2004年月刊ショパン 7月号 スピランベルトで

e0056670_7342944.jpgみなさん、お元気ですか。この季節、イタリアの気候はとても不安定。雲の間から、すこしでも強い日差しが顔をのぞかせると、半袖でも暑いくらいなのに、数時間もすると、スイス・アルプスから雨雲が一気になだれこんで、バケツをひっくり返したような夕立にみまわれたりします。先日、ボローニャの近く、スピランベルトの可愛い教会でリサイタルをしてきました。ボローニャまで迎えに来てくれたヴィットリアは、明るく気さくなご婦人で、わたしには似合いそうもない派手な服に、若草色のアイシャドウ!「わたしの化粧品は全部日本製」と豪語していましたが、同じ日本の化粧品でも、日本人の使い方とはまるで違います。スピランベルトまでの道すがら、一面ブドウ畑の広がる丘にほれぼれとしていると、「わたしね、女王サマの時は、ここで得意げにジョギングするの」。ダイエットに成功して、人さまにお見せできる身体になったら、ジョギングしてお披露目するのだそう。本末転倒な気もしますが、洋の東西、年齢に関わらず女心は複雑です。古い赤レンガつくりのカルミネ教会で「展覧会の絵」をさらっていて、教会とこの作品が溶け合うことにびっくりしました。「展覧会」最後の「キエフの大門」では、教会の鐘が鳴り響いて、どこからか聖歌の歌声が耳に届きます。教会で「展覧会」を演奏すると、思い描いていた光景が、そのまま目の前で再現されるのに、思わず感激してしまいました。リハーサルと本番の合い間、自転車で駆けつけた神父さんが日曜礼拝をやっていて、彼らの素朴な歌声が心に染みたまま、わたしも演奏することができました。礼拝の前、祭壇裏にぶらさがった2本のロープを神父さんが交互にひっぱり、ちいさな鐘楼をからんからんと鳴らしているのが印象的で、あれが聞こえると、どこからともなく近所の人が集まるのが不思議でした。「展覧会」に「カタコンベ」があるのはご存知ですね。「カタコンベ」とは、キリスト教迫害の時代に地下に掘られた共同墓地のこと。祭壇に置かれたピアノのちょうど足元には、聖人のものらしき白いお墓が埋め込んであって、あの時ばかりは、ちとリアリズムが過ぎて、背筋が寒くなってしまいました!
[PR]
# by kuroakinet | 2006-02-09 07:31 | 月刊ショパン

2004年月刊ショパン 6月号 シャツとアイロンとミラネーゼ

e0056670_14103623.jpgみなさん、お元気ですか。久しぶりのCD発売で、このところ、インタヴューの記事と一緒に写真撮影をしていただくことも多いのですが、季節の変わり目は着合わせが難しくて、今日は何を着たらよいかしらと、悩んでしまいます。  洋服はミラノで選ぶことが多いのですが、お店に入っても自分でむやみに服をさがせないので、最初は少しとまどいました。店員さんに、下手なイタリア語で、何のために着るもので、どんなものが欲しいのかを伝えなければいけないのが、言葉の苦手なわたしには大変なのです。でも、欲しい物をよくよく考えてから買い物に行き、店員さんに説明して、お店の奥から出してきてもらう……そうやって何とか自分が気に入ったものが手に入ると、自分で選んだ実感があって、いっそう愛着がわくものです。  最近、気に入っているのは、ハンドメイドのシャツ専門店。ここのシャツはアイロンのかけ心地が最高なのです。パリっとのりづけして、襟を立ててシャツを着る習慣などなかったわたしには、結構大きな変化かもしれません。  今度、テレビなどでイタリアの風景が映ったら、ぜひチェックしていただきたいのですが、なぜか、イタリア人、老若男女とわず、みんなパリパリにアイロンをかけた服を着ています。同じヨーロッパ人でも、ドイツやイギリスなどとは、まったく習慣が違って、別に高い服を着ているわけでもないのですが、みんな袖にもパンツにも見事な折り目がついているんです。アイロンのよくかかっていない服を着るのはたいそう恥ずかしいことらしく、みな家にはずいぶん本格的な重いアイロンと立派なアイロン台があって、それで毎日シューシューアイロンをかけるのです。そう、イタリアのお母さんのイメージは、アイロンをかける姿かもしれませんね。  イタリア人は自由奔放でだらしがないように思われがちですが、身なりやマナーに気をつかう、とても品のいい人たちです。音楽も、軽やかで、遊びがあって、それでいて、伝統を崩さない、おしゃれに通じるものを感じます。  さて、今日もお天気が良いので、私もミラネーゼを気取って、パリパリのシャツとお気に入りのGパンで出かけるとしましょうか。
[PR]
# by kuroakinet | 2006-02-08 04:35 | 月刊ショパン

