<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

綱渡り

ミラノはまだまだ寒さが続きますが、それでも晴れの日のお昼の日差しは春めいてきました!

ところで今回の帰国は、綱渡りでトラブル続出でした~、、、、。
我が家は夫婦ともに巡業芸人?なので、ネットのカレンダーにお互いの仕事を入力し、どちらかが仕事のときはどちらかが子守、とローテーションを組んで乗り切っているのですが、今回は大変なことになってしまいました。私の日本での本番が13日でしたので、14に成田を出てミラノについたら、その日に夫がシチリアへ出発、という予定を組んでいたのですが、さすがのイタリア、さすがのシチリア、日程が間違っていたとかで彼の本番も13と14だというではありませんか。しかも間違いが判明したのが約3週間前という。イタリアがいい加減なのはもう馴れましたし、シチリアがすごいのも知ってはいましたが、大編成アンサンブルの本番でのこんなミスは大混乱を招きます。我が家の指揮者は、アンサンブルリーダーに、「奥さんが日本に帰っちゃってるんで子守があるからこの日程では動けません」となんとも説得力のない理由で突っぱねたのですが、強力な説得にあい、子連れでシチリアにいく決心をしたのでありました。
私が子供をつれて日本にゆっくり帰るという選択肢もあり、かなり迷ったのですが、コストと距離による大変さ、イタリアの幼稚園に長期お休みしないほうがいいかなと考え、私も夫の子連れ指揮者案にしぶしぶならがら賛成、単身弾丸帰国という当初の予定を決行したわけです。
ところが私が日本について、息子の様子を尋ねると、「困った、、熱がでてきた、、」というではありませんか。マンマミーア!!私も日本に着いてしまっているし、本番もあるし引き返せない・・・・夫も明朝出発で夜が本番の予定で、今から代役を探すことも無理だから、こうなるとコンサートそのものがキャンセルになってしまう。

途方にくれてしまいました。考えられるのは息子のお友達のお宅にお願いすることくらいですが、息子の熱があまりに高かったらそれも無理だし、1,2時間様子をみながら、ママ友達にSOSの国際電話をかけることにしました。

幸いに息子の熱は37度から38度の間をうろうろ、でインフルエンザなどではなさそう。熱痙攣などの心配もなさそう、ということで、親切なママ友達が翌朝から息子を二泊預かってくれることになりました。思わず電話口で涙ぐんでしまいましたが、、、ミラノに親も親戚もいない私たちにとって、こんなときに頼れるお友達がどれほど大切か思い知りました。常識的に考えれば、3歳の息子を放って、母親は日本、父親はシチリアに仕事に行ってしまうなんてどんな両親だと思うでしょう。今回ばかりはそうやって仕事を綱渡りで続ける意味、周りにかける迷惑の大きさを考えさせられてしまいましたが、ともかく私がミラノに戻ったら息子は元気になっていました。心配していた熱もそんなにひどくならずに、二泊三日とても楽しく過ごさせていただいたようで、本当にありがとうございました!Yさん!

その後息子はいたって元気なので、あの熱は、知恵熱ならぬ寂しい熱だったのでしょうか??ふうぅぅぅ・・・・・


私が今回演奏させていただいた本番は、文教大学理事長も勤められておられます、作曲家の田村徹氏の個展でした。田村氏の作品を私の恩師平尾はるな女史が何度も国内外で弾いておられて、今回の個展を開催するにあたり、平尾先生が内容など全面的に協力されたそうです。そんな経緯で、私もはるな先生とともにおなじステージでそれぞれの曲の演奏を受け持つというコンサートになりました。当日はレコーディングスタッフもはいっており、ライブCDを後日作るとかで、名調律師菊地和明氏の手に掛かったベーゼンドルファーインペリアルが用意されておりましたので、直前まで息子の発熱騒ぎでガタガタしていたのですが、演奏に入るとすっと集中して、気持ちよく演奏させていただき、田村氏にも喜んでいただきました。

そんなわけで、今回もいろいろな思いが渦巻く弾丸帰国でありました。
e0056670_16182879.jpg



第3回 あなたが選ぶ NEC ガラ・コンサート 発売のお知らせ

黒田亜樹 (ピアノ)
 ドビュッシー(ボルヴィック編)/牧神の午後への前奏曲
 望月京/メビウスリング
 ピアソラ(黒田亜樹編)/アディオス・ノニーノ

その他の出演者
田中靖人(サクソフォーン)、三浦友理枝(ピアノ)、ドゥオール(ピアノ・デュオ)、池上英樹(マリンバ)、瀬崎明日香(ヴァイオリン)




