目を細めていましたっけ。ヨーロッパに出かけると、そんなファンタジーが暮らしのなかに溶けこんでいるのが、すごく羨ましいのです。だから、誰もが自分の人生の晴れ舞台で、一人一人主役をおおみえきって演じていけるような…。音楽を演奏するとき、そんなファンタジーがとても大切に感じることがあるんです。空気の匂い、太陽の光、人々の笑いとかレストランで食器が触れあう音。生きてるって実感がこもっていて、音楽にも栄養を与えてくれる気がするんです。今ごろ、きっとあの坂道に、まただいだい色のイルミネーションがきらきらしているころじゃないでしょうか。みなさんにも、Buon Natale e Felice Anno Nuovo(メリークリスマス、ハッピー・ニューイヤー)!
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-24 08:02 | 月刊ショパン

月刊ショパン 2004年12月号 セーラー服とお好み焼き  

e0056670_1471956.jpg 1ヶ月ぶりのクロアキです。お元気ですか?書き始めて1年が経つのですが、おかげさまでこの連載、もう1年続けられることになりました! 応援してくださって、どうもありがとう! 今日は、大阪にコンサートに出かけた足で、久しぶりに『道』のお好み焼きをほおばってきた話を聞いてください。  わたしの高校時代の主食は、なんと言ってもお好み焼き。通っていた西宮高校音楽科の前に、お好み焼きのお店『道』があって、寝坊して遅刻かなという時には、わざわざ11時まで時間をつぶして、『道』のおばちゃんの顔を見てから(つまり1枚お好み焼きを食べるわけですが)、ゆうゆう登校。学校が終わると、またお好み焼きを食べにいき、そのまま閉店までいることもしょっちゅうで、今から思うと、いつ練習していたんでしょうね。おかげで、セーラー服はすっかりソース臭くなってしまいました。  ここはスジ肉とコンニャクを細かく刻んで煮込んだものが、お好み焼きの上にトッピングされていて、その名も『道焼き』。コリコリした食感が、トロトロとした生地とあわさると病みつきになるおいしさで、お好み焼き通にひそかに語り継がれている名店です。でも実はわたしが通いつめた理由は、気のいいおばちゃんの優しさに、すっ かりほだされてしまったから。おばちゃんに「アキちゃん、いらっしゃい」といわれるのが嬉しくて、高校卒業後も事あるたびに足を運んで、1年も食べないと禁断症状が出てきてしまうほど。 「アキちゃんは、一番大切なお客さんや。『おばちゃん、今日から新キャベツやね』なんて気づいてくれるお客さん、アキちゃんだけやねん」  今でもおばちゃんに会いに出かけると、 「アキちゃん、仕事どうなん。昔からアキちゃんよう頑張ってたからな」  なんて気づかってくれて、おばちゃんなりにしっかり観察してくれていたんですね。ピアノだけじゃなく、コンクールや受験や恋のことまで、あの頃のわたしを誰よりもよく知っている『道』のおばちゃん。500円のお好み焼きに1000円札出すと、「はい、おつり」って500円玉をふたつ、さりげなく渡してくれた、大切な高校時代の思い出が、あのセーラー服いっぱいにつまっています。
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-23 04:41 | 月刊ショパン

ラッテマキアートとカフェマキアート

e0056670_8474822.jpgバレンタインだということで、一週間くらい前からお菓子屋の店頭はハートのチョコだらけ。私は自宅用に近くのお気に入りのお菓子屋さんで、ハート型ケーキを買って帰りました。ここのお菓子美味しい!おまけに店内で入れてくれるコーヒーも美味しいから言うことなし。

ところで、日本から訪ねてくる友人が、「それ私も飲みたい!何てたのめばいいの?」って言うのがラッテマキアート。カプチーノもエスプレッソも日本でもすっかり定番だけど、ラッテマキアートはあまりなじみがないのかな?それで、おかしいのはほとんどみんなが同じように「カフェマキアート!」って注文してしまうのよね。カフェマキアートはエスプレッソにちょっとだけミルクがのっているので、全然違うものが出てきてびっくりということに。ラッテマキアートは温かいミルク(ラッテ)の入った高熱用グラスに、エスプレッソを後からかけるので、ラッテを色づけるからラッテマキアート。カフェマキアートはエスプレッソの入った小さなカップをラッテの泡で色づけるからカフェマキアート。 カプチーノはエスプレッソとミルクの泡が半々かな。ラッテマキアートは8割ミルクってことになるけれど、エスプレッソが濃くて美味しいとこれがまた格別。そのほかにもイタリア人はミルクとカフェの割合やらエスプレッソの濃さを自分の好みでいろいろ指定してますね。それぞれに名前が違っていて私もまだ飲んだことのないものが沢山あります。

