<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

またまたコモ湖へ

e0056670_16211097.jpge0056670_16235445.jpg遅く来た夏休みってことで、先日家族でコモ湖まで行ってきました。近所のバールもリストランテも全部お休みだから、お祝いをするにはコモ湖まで行こうってことになったのです。そう、1つ年取ったから。
夕方に家をでて、電車で一本数十分。着いた頃は山に夕日がさして、すごく奇麗でした。ゆったりとお散歩して、勘を働かせて入ったピッツエリアが大当たり!ゴルゴンゾーラとラードとリンゴのピザ、おいしーーーーかった。

次回は先週の鯖江でのピアノトリオのお話を。
[PR]
by kuroakinet | 2006-08-26 16:16 | ミラノ日記

夏の思いで その1 アグネスホテル

ミラノにもどりました!こっちはもうかなり涼しいですよ!!!でも近所のお店はぜーーーんぶ休み。ご近所さんも殆どが旅行中。イタリア人の徹底したバカンス至上主義はお見事。

さて、わたしのバカンスはこれから。このところ沢山働いたもんね。今年の夏は7月、8月とイタリア日本間を二往復、ついでに7月末はイタリアとスイスを二往復、いつにも増していろんな時代いろんなジャンルの曲を弾いて各地を周りました。いつも修羅場で飛行機でも電車でも常に楽譜とにらめっこでしたが、反面スイスでは夜な夜なビールとワイン、日本でもあまりの暑さに毎晩ビール、ミラノにもどる直前の鯖江では、あまりの開放感にたらふくの日本酒、、、と、アルコール摂取が普段の数倍になってしまいました!

e0056670_21252417.jpge0056670_21255740.jpge0056670_21262330.jpg
さて、なんだか移動ばかりでPCに触れなかったので、日本の夏の想い出アルバムを。8月16日 神楽坂のアグネスホテルにて久しぶりに東谷健司さんとタンゴ。急にやろうやろう、、って感じで決まったライブだったので、インフォメーション欄にも載せられなかったし、ここのブログに告知しただけでしたが、今読み返してみたら、ここのブログにさえ日程を書いていませんでした。アホ。。。でもアグネスホテルに行ってみたら、満席のお客様。30分の短いステージでしたが、ほんとうにあっという間で、ああ、もっとしょっちゅうタンゴやりたいわーーって気分になったとたんに終わってしまった感じでした。アグネスホテルは神楽坂のとっても優雅なホテルで、演奏後に頂いたコースもとっても美味!いろんなところで演奏して、いろんなところで美味しいものを食べられるって、最高。譜読みと練習修羅場で睡眠時間が少ないのは辛いけど、でもやっぱり有難い職業だわ。ははは。
[PR]
by kuroakinet | 2006-08-23 18:58 | コンサート

ガーシュインの次は久しぶりのピアソラ&タンゴ!!

昨日は東京交響楽団とガーシュインのラプソディーインブルーでしたが、なんとびっくり!!東京芸術劇場1,999席が完売満席!!これは地味な顔では出られないわ、ってことで、七夕ライブのリーゼントヘアーを作ってくれたヘアメイクのYOCOさんに、今回も髪型大爆発させてもらいました!写真撮るのを忘れてしまったんだけど、事務所から写真が届いたらまたここでご報告しますね。

ラプソディーインブルーをどう弾くか、というのは本当に悩みました。ジャズピアニストが即興を交えたりオリジナルアレンジで弾く、というような取り組み方もありますし、また反面、ミシェル・カミロなんかは楽譜にかなり忠実に弾いていて、その誠実さに感動したりするわけです。私はほんの16小節程度の短い即興を加えてしまいましたが、、、、。でもこれがわたしなりに原曲を壊しすぎず、でも少しスパイスを効かせてみたという解釈でした。とにかくオケとあうように且つグルーヴを保つというのは難しいことだけどね。実はこの曲、初披露だったわけです。ちょっと解釈の可能性が見えたのでまた機会があるといいな。


さてさて、突然ですが、久ーーしぶりにタンゴ、ピアソラだけのミニライブをやることになりました。しかも無料!お久しぶりのみなさん、夏休みのひととき、神楽坂まで遊びにいらっしゃいませんか?