2004年月刊ショパン 5月号 オッフィチーナ・メカニカ

e0056670_22435572.jpgみなさん、お元気ですか?2ヵ月ぶりにミラノに戻ってきました。  去年のちょうど今ごろは、古い運河沿いのスタジオにこもって新しいCDを録音していました。ポルタ・ジェノヴァ駅から古びた路面電車で、のんびりした風景を行くと、マウロ・パガーニのスタジオ「Officina Meccanica」前の停留所に着きます。 「機械工場」というスタジオの名前の由来どおり、このロフトはその昔、機械工場だったそうです。デューク・エリントンも弾いたという50年前のスタインウェイピアノがあって、スタジオを最初に訪ねたとき、譜面台には使いこまれたバッハの『平均律』の楽譜がのっていました。年代物のエレキギターが並ぶスタジオとのギャップにびっくりして、「誰が弾くの?」と尋ねると、スタジオのオーナー、パガーニが練習しているものだったのです。彼は世界中に熱狂的なファンをもつ天才ロックミュージシャン。ロックとバッハの取り合わせに、この国の音楽の歴史を垣間見る気がしました。  スタジオの古いピアノをわが子のように大切に手入れしていたのが、調律師のクラウディオ。古く乾いたスタインウェイは、あたたかくて包みこむような音色が魅力でしたが、古いせいか、鍵盤ごとにムラがあるのです。日本の整った新しいピアノを弾きなれているわたしは、最初とまどってしまいましたが、クラウディオはこう言うのです。 「鍵盤ごとに音が違うのがこの楽器の味わい、それを弾きこなせなくちゃ」  そうして、クラウディオと一緒に気の遠くなるような時間を費やしながら、お互いが求める音色をひとつひとつ作りあげていきました。現代のピアノでは表現できない、深い響きが立ちのぼったとき、スタジオ中のみんなから歓声が上がりました。このスタインウェイは、クラウディオと「機械工場」の誇りだったのですね。音楽をみんなで創りあげる感激を、心から共有できた、貴重な時間でした。何日間にもわたったスタジオ録音の最後、深夜の大スタジオの明かりを消して、無心であのピアノと語りあって弾いたムソルグスキーは、わたしにとってかけがえのない思い出となりました。 P.S. スタジオでの録音の様子は、クロアキネットhttp://kuroaki.net/でご覧ください。
[PR]
# by kuroakinet | 2006-02-08 04:31 | 月刊ショパン