ちなみに私は朝はラッテマキアート。お昼の一服はカプチーノ。夕食後はカフェマキアート。イタリア人のように3回飲んじゃうんだけど、カフェイン取りすぎ?でもイタリアのコーヒーは体にいいって聞いたんだけど。

さて下の原稿もローマの話ですが、来週はまたローマで二回コンサートです。ローマのお土産話も待っていてね!ちゃお!
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-16 08:50 | ミラノ日記

月刊ショパン  04年11月号   ローマの平日?

e0056670_81192.jpg皆さんお元気ですか。日本もやっと涼しくなった頃でしょうか。9月初めにイタリアに戻ってきて、久しぶりにローマに出かけてきました。クラリネットのアレッサンドロ・カルボナーレさんとのはじめてのリハーサルだったのですが、最初からお互いすっかり打ちとけてしまい、サンタ・チェチリアのオーケストラのリハーサル室で、午後一杯充分時間はあるから、なんて話しながら練習を始めてみたら、あっけなく終わってしまって、おかしいくらいでした。
彼の素晴らしさは噂にはきいてはいましたが、さすがイタリア人だなあと感激したのは、音楽がとてもカンタービレなこと。ブラームスだって、考えこんだり、音楽を煮つめる感じではなくて、文字通り音楽の喜びにあふれているんです。アーティキュレーションの解釈とか、音の呼吸の幅に豊かに変化をつけるところなんて、メッツェーナ先生から学んだことにそっくりでした。これがイタリア風ということでしょうか。練習が早く終わったので、カルボナーレさんの車で娘さんを保育園に迎えにいって、しばらくお宅でおしゃべりをしてきたのですが、お宅にはジャズの本がいっぱい!譜面台の上にもジャズの教則本がのっていました。もしかして、今度のリサイタル、アンコールでジャズも出来るかもな、なんて思ってしまいました。奥さんも娘さん二人もとても可愛らしくて、家族とローマで暮らしたいとフランスから帰ってきた、家族思いのカルボナーレさんだけのことはあります。偶然その日はカルボナーレさんの誕生日で、あちこちからハッピーバースデーのメッセージが届いて、人気者の面目躍如でした。最終のミラノ行の特急に乗って、しばらくして気がつくと、電車がボローニャの駅で止まっているんです。おかしいなあと思っていると、パルマあたりで線路故障があって、電車はヴェローナを迂回してミラノへ行くというではありませんか。ええ!こんな夜更けに…。と思わず周りの乗客と顔を見合わせてしまいました。大阪から東京に帰る途中、浜松あたりで線路故障があって、名古屋から長野を迂回して東京へ、と言われたら、誰でもショックでしょう? 誰もいないミラノ中央駅に漸くたどり着いたのは、午前2時前。特急券払い戻しの紙を国鉄に送ったんだけど、そういえば梨のつぶてです。
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-14 07:56 | 月刊ショパン

フェラーリのチェロ

月刊ショパンの2年分の原稿、ほぼ毎日1つずつクロアキブログにアップしていますが、
そろそろ現在のミラノ生活もお届けしますね。

先週日曜は恒例のSirinでのホームコンサート。
Sirinというのは、私たちがいつもとてもお世話になっている建築家フェラーリ氏が建てた個人宅。大学教授のフランコとコンピュータエンジニアのミラ夫妻の個人宅なのだけれど、1階に100人ほど入れる広々としたサロンがあり、そこには年代もののスタインウエイが置いてあって、フェラーリ宅と同じように、こちらでも毎月のようにいろんなイベントが行われています。
フランコ夫妻が特に前衛芸術を応援しているので、コンサートは現代音楽やジャズ、絵画や写真の展覧会やフィルムの上映会など、内容はさまざま。
私も何度かこちらのコンサートで弾かせてもらったり、本番前にはこの広いサロンで思う存分練習させてもらったりしています。そうそう、タルカスのCD録音前のリハーサルもSIRINでやったのでした。

