<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

女は強し!

昨日は収録でした。なんと共演のソニアは出産予定日10日前。本当はイタリアでは出産前2ヶ月は女性の勤務は法で禁じられているらしいのですが、これはプロモーションだから法には触れないということで決行。
演奏曲目はフルーティストにすさまじい肺活量を求めるDONATONIのFILI!ドナトーニ没後10年の記念番組のための収録でした。出産10日前ということでおなかの張り出しも相当なもの。写真では黒い服なのであまり目立ちませんが、いつうまれてきてもおかしくない状態。リハーサルで彼女の家に通いましたが、1日ごとにお腹がさがってきていて、もうわたしとしては、収録途中で産気づいたらどうしよう、、、と見守りながら弾くばかりでした。そんな私の心配をよそに、ラストの高音のフォルティッシモオンパレードにところでは、「赤ちゃんがものすごく暴れて痛いわ」とか言いながら、ばりばり吹いていました。とにかく彼女の負担をすこしでも軽く、という気持ちで私の事情でもう一回弾かせて、などとてもいえない気分だったので、普段とは違う緊張でした。

出産後1週間でスイスにコンチェルトを弾きにいったときの自分も、女って出産前後は妙に強くなるものだとわれながらびっくりしたものでしたが、ソニアのやると決めたらやる!という凛とした姿勢に感動しました。彼女は若いのにローマ歌劇場から首席で呼ばれるほどで、引っ張りだこ、ほんとうに忙しいため、出産直前のこの時期、他の仕事を入れられないこの時期にしか収録のための時間がとれなかったということで、こんな時期の収録になったわけですが、録音がおわると颯爽とリュックを背負って電車で帰って行きました。

ドナトーニのこの作品には私は格別の思い出があるのですが、また放送されることになったら書こうかなと思います。

ソニア、おつかれさま。ありがとう!AUGURI!

e0056670_142728.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2010-04-22 01:44

黒田姉妹古希の父に捧げるプチディナーショー 奄美大島

先月の想い出写真集です!
古希をむかえた父と息子の5歳の誕生日のお祝いを奄美大島でしたい!という私の突発的な夢を、当地のピアノの先生方がかなえてくれました!!海辺のすばらしいリゾートホテルばしゃ山村にグランドピアノを搬入していただき、妹と二人で演奏して父と息子のお祝いをしました!奄美の子供たちと素晴らしい声のおばあちゃんが島唄をうたってくれて、最後にはみんなで踊りまくりました!最高の想い出になりました!アリガトサマリョータ!!
e0056670_115046.jpg
e0056670_1152773.jpg

e0056670_131131.jpg

e0056670_1164771.jpg

e0056670_119475.jpg




[PR]
by kuroakinet | 2010-04-21 01:23

STB

ミラノに戻りましたが、たまった用事と新たな譜読みでくらくらしてましたあああ。

こっちにくるとすっかり日本の出来ごとを忘れてしまいそうになるのですが、
忘れないうちに先日の写真でも。


e0056670_7292696.jpg

マリンバ小森邦彦くんのブログより写真拝借!
1曲だけのゲスト参加でしたけど、ソロでフルライブをするのと同じくらいのエネルギーをつかいました~

e0056670_7295972.jpg

Alejandro Viñaoの作品の日本初演でした。練習の初期ではトリックリズムと特有の響きと跳躍に、三半規管が変になってましたが、二人であわせたら楽しかった。身体と神経にに応えるものの、神経張り詰めながら内側からエキサイトできる曲でした。

e0056670_7301548.jpg

ドイツから一時帰国中のピアニスト保屋野美和ちゃんが譜めくりスト。おそらく譜めくりさんにもかなり緊張を強いる作品でしたが、お客さまからもあの譜めくりすごい、といわれるほどのめくりっぷり!笑
ありがとう!

私は最後の1曲だけの登場なので、楽屋で美味しいお料理をいただきながらモニターでみていたのですが、すべての曲が品良くハイクオリティーで、小森君らしい素敵なステージでした。一人テーブルミュージックも地味に豪華でした←意味の分からない方は小森君のブログへ。小森君お疲れ様~


で、この翌朝8時の便で奄美大島に飛んだわけです。つづく。
[PR]
by kuroakinet | 2010-04-15 07:32 | コンサート