<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ユーロ大荒れ 息子大暴れ

ここ数日でびっくりするほどユーロが変動しています!ここまで下がるとは・・・。この間までははらはらしながら高騰するグラフをみていましたが、数日前からすとんすとんと下がる下がる。こんなグラフは久しぶりに見ました。私はイタリアではユーロ、日本では日本円をなるべく換金しないで使っているので(あ、当たり前か・・・笑)、FXなんかをやっている人に比べると、損益はさほどないのですが、それでも物価の感覚としてこちらで買い物をするときすぐに日本円でに換算したくなるので、今までの150をかけて計算していたものを(ユーロになった当時は100で計算できたのにね)170にして計算するのは辛かったのです。170かけるということは、感覚的どんぶり勘定的には「およそ200」になってしまうので、何でもちょっと前の倍になっちゃうんですよね。イタリアに遊びにくる知人友人生徒たち、みんな口にするのは「あぁ、高ーーい」でした。一昔前はみんな「あーやっすぅうううう」って叫んでいたのにね。でもユーロがこのまま黙って下がっているわけはないと思うので、すぐに底ついて上がってきちゃうんでしょうね。

e0056670_803827.jpgしかしそんなユーロの暴落グラフなんか呑気に見ていられるのも深夜だけ。来月で2歳半になろうという息子は日に日に激しくヤンチャになってきました。先週は夜中に救急病院に駆け込むという事態に。昼間、お友達と楽しく遊びすぎたからか、夜中近くまで寝かしつけても眠らず興奮状態。キャッキャキャッキャの大騒ぎで、ベッドの柵をよじ登って器械体操。危ない、いい加減にしなさい!と怒鳴っても効き目がないので、知らん振り決め込んで寝た振りしてみたら、ずってーん!!見事に鼻から床にダイブして鼻血が床にドバドバ。みるみる腫れ上がる息子のおでこと唇。鼻も腫れ上がってきたのでタクシー呼んで救急に走りました。鼻から転んで鼻の骨折った人の話もよく聞くしね。私は自分の顔のウイークポイントが鼻だと思っているので(うーん、まあこれが個性ともいえなくもないが、とほほ)、息子の鼻までへしゃげちゃかなわん、いやそれよりもっと大事だったら洒落にもならない!ということで救急に行ったわけです。少々待たされて問診のあとレントゲン撮影、息子も自分のおふざけが過ぎて大事になってしまったことを自覚しているようで、しょんぼり。幸いにして鼻の骨は無事。鼻全体が青紫の内出血になってしまった息子を抱えてほっとして帰宅しました。

e0056670_8314533.jpgそれにしてもイタリアの救急は親切です。イタリアは、救急は全て無料、保険の有無に関係なく、外人も皆救急は無料です。そして救急というのは夜間だけではなくて急に医者にかかる場合は日中でも全て救急なんです。ですから息子も夜中の診察もレントゲンも無料、念のために翌日日中に再度来なさいと言われて受けた診察も無料でした。こちらでは保険に入ったらまずホームドクターがあてがわれて、なにか不調のときは予約してその先生にいって、そのあとまた専門医を紹介していただくシステムなので、急な熱とか怪我とかだと、救急にかかる割合が大変多くなります。それが全て無料なのですからすごいです。そしてなによりお医者さまたちがしつこいほど丁寧です。救急でもすごく丁寧でした。出産のときも感じたのですが、お仕事というより、人間として接してくれている感じがいつもします。イタリアってほんと、だめだめなところがいっぱいあって大変な国なんですけど、基本の人間として生きるという面においては、大好きな国です。そういえは先日アレッサンドロも言っていました。「AKIは子供もいて日本でも仕事をしていて、これから先、どっちで子育てするんだい?」「それが私の一番の悩みなのよね」「絶対イタリアで生きるべきだ。人生はイタリアが一番。僕は10年フランスで仕事をしてきたけど、フランスのほうがずっとイタリアより仕事はしやすいし、問題も少ないけど、僕はイタリアの生活のほうがが絶対いいと思うんだ」とね。彼はそのイタリアの生活のためにベルリンフィルを断ったというではないの。そんなにイタリアの人生ってすばらしいのかしら、、、。でも今の私はちょっとだけ彼の言い分が理解できるようになってしまいました。ほんと、イタリアって日本に比べても面倒なことばかり、何事も前に進むのにいちいち時間がかかるんだけど、生きるのに最も大事なものがあるようなところんだんだよなぁ・・・・。

今日はなんだか話が脱線しまくりですね。息子はすっかり元気で、今日なんて「びょういんいくーびょういんいくーー」と鞄もって出かけようとしていました。女医さん美人だったもんねぇ。でもママはもうしばらく病院はいいや。