e0056670_2129308.jpgさて、そんな彼らに、日ごろの感謝をこめて私たちは弾かせてもらうばかりではなく、コンサートを企画してみることにしました。プロもアマチュアも一緒に楽しく演奏して、最後に一緒に飲んで食べて打ちあがるという会も、もう4回目。アマチュア代表は建築家フェラーリ氏ご本人のチェロ演奏。この日は、マルティヌ、トゥリナーなど、珍しいチェロ作品を聞かせてくれました。

e0056670_21295139.jpg宴会を盛り上げるのも企画者の役目。今回は私が日本酒とラーメンを持ち込み、それにキャベツやらネギやら炒めてのせてふるまったら、これがイタリア人に大うけ。麺類はやっぱり好きみたいですね。みんな上手に箸を使って食べていました。写真は打ち上げ終わってみんなでピアノで遊んでいるところ。うちの息子もみんなからとってもかわいがってもらっていました。


[PR]
by kuroakinet | 2006-02-12 04:52

月刊ショパン 2004年10月号 ティチーノ便り

e0056670_7555663.jpgみなさん、お元気でしたか!先月はアスコ- ナに出かけるところで終わってしまいましたが、あれからちゃんと、たのしい2週間を存分に満喫してきました。友人の野口千代光さんも、ヴァイオリンとヴィオラとたずさえ、東京からわざわざ駆けつけてくれて、湖を眺めながらすっかり語らってしまいました。ありがとう、千代光ちゃん!彼女と一緒に、ブラームスのヴァイオリンとヴィオラのソナタで、メッツェーナ先生の室内楽のレッスンを初めて受けたのですが、さすが何十年もヴァイオリンとデュオをなさっているだけあって、ピアノのレッスンとはひと味違う、新鮮で貴重な体験ができました。もちろん、私の生徒さんたちも、古いアスコーナの修道院での密度の高い先生のレッスンに感激のし通しでした。みんな、よかったね。おかしかったのは、先生の周りにはヴァイオリンとヴィオラを気軽に持ちかえる人がいないのか、千代光ちゃんが2台の楽器を自在にあやつるのを見て、先生が、文字どおり口をぽかんと開けて、目をまん丸にして驚いていらしたこと(あのお顔がかわいらしかった!)。一年ぶりに会った食堂のおばさんは、「アキ、よく帰ってきたねー!」、そう言ってギュッと抱きしめてくれました!こういうことがあるから、また行きたくなっちゃうんですね。「アキと一緒に、ヴァカンスにいきたいわ!ナポリとかソレントとか!」
気のいいおばさんに真剣に?口説かれて、ちょっとびっくり。もう少し時間があれば、絶対行きたかったのに。イタリア語圏だけあって、スイスながら、かなりのイタリア人気質です。最後の一日は、みんなと一緒に10分ほど船にゆられて、湖にうかぶ植物園へ。小さな島全体が、かわいらしい植物園になっていて、ちょっと高台に登れば、目の前にはマッジョーレ湖のパノラマがあふれんばかり!湖面にきらきらと光が反射するのが、すごくきれいで、わたしも生徒さんたちも、すっかり魅せられてしまいました。ルガーノは、ピアノのミケランジェリがながく住んでいた街として有名です。観光スポットとしては、まだ日本で馴染みのうすいスイスのティチーノですが、土地の人はとてもあたたかいし、風景もロマンティックだし、みなさん、おすすめですよ!
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-11 07:46 | 月刊ショパン

月刊ショパン2004年9月号 紫はご法度?

