<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

朝日カルチャーバッハ講座3月20日&STBライブ3月23日

私たちが日本に到着するころ、テレビはオリンピック女子フィギュアで持ちきりなんでしょうか。。。4年前のトリノのときも、イタリアは開催国だというのに新聞のスポーツ欄はサッカーばっかりだし、国民の関心もオリンピックにはほとんど向いていなくて、がっかりしたものでしたが、今年もオリンピックの話題は全然盛り上がっていません。ちょうど4年前の荒川選手金メダルのときは、はローマ文化会館でのカルボナーレとのデュオの前日かなんかで、日本人数人で鍋をつつきながら大騒ぎして演技を見守ったわけですが、あのときも結果がでたらすぐ番組が変わってしまって表彰台なんかはまったく写らなかったんですよ。今年は高橋大輔選手の演技見逃してしまいましたが、女子フィギュアに関しては、いいタイミングで日本で盛り上がった実況をみる事が出来そうでうれしいわーーー!


さて、帰国後いろんなコンサートや講座があるので、忘れ物のないように荷造りしないとね。春の予定の中から二つピックアップ。

バッハらしさとは何かという、恐れ多いタイトルでの講座が、3月20日新宿朝日カルチャーセンターであります。音楽評論家真嶋雄大さんとお話しながら、バッハのオリジナルと他の作曲家による編曲作品を並べて演奏し、みなさんといっしょにらしさについて考えてみたいと思っています。
この日の演奏予定曲のなかから、バッハ=ブラームスによる「左手のためのシャコンヌ」を1月にwww.limenmusic.comでとりました。私はこの曲をレパートリーにするようになってから、左手にやわらかい筋肉がついたような気がするのですが、かれこれ10年前イタリアまで私の敬愛するピアニスト、ブルーノ・メッツエーナ氏を追いかけてレッスンを受けに飛んだ、思い出の曲でもあります。日本での講座に間に合うように急いで放送するからね、とフォルツアーニ氏はハートのケーキを食べながらおっしゃっていたのですが、さて更新と、私の帰国と、どっちが早いかしら。。。。。。


これまでに放送されたドビュッシー(ボルヴィック編)牧神の午後への前奏曲、ブゾーニのスーパーカルメン、アルベニスのタンゴ、ピアソラの3つの前奏曲は、こちらから直接簡単にクリック一発で見られるようになりましたので、リンク張っておきますね。www.limenmusic.com AKI KURODAから選曲してください!

で、、、、3月20日のバッハの講座のすぐあとは、マリンバの小森邦彦くんの六本木スイートベイジルライブにゲストで呼んで頂いております!ひっさしぶりいいいいのSTB!昨日ベルリン滞在中の小森氏から「ノリノリファイアーでいきましょう!」ってメールが来ていました(笑)小森君の鍛えぬいた筋肉美のよこで弾かなければいけないので、あたしゃも背中が割れるくらい弾きこまなくては。。。むむむ。。それは到底無理か。。。
小森君、日本についてからメールしますね。そちらも好い旅を!
e0056670_11411381.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2010-02-22 11:46

ヴァレンタインとカルネバーレ

まもなく帰国便に乗りますが、日本はまだ寒いのかしら?

ミラノはこのところ悪天候が続いていましたが、カルネバーレのパレードのある今日は、ラッキーにも晴れ!日本から生徒さん親子が泊まりに来ていたのでみなでちょっと覗いてきましたが、壮絶な人だかりと紙ふぶきと、いたずらスプレーとでホコリまみれ泡まみれ。数年前までは生卵が飛んできたって言うから、スプレーのいたずらで済むだけまだましなんでしょうか。。。
息子の晴れ姿、記念に貼っておきましょう。日本のネットオークションで即決価格奮発してゲットしたディズニープレミアムの衣装で、お馬さんの風船にまたがる息子でございます。。。。
e0056670_8122185.jpg


これでも日本だとかなりの仮装に値するかなと思うんですけど、こんなもんじゃ全然地味なのよ。みんな一家で気合をいれてすっごい仮装でくるんです。ですが私はデジカメが壊れてしまったので写真が取れず、、生徒さんが送ってくれた写メはこれ1枚だったので、ミラノのDUOMOまえのカルネバーレの様子が写真でお伝えできず残念。。。きっとイタリア在住のいろんな方々のブログで、ヴェネツイアやミラノのカルネバーレの様子が見られると思うので、ご興味ある方は是非覗いてみてください。

カルネバーレの前はヴァレンタイン。夫は日本で仕事中ということで、今年のヴァレンタインは私は3人のイタリア人にチョコを渡しました。まず最初はうちから歩いて10分ほどのブソッティのお宅にハートのケーキを。例のLIMENチャンネルで、ブソッティの作品を弾く予定があったからです。ブソッティはLIMENでギターのエレナ・カーゾリとULTIMA R.A.R.A.を収録しているんですが、ご本人のパソコンは旧型MACで写真しか見られないんだっておっしゃってました。。。。で、わたしは収録だと残るものだからなにかと細かいアドバイスが頂きたかったのですが、1回弾いたら、他にもこれをひいたらどう?なんて楽譜を頂いたり、僕の曲とリストを並べるといいとおもうけど、、、、とか話があちこちに飛んでしまって結局アドバイス的なものはどことへやら、、そのままブソッティと、彼のパートナーであるダンサーのロッコと私の3人で、チョコレートたっぷりのハートのケーキを食べておしゃべりしてロッコのブリランテの現役時代のダンスのVTRを見たりして終わっちゃいましたが、でもなんだか彼らと一緒にいるとタイムマシンに乗って時代をさかのぼったような気分が味わえて、幸せでした。

その翌々日がLIMENでのブソッティの収録だったので、やはりハートのケーキをプロデューサーのフォルツアーニ氏に持っていき、収録の合間の休憩にハートを切り分けて食べちゃいました。彼はLIMENオーケストラを作る計画を着々と実行中で、オーケストラ収録用の巨大なスタジオを手に入れたそうです。もううそみたいな話をどんどん進めるところは毎度びっくり。その関係でめちゃくちゃ忙しくてどうやらWEBチャンネルの更新も滞り気味のようですが、、、、でもまもなく私の演奏がまた放送されるようなのおってお知らせしますね。

そして収録の翌日のバレンタイン当日は建築家で私たちをいろいろと応援してくださっているフェラーリ氏にチョコを。ちょっとびっくりしながら、とっても喜んでくれました。

e0056670_902546.jpg
こちらのチョコはバレンタインではなく、1月にパルマまで出かけた折に見つけて、チェロ愛好家でもあるフェラーリ氏なら喜んでくれるのでは?とプレゼントに買ってきたものなんですけどね。このときもすっごく喜んでくれました。本当にここに住めて練習が出来たりレッスンが出来たりしているのは彼のおかげなので、大きな大きなご恩があるのですが、こんなささやかなプレゼントで喜んでいただけるとこちらも何倍もうれしくなるものです。


明後日のフライトで日本に帰ると、いろいろな講座やコンサートが待っています。お知らせなどをまたフライト前に書きます!もうちょっと講座用のお勉強をしてから寝まあす。ではまた明日。
[PR]
by kuroakinet | 2010-02-21 09:08 | ミラノ日記