<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

わらしべ長者?

ご無沙汰~
年末弾丸帰国の後も地道にミラノ中心に活動しておりましたが、また明日から少し長めの帰国です。帰国前に年明けからのミラノ生活を振り返ってみようかと。

e0056670_1011573.jpg


モーツァルトのお誕生日に、お世話になっている音楽愛好家、いわゆるミラノの音楽界のパトロンというべき方のお宅でソロコンサートをしました。モーツァルトから始めて、バッハ、そして高橋悠治作品を弾きました。イタリアに住み始めた当初、私はピアノを持っていませんでした。どこか練習場所はないかな、と出会う人出会う人に尋ねているうちにこの御邸宅の主と知り合って、それからは毎日のように練習させていただいていました。ミラノ在住で活躍している沢山の演奏家をサポートなさっている方だということを知ったのは、練習のついでに何度もお食事まで頂いて親戚のような気分になったあとでした。この主のレコードCDコレクションは凄いもので、そういった交友関係もあってここの定期コンサートはマニアックな聴衆たちでいつも満席になるのです。このようなサロン的なコンサートでは、モーツアルトの序奏のあとのテーマがでてくるあたりで「ああなんて素敵なの!」と小さな囁きがこちらに届いたりして、静まりかえったクラシックのコンサートとち違い、ちょっとジャズのライブハウスのような感じで、客席とのキャッチボールが楽しいんですよ。


e0056670_1020554.jpg



国立音楽院ではGabriele Manca教授プロデュース、若い作曲家たちの作品初演で二台ピアノの作品を
7曲初演しました。当日の指揮は作曲家でもあり、受け持っている指揮クラスも受講中の生徒でした。指揮クラスの担当ももう数年目。ドイツの劇場と契約し、国際的に活躍するような人も巣立って、入替わりに若いかわいい青年が入ってきたり。ミラノ生活新参者だった私にも気がつけばささやかな歴史が積み上がっていて、感慨深いです。


e0056670_10225437.jpg


一昨日は某プロデューサーからとあるプロジェクトの相談ついでに遊びにおいでとお誘いをうけ、トリノの1600年代の御邸宅に家族3人でお泊りに行って参りました。門から玄関までがこんなにあって、玄関に立っている私も息子も豆粒です。主は私のCDをご覧になって、ピアソラ、ザッパと君は共演したことがあるのか?とおっしゃって、そんなのもちろんないですとも、とお返事したら「僕は二人とも一緒に仕事をしたことがあるよ」と。ほほほ・・・・

古いけどピアノはあるから好きに練習していいよと言っていただき、奥の部屋の入ると1800年代のピアノが。息子にも触らせてみちゃった・・・・とても良い状態の楽器でした。

e0056670_10561735.jpg


いつでもまた家族でいらっしゃい、そして君は何が一番やりたいか考えてきなさい、と言われ、とりあえずソリでお庭を滑ってみたいと申し上げましたが・・・どうやらそうじゃなくって音楽のことを考えなくちゃいけなかったようなのですが、ソリならあるよ、と出してくれました。

e0056670_1125858.jpg

これ、全部こちらのお庭なの!で、張り切って滑ったのですが・・・

e0056670_1143100.jpg

見事にひっくり返りました。受験生の皆さん、ごめんなさい。

あらら。なんともしまりのない久しぶりのブログになってしまいましたが、一生懸命ピアノさえ弾いていれば、わらしべ長者みたいにあちらこちらの素敵な御邸宅に厚かましくも滞在したり練習したりできるということを、イタリアに来て知りました(^^)

というわけで、そろそろ帰国の荷造りをします。3月はコンサートと講座で関西、中部、四国、など回ります。また帰国したらすぐ情報など書きますね。では日本で!ちゃお!



追伸
LIMENMUSICのサイトがバージョンアップしたようです。まだ使い方がわからないのですが。新しく収録した白ミサがアップされています。

下記リンクでAKI KURODA in concertPiano Sonata n. 7 in Bb major, OP.83(A.N. Scrjabin)
が聴けます!(最初数秒広告ですのでちょっとまってね!)
http://limenmusic.twww.tv/?v=d61543de267345083d329e22931dbe61
[PR]
by kuroakinet | 2013-02-26 11:10