e0056670_13241488.jpg東京の夏はいかがですか? 私は夏の初めには、神戸と東京で久しぶりにライブをしました。気心知れたパーカッションの神田佳子さんをゲストに、即興たっぷりのロック色の強いライブでしたが、曲の合間に歓声が上がったり、照明が頭上を回ったりと、コンサートホールとは違った汗をかきました。  明日からスイスのティチーノ音楽祭にでかけます。ミラノからティチーノまで、電車を乗り継ぎ2時間半ほど。スイスとの国境を超えながら、コモ湖やルガーノといった観光名所をめぐる、ちょっとした小旅行です。 この音楽祭に、去年はジャレルの現代作品の本番で参加しましたが、泊まっていたアスコーナのロケーションがとびきりロマンチック! ここも湖のほとりで、気の利いたデートスポットには事欠きません。音楽祭の参加者から必ず素敵なカップルが生まれるのも、当然なのかもしれませんね。  さて、今回は可愛らしい5人のピアニストの卵も一緒です。彼女たちも今日マルペンサに着いて、みんなで地下鉄に乗り、ドゥオーモ横のピッツェリアにくり出しました。有名なミラノのドゥオーモを見せたかったのですが、修復工事で正面が幕で覆われていて、残念でした。でも、皆あの大きなドゥオーモに感激してくれて、嬉しかったです。こんな景色に触れることが、音楽を豊かにする力になると思うんです。ガレリアのイルミネーションが、日暮れ時できらきら浮かびあがるのも、とても美しかったです。みんな、明日からの音楽祭のために、イタリア語や英語を特訓中。初めてのイタリアで、頼んだピザの大きさにびっくりしたり、野菜サラダのトマトの甘さにびっくりしたり。注文した食後のエスプレッソコーヒーを、神妙に回し飲みしてしまうのは、茶道の伝統が身体に染みこんでいるのかもしれませんが、これから2週間スイスで過ごせば、日本で感じる音楽とは違う豊かな栄養を、アルプスからたっぷり取りこんでくれるに違いありません。  そういえば、紫のドレスは、イタリアでは演技が悪いそうで、去年知らずに紫のドレスを着てしまったとき、「アキがどんなにすばらしく弾いても、みんな悲しくて泣いてしまうよ」と忠告され、慌てて新しいドレスを調達しました。皆が紫のドレスを持って来なかったか、明日の朝、さっそく確認しないと!(イタリア語圏だからといっても、スイスなのにね!)
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-11 04:39 | 月刊ショパン

月刊ショパン 2004年8月号 拍手は風にのって

e0056670_745059.jpg皆さんお元気ですか?5月下旬にはヴァイオリンの漆原啓子さんがモンツァを訪れてくださり、心ゆくまですっかり二人で楽しんでしまいました。その機会に友達の評論家を通じて、ミラノでは二人でハイソなサロンコンサートを催しました。評論の彼の「顔!」で、そのサロンコンサートには、チェロのブルネッロやピアノのカニーノといった、日本でもおなじみの素晴らしい面々が遊びにきては、アマチュア・チェリストでもある建築家のフェラーリの自宅一杯に音楽好きが集まって(総勢150人から200人だとか。建築基準法からすっかり逸脱しています)たのしいひと時を過ごします。そうして、各自持ち寄ったご自慢のパイ、ケーキ、前菜やらをならべて、演奏会場はそのままデリシャスな会食会に大変身。なにしろ、イタリア人はみな料理にかけては、一家言あるひとたちばかり。だから、持ちより料理もなかなかどうして、オイシイものばかり。
本番当日、晴れ渡って気持ちがよいので、窓を開け放って、啓子さんとリハーサルをしていたのですが、いったいどこで聴いているのか、ブラームスのソナタの一楽章が終わると、パチパチとどこかのアパートから拍手が!そうして、2楽章が終わると、またどこか近所のアパートから拍手が聴こえてきて、ブラーボ、ブラーボと言っています。3楽章が終わると、また拍手。啓子さんと顔を見合わせて笑ってしまいました。イタリアのひとは本当に音楽好きなんですね。おかげで、本番ものびのびと演奏することができました。そう、啓子さんがモンツァでお泊りだった民宿。わたしは目の前の広場の雰囲気が好きでそこをご紹介したのですが、なんでも1300年からつづく老舗だそうで、あのダンテもモンツァではそこに泊まって食事をしたのだそうです。なんだか、ずいぶんと歴史が自然に息づいているのだなあと感心しました。啓子さん、宿の皆さんからもすっかり人気で、すてきな音でヴァイオリンを練習してくれるのが、とても嬉しかったみたいです。啓子さんとは東京でも11月19日にデュオの演奏会をすることになりました。とってもチャーミングで、すばらしいヴァイオリンニストです。ぜひ、皆さんも聴きにきてくださいね。
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-10 07:36 | 月刊ショパン