月刊ショパン 2004年4月号 ニンニクと玉ねぎ

e0056670_735773.jpgみなさん、お変わりありませんか。ただ今、我が家にはイタリアからの友人がホームステイ中で、私は毎日イタリア語と奮闘中。その彼女は何でもよく食べてくれて助かるのですが、ニンニクも玉ねぎも全くダメ、というイタリア人が、なぜか周りに多くて、一体どうやってイタリアで暮らせるのか、不思議に思ってしまいます。そのうちの一人は、わたしの恩師のメッツェーナ先生。ちょうど今来日中で、この文章を読んでくださっている方のなかにも、今回の先生のコンサート、聴きにゆかれた方もいるかもしれませんね。日本各地での演奏会もマスターコースもとても素晴らしく、同行していて大変楽しい日々でしたが、とにかく先生はニンニクと玉ねぎがお嫌い。日本滞在中も、イタリアンレストランに入るたびに「ニンニクと玉ねぎを抜いて調理してください」と言い続けなければなりません。これらがベースになっているイタリア料理ですから、毎回驚かれてしまいます。
もう一人は、ちょうどこの文章が書店に並ぶ頃に発売予定のわたしの新しいアルバムで、ELPの「タルカス」を現代音楽スパイスで編曲してくれた友人のピサーティ。彼もまったくニンニクと玉ねぎが生理的に受け付けないそうで、数年前日本に数ヶ月滞在したとき、最初に覚えた日本語が「ニンニク、タマネギ、ダメデス」だったとかで、周りからさんざん笑われたそうです。その彼、最近、ペルー生まれのかわいらしい姉弟を養子にしたのですが、何しろペルー人ですから、ニンニク、玉ねぎ大好き。一体どういうことになるのか友人一同興味津々でしたが、結局家では相変わらずニンニクも玉ねぎもご法度。でも、子どもたちは学校の給食で喜んで食べてくるので、帰ってくるなり、「パパ、ほらほら玉ねぎだよ、ハアー」と息をはきかけては、大喜びしているそう。わたしですか?わたしは雑食。基本的に何でも食べます。それが落とし穴なんですけれど。ニンニク、玉ねぎ抜きの珍妙なイタリア仕込みのスパイスたっぷりのわたしの新しいアルバム、よかったら聴いてみてくださいね。
[PR]
# by kuroakinet | 2006-02-07 07:00 | 月刊ショパン

月刊ショパン 2004年3月号 ヴェニスの春風

e0056670_7253883.jpgみなさん、お変わりありませんか。この原稿が読まれるころは、日本も今よりずっと暖かくなっていることでしょう。夏生まれのせいか、わたしは寒さが苦手で、寝室の窓には、イタリア暮らしのマネをして、“サラミ”が置いてあります。“サラミ”とは直径10センチほど、長さ1メートル半ほどの、棒状をした布の詰め物のこと。イタリアでは、冬になるとこれを窓やドアの下に敷いて、すきま風を防ぐのです。なかなかの優れもので、すきま風だけでなく、布の厚さで冷気そのものを遮断してくれるので、部屋の保温にはとても役立ちます。なんと言うの、と尋ねたら、「ああ、“サラミ”のことだね」。
 北イタリアも、今ごろが一年でもっとも寒さが厳しい時期。「冬のヴェニス」と言えば、この寒さで、海に乳白色の美しい霧がたちのぼる幻想的な印象ですが、そのベニスから、もうすぐ、大切な友人がヴェネトのおいしいワインと“最高級のサラミ”をたずさえて(税関で没収されてしまうかしら)、日本を訪ねてくれることになりました。まだ18歳のグロリアは、とてもチャーミングなピアニストの卵。大学では数学を学んでいます。ヨーロッパでは、わたしたちのようなピアノ一辺倒の人生は人気がないそうで、音楽院でピアノを弾きながら別の大学にも通って、音楽以外の勉強にも励むのがごく当り前なのです。ですから、音楽家はみなさん幅ひろい知識をもっているし、音楽を職業に選ばなくとも、音楽は文化の深い部分にしみとおっていって、良い聴き手を育くむことになるのでしょう。
 せっかく大切な友人が来日するので、彼女と同じ世代のピアニストにも声をかけて、ちょっとしたガラ・コンサートをひらくことにしました。もちろん、わたしも自分のピアノで歓迎します。きっと、グロリアはとびきり新鮮なヴェニスの空気を吹き込んでくれるに違いありません。もうすぐ、とっておきの春が、一足先に巡ってきます。
[PR]
# by kuroakinet | 2006-02-05 06:57 | 月刊ショパン