詳しくはこちら
神楽坂 アグネスホテル・ランチタイムコンサート
アルゼンチンタンゴとアストル・ピアソラ


出演 黒田亜樹(ピアノ)&東谷健司(コントラバス)

【プログラム】
『デカリシモ』『ラ・クンパルシータ』『アディオス・ノニーノ』ほか

○時 間:12:50~13:20(開場12:20) ※途中入退場可
○会 場:アグネスホール(収容人数:着席150名様)
○主 催・問い合わせ:アグネスホテル東京(ランチタイムコンサート事務局):Tel.03-3267-5548
○企 画:東音企画(アグネスランチタイムコンサート係) Tel.03-3944-1581

※コンサート当日、レストランにてランチをご予約いただいたお客様には優先席をご用意いたします。
※ご来場者多数の場合は整理券を配布し、入場を制限する場合もございますので予めご了承ください。
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

[PR]
by kuroakinet | 2006-08-11 01:37 | コンサート

子どもたちと芸術家の出あう街 2006

さて、つかの間のスイスの夏は終わって、また日本の夏です!
今度はガーシュインのラプソディーインブルー!!

 2006年8月9日(水) 15:00~
 東京芸術劇場 大ホール
出演
 指揮:齊藤一郎 
 出演:福井敬(T)/黒田亜樹(p) 司会:頼近美津子 
 演奏:東京交響楽団  他
曲目
 ラヴェル:ボレロ、ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、
 ホルスト:組曲『惑星』より「木星」、他


 席種・料金S席 おとな  \4,000
 S席 こども  \2,500
 A席 おとな  \3,000
 A席 こども  \1,500
 B席 おとな  \2,000
 B席 こども  \1,000

チケットイープラス
詳しくはこちら
[PR]
by kuroakinet | 2006-08-03 14:44 | コンサート

TICINO音楽祭

ロカルノでの私のリサイタルは自分のカメラに収め忘れて帰ってきてしまったのですが、ロカルノの駅からほんの少し丘をあがったところにある、すごく素敵な会場でした。前半モーツアルトと火の鳥。後半は望月京作品と夜のギャスパール。熱心であたたかいお客様に拍手で何度も呼び出されて嬉しかったです。火の鳥はこのところ何度も弾いた中では一番楽しんで弾けたので充実感。聴きに来て下さったメッツエーナ先生ご夫妻にも沢山抱擁を受けました。毎年この地でなんだかんだソロやオーケストラとのコンチェルトなど弾いているので、毎回名前を見つけて聴きに来てくれる人も居て、何よりそんなことが弾き続ける励みになりますね。

e0056670_2174828.jpgその数日後には、パリから駆けつけてくださったチェロの藤原真理さんの無伴奏リサイタル。丘の上の本当に美しい教会でした。バッハと黛、林光、そして最後にまたバッハという渋いプログラムでしたが、その対比が面白く、お客様は大喜び。写真はリハーサル中の真理さん。

e0056670_2184573.jpg二日後には講習会中のメッツエーナ先生のピアノのクラスの演奏会に真理さんとのデュオで飛び入り!湖畔で飲むビールがまた最高。7年前、真理さんの勧めで初めて先生のもとを訪ねたときのことを、しみじみと思い出してしまいました。写真は演奏会のあと、先生ご一家と真理さんと記念の晩餐会。先生がチェロのトルトゥリェと演奏旅行した時の話やカルロス・クライバーとのエピソードが飛び出てなんだか私までタイムスリップしたような、そんな素敵な晩餐会でした。

[PR]
by kuroakinet | 2006-08-02 17:15 | ミラノ日記