丸ビル35コンサートクロアキ不在中も美人新鋭ピアニストたち大活躍!
本日よりクールブリーズコンサートも始まりました!豪華メンバーです!ぜひお立ち寄りください。
[PR]
by kuroakinet | 2007-08-17 07:37 | ミラノ日記

カボチャとズッキーニ

ズッキーニだと思って育てていたらカボチャだった、、、わけですが、そのよこからちゃんとズッキーニも育ってきました。見て見て!階段に育ったカボチャと、その脇のちっちゃなちっちゃなズッキーニ。でも、実はズッキーニの種は撒いたんだけど、カボチャは撒いてないのよね。
このカボチャどこからきたのかしらん??肥料として引越し早々に生ごみを土深く埋めていたのでそこからでてきたのかねぇ?e0056670_749452.jpge0056670_7504874.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2007-08-07 07:50 | ミラノ日記

わが畑の成長

e0056670_548350.jpgミラノに戻ったら、畑がずいぶんと成長していました。留守中に畑を整えてくれた家族に感謝!ズッキーニの大きな葉は、さらに大きくなり蔓をのばして階段の上まで這い上がって、黄色い花を沢山咲かせ、いくつも咲いては萎れ、やっと受粉して実が膨らんで、、、そしてなかなか縦に伸びずにどんどん丸々としていき、あれなんかおかしいぞ、と思っているうちに、まあるいまあるいカボチャの実になってしまいました!!あれーあんたズッキーニじゃなくてカボチャだったんかい!カボチャも嫌いじゃないけど、今か今かとズッキーニの実がなるのを待っていただけに、ちょっとがっかり。イタリア料理にはカボチャよりももちろんズッキーニのほうが重宝するわけで。、で、かぼちゃが何個もできてもさ、というわけで思い切って花を食べちゃうことにしました。ちょうどシソもたくさんできていたので、シソとカボチャの花をてんぷらにして、日本から持ち込んだおそばで天ぷらそば。これがかなりいけました!!というわけで、芝生もまだちょっと禿ているところがあるものの、かなりきれいに緑になってきました!

[PR]
by kuroakinet | 2007-08-06 05:41 | ミラノ日記

アイゼンシュタット ハイドンフェスティバル

e0056670_9445835.jpge0056670_9453851.jpg

ハイドンが30年間すんでいた場所が、ハイドンザールとよばれるコンサート会場でした。ここでハイドンのピアノソナタをソロで、漆原啓子さんとベートーヴェンのクロイツェルソナタ、ウォルフガング・ヴェルファー氏とシスタコーヴィチのヴィオラソナタ、3曲演奏してきました。ここでもピアノはもちろんベーゼンドルファー。演奏会はとてもとても盛り上がりました!!

e0056670_9512258.jpg

こうやって並ぶとヴェルファーさんがどれほど大きい方かわかるでしょ。
[PR]
by kuroakinet | 2007-08-03 09:47 | ミラノ日記

ウイーン

この間まで日本を駆けずり回っていた記憶ですが、その後欧州内をかけずり回っているうちに、8月になっていました。自分の年齢もしょっちゅう判らなくなるということは先日書いたけれど、平成何年かもさっぱりわからないし、曜日もだいたい判ってないな。子育てと仕事でがけっぷちで移動しまくっているからでしょうか、、、、とほほ。スーパーに行ってみたら日曜でやってなかった、とか多いのです。日本は日曜もやってるから問題ないのですが。

e0056670_1025864.jpg
e0056670_103213.jpg

さて、そんなどたばたのうちにウイーン、アイゼンシュタット、ミラノ、ルガーノ、ロカルノ、と毎日のように移動していました。ウイーンではベーゼンドルファー本社に行ってきましたよ。日本でもベーゼン社さまにはとってもお世話になっているのですが、ウイーンでものんびりと、たくさんさらわせていただきました。年代もののピアノを沢山修復しているピアノ工房にもうかがいました。ウインナーアクションのピアノが沢山あって、弾いているうちに虜になってしまい、意外にも国産新品ピアノの半額くらいの値段だったので、連れて帰りそうになりましたが、よくよく考えて断念。


e0056670_10122877.jpge0056670_10132847.jpg
オーストリアはその昔ザルツブルグに行ったことがあるくらいなのですが、食べ物が何でもしょっぱくて辛かった印象が強いのですが、今回のウイーン滞在ではかなり美味しいものにめぐり会えました。ヴィオラのウォルフガング・ヴェルファー氏の案内してくれたお店は、なんとベートーヴェンが第九交響曲をかいたというところでした。(そのことが石に刻まれて掲げられていました)イタリア料理に比べると幾分しつこくて塩気がきついウイーンのお食事でしたが、地元の方のお勧めということで美味しかった!!ありがとう、ウオルフィ!

[PR]
by kuroakinet | 2007-08-02 10:17 | ミラノ日記