3月20日(金/祝)3:00PM開演 浜離宮朝日ホール
入場料 応援席5,000円 A席3,500円 B席(2Fバルコニー席)2,000円
 一般発売 2/14(土)10時から、@電子チケットぴあ、e+にて   
 ▼@電子チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード 316-165) 
 ▼e+  (PC&携帯用)http://eplus.jp/gala09/
   
 *「応援席」とは、本コンサート出演アーティストをもっともっと応援したい
方のための特別席です。
 音響の素晴らしさを誇る浜離宮朝日ホールの中でも飛び切りの200席を「応援
席」として確保いたしました。
  
[PR]
by kuroakinet | 2009-02-21 15:31 | ミラノ日記

ラヴェルピアノ協奏曲など

先日の指揮科卒業試験のラヴェルピアノ協奏曲ですが、3人の指揮者のために3回続けて演奏してきました!一回弾き終わったあと、オーケストラのインスペクターに「休憩するでしょ?」と聴かれたのですが、「3歳の息子がそこで待っているので、出来れば続けて弾いてしまいたいのですが」と言ってみましたところ「はいはい、オーケストラのメンバー諸君、彼女はそこにちいさい坊やが待っているので、休憩しないで弾きたいそうですので、よろしく」と大声で言われてしまい、客席真ん中でうわさの息子がみんなに手をふり、みんな爆笑のなか3回連続演奏となりました。TUTTIのたびにちらっと横目でみると手をふるわが息子でありましたが、さすがに3回目は退屈したようで、インスペクターさんに連れ出されていました(汗)。

指揮者の正面にはカメラが設置されており、棒を振る様子は客席の教授たちのためにモニターに映し出され、それをみて教授たちが採点をするというなんだかものものしい雰囲気でした。試験は3日間あり、初日はシンフォニー、二日目はコンチェルト、3日目は初見だそうでシンフォニーとコンチェルトは2曲あって、それを直前にくじ引きでどちらか指定されるそうです。
不況のイタリアでフルオーケストラをつかっての授業やここまでの試験体制が整っている指揮は少なく、全国的にもここの音楽院の指揮科高等過程は有名だとのこと。たしかに、指揮科の学生の試験のために、リハーサルもいれると、学校側はまる4日間プロのオーケストラを雇うわけですから、そうそうどこでもできるわけではありませんよね。

ところで、その若い指揮者たちのなかに、ローマ歌劇場管弦楽団バスクラリネット奏者サウロ・ベルティ氏がいました!私がミラノでお手伝いしている指揮クラスでも、プロの演奏家や著名な批評家たちがさらに音楽的な力を豊かにするために指揮の勉強をしているのですが、サウロもオーケストラのお仕事が忙しい中、指揮のレッスンをうけ、試験に臨んでいました。彼は昨年の東京でのクラリネットフェスティバルにも来日していましたから、ご存知の方も多いでしょう。今年も夏には日本にいくよ、と言っていました。彼はものすごく身長が高いので、指揮台に上がるとわたしの視界に入らないくらい、棒が上のほうにありました(笑)。
・・・というわけで。思いがけずとても貴重な競演をさせていただきました。3回連続でラヴェルのコンチェルトを人前で弾くことも、おそらく今後ないでしょうから、いろんな意味で貴重な機会でした。ちょっと季節はずれではありましたが、海辺のリストランテで食べるムール貝はやっぱりおいしかったです!

e0056670_18185386.jpg


さて数日後には日本で本番なので、明日出国です。ミラノでお留守番の家族のために大なべに山ほどシチューを作りました。

ではまた日本から書きますね!
[PR]
by kuroakinet | 2009-02-08 09:19 | ミラノ日記

NECガラコンサート

NECガラコンサート投票ご協力ありがとうございました!
みなさまの暖かいご支援で得票1位となり、出演が決定いたしました!
心から感謝しております。投票したよ、応援しているよ、とたくさんのメールをいただき、開票の数字を見てはみなさんの顔を思い浮かべて感動する日々でした。
ソロデビューから10年の節目に、初心にかえるとても素敵なきっかけを頂きました。本当にありがとうございました。

20日浜離宮朝日ホール、6人中最後の出番と決定いたしました。
ドビュッシー牧神の午後、望月京メビウスリング、ピアソラのアディオス・ノニーノを演奏させていただきます。(シェーンベルクは演奏時間が20分で、得票1位のピアソラとの組み合わせが不可能なため)

当日の演奏を聞きにいらして下さる方々に、そして遠方やお仕事でおこしいただけない方々には後日ネット配信で、精一杯の感謝の気持ちを、演奏でお届けしたいと思っています。

GRAZIE MILLE!!


黒田亜樹
[PR]
by kuroakinet | 2009-02-02 17:59 | ミラノ日記