2004年月刊ショパン 7月号 スピランベルトで

e0056670_7342944.jpgみなさん、お元気ですか。この季節、イタリアの気候はとても不安定。雲の間から、すこしでも強い日差しが顔をのぞかせると、半袖でも暑いくらいなのに、数時間もすると、スイス・アルプスから雨雲が一気になだれこんで、バケツをひっくり返したような夕立にみまわれたりします。先日、ボローニャの近く、スピランベルトの可愛い教会でリサイタルをしてきました。ボローニャまで迎えに来てくれたヴィットリアは、明るく気さくなご婦人で、わたしには似合いそうもない派手な服に、若草色のアイシャドウ!「わたしの化粧品は全部日本製」と豪語していましたが、同じ日本の化粧品でも、日本人の使い方とはまるで違います。スピランベルトまでの道すがら、一面ブドウ畑の広がる丘にほれぼれとしていると、「わたしね、女王サマの時は、ここで得意げにジョギングするの」。ダイエットに成功して、人さまにお見せできる身体になったら、ジョギングしてお披露目するのだそう。本末転倒な気もしますが、洋の東西、年齢に関わらず女心は複雑です。古い赤レンガつくりのカルミネ教会で「展覧会の絵」をさらっていて、教会とこの作品が溶け合うことにびっくりしました。「展覧会」最後の「キエフの大門」では、教会の鐘が鳴り響いて、どこからか聖歌の歌声が耳に届きます。教会で「展覧会」を演奏すると、思い描いていた光景が、そのまま目の前で再現されるのに、思わず感激してしまいました。リハーサルと本番の合い間、自転車で駆けつけた神父さんが日曜礼拝をやっていて、彼らの素朴な歌声が心に染みたまま、わたしも演奏することができました。礼拝の前、祭壇裏にぶらさがった2本のロープを神父さんが交互にひっぱり、ちいさな鐘楼をからんからんと鳴らしているのが印象的で、あれが聞こえると、どこからともなく近所の人が集まるのが不思議でした。「展覧会」に「カタコンベ」があるのはご存知ですね。「カタコンベ」とは、キリスト教迫害の時代に地下に掘られた共同墓地のこと。祭壇に置かれたピアノのちょうど足元には、聖人のものらしき白いお墓が埋め込んであって、あの時ばかりは、ちとリアリズムが過ぎて、背筋が寒くなってしまいました!
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-09 07:31 | 月刊ショパン

2004年月刊ショパン 6月号 シャツとアイロンとミラネーゼ

e0056670_14103623.jpgみなさん、お元気ですか。久しぶりのCD発売で、このところ、インタヴューの記事と一緒に写真撮影をしていただくことも多いのですが、季節の変わり目は着合わせが難しくて、今日は何を着たらよいかしらと、悩んでしまいます。  洋服はミラノで選ぶことが多いのですが、お店に入っても自分でむやみに服をさがせないので、最初は少しとまどいました。店員さんに、下手なイタリア語で、何のために着るもので、どんなものが欲しいのかを伝えなければいけないのが、言葉の苦手なわたしには大変なのです。でも、欲しい物をよくよく考えてから買い物に行き、店員さんに説明して、お店の奥から出してきてもらう……そうやって何とか自分が気に入ったものが手に入ると、自分で選んだ実感があって、いっそう愛着がわくものです。  最近、気に入っているのは、ハンドメイドのシャツ専門店。ここのシャツはアイロンのかけ心地が最高なのです。パリっとのりづけして、襟を立ててシャツを着る習慣などなかったわたしには、結構大きな変化かもしれません。  今度、テレビなどでイタリアの風景が映ったら、ぜひチェックしていただきたいのですが、なぜか、イタリア人、老若男女とわず、みんなパリパリにアイロンをかけた服を着ています。同じヨーロッパ人でも、ドイツやイギリスなどとは、まったく習慣が違って、別に高い服を着ているわけでもないのですが、みんな袖にもパンツにも見事な折り目がついているんです。アイロンのよくかかっていない服を着るのはたいそう恥ずかしいことらしく、みな家にはずいぶん本格的な重いアイロンと立派なアイロン台があって、それで毎日シューシューアイロンをかけるのです。そう、イタリアのお母さんのイメージは、アイロンをかける姿かもしれませんね。  イタリア人は自由奔放でだらしがないように思われがちですが、身なりやマナーに気をつかう、とても品のいい人たちです。音楽も、軽やかで、遊びがあって、それでいて、伝統を崩さない、おしゃれに通じるものを感じます。  さて、今日もお天気が良いので、私もミラネーゼを気取って、パリパリのシャツとお気に入りのGパンで出かけるとしましょうか。
[PR]
by kuroakinet | 2006-02-08 04:35 | 月刊ショパン