<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

吉報!

みなさま、こちらもうミラノです。2月末日に帰国して、3月は東京現音計画イタリア文化会館公演にはじまり、西へ東へのPTNA課題曲講座、ラフマニノフとショスタコーヴィチの週代わりリハーサル、最後には来日中のミラノの国立音楽院教授BALZANI氏の東京での公開講座と個人レッスンお供。東京のマンションでゆっくりする時間が殆どありませんでした。

さてミラノにもどってすぐに嬉しい発表が!
3月31日にサントリー音楽財団サイトに、4月1日には新聞各紙にも載りましたが、
私がメンバーになりました「東京現音計画」の昨年9月の第一回公演「イタリア特集I:コンポーザーズセレクション1・杉山洋一」で、第13回(2013年度)佐治敬三賞を受賞致しました。

お忙しい中公演に足をお運びくださった皆様。裏方を手伝って下さった方々。公私にわたりいつも力を貸して下さる皆様、本当にありがとうございます。
更に精進してまいりたいと思いますのでどうぞ引き続きよろしくお願いいたします。


東京現音計画、3月の公演ではトイピアノとトイダルシマーを弾きましたが、公演を見に来た息子に終演後開口一番「お母さん椅子が壊れないか心配だったよ」と言われてしまいました。たしかに、、、、私のお尻の半分くらいしか乗らない小さな小さな子供用の椅子でしたので。サルデーニャのジャズピアニストで私の大切な友人、コルダの曲はとても魅力的でおもちゃの楽器とともに倍音の世界を愉しむことができました。

e0056670_2295276.jpg

e0056670_2303731.jpg



この日はイタリア作曲家特集でしたが、おもちゃシリーズ?が続きました。私は参加しなかったのですがメンバー4人による素晴らしい風船演奏。
e0056670_2344751.jpg

写真はすべて松蔭浩之氏撮影です。


次回の東京現音計画は6月30日。ドイツ中心に活躍する作曲家/パフォーマーの足立智美さんとの6つどもえ?これまた大変な公演になりそう。どうも身体を今から鍛えておかなければならないらしいです。

その前に実はイギリスとアメリカで私の新譜が発売になり、日本にもう一回帰国して5月3日は平塚ゾリスデンとショスタコーヴィチコンチェルトで11日は成田フィルさんとラフマニノフのコンチェルト。ミラノとマントバでコンサート。国際コンクールの審査も二つ。身体を鍛えながら頑張ります。
[PR]
by kuroakinet | 2014-04-04 02:25