月刊ショパン  2004年2月号 アドリア海の青

e0056670_5345551.jpg皆さんはどんな一ヶ月をお過ごしでしたか。この季節、学生のみなさんは受験勉強、練習などに追われたりしているころではないでしょうか。そんな時、とかく気持ちが硬くなってしまいがちですが、どうか音楽の喜びをめいっぱい振りまいて乗りこえてくださいね。
かくいうわたしも、今から5年ほど前、しゃにむに続けていた演奏活動に、転機が訪れたことがあります。チェロの藤原真理さんにお誘いをうけ、イタリアの音楽祭に参加して、美しいガルダ湖のほとりで出会ったのが、ブルーノ・メッツェーナ先生でした。大学時代から憧れていたミケランジェリの響きやペダルのゆらめきが、高弟だったメッツェーナ先生の手から見事に紡ぎだされるのに、ただ、ため息が出るばかりでした。流行など一向に無関心で、仙人のように穏やかなレッスンを受けるうち、いつしか、一からやり直したい気持ちにとらわれていました。
ガルダの音楽祭で知り合い、後に大切な友人となったのが、もう一人のマリさん。ジュリアード音楽院を卒業して、ニューヨークで演奏活動をしていたのに、メッツェーナ先生の音楽に魅了され、南イタリアの海辺の街ぺスカ-ラに移り住んでしまった、意志の強い、それでいてチャーミングな女性です。あの夏以降、数カ月おきにぺスカ-ラを訪れては、マリさん宅にお世話になりながら、メッツェーナ先生のレッスンを受けることになりました。陽が暮れると、テラスで目の前の大きな月を仰ぎながら、お互いの風変わりな人生に赤ワインで乾杯しました。そうして、いつしかイタリアに縁が深くなり、ミラノに住みつくまでになってしまったのです。ミラノからペスカーラまで、電車で6時間ほど。車窓いっぱいにひろがる、真っ青のアドリア海をながめていると、初めてイタリアで先生や新しい友達に出会ったころの新鮮なときめきを思い出します。あの、ガルダ湖にそびえていた絶壁も、うつくしい蒼に映えていました。
[PR]
# by kuroakinet | 2006-02-04 05:10 | 月刊ショパン

「月刊ショパン連載・クロアキのつぶやき」  ブログ版開始

・・・ということで、みなさんからのリクエストにお応えして、このブログで、「月刊ショパン連載・クロアキのつぶやき」24回分をがんがんアップしていきますね!


e0056670_1125514.jpg月刊ショパン  2004年1月号   Buon Anno!
明けましておめでとうございます。今回から一年間、12回にわたって、この「クロアキのつぶやき」のコーナーを書かせて頂くことになりました。
 わたしは、東京とミラノを行ったり来たりしているのですが、その中でのいろいろな出会いや感じたことなど、折に触れてつづってゆけたら、と思っています。こうしたイタリアと日本との二重生活をはじめてもう3年近くになり、お互いの文化の違いについて、少し自分の言葉でお話することも出来るようになった気がします。もちろん、東京でのわたしの生活のまわりにも、愉快な仲間がたくさんいます。どういうわけか、わたしの秘書役になってしまったOさんとの珍道中や、昔から慕ってくれていて、今はすっかり素敵なレディー、留学間近のCちゃんや(この記事が載るころには、もう機中の人かしら)、なぜかとび職をやめて私のレッスンを受けはじめたSくんやら、大阪でお姉さん役をしてくれるTさん、まあ日本の生活だけでもお話が尽きることはなさそうです。クラシックの仲間だけでなく、いろいろなジャンルの友達とのコラボレーションなども、ご紹介したいです。
  イタリアでの友人のお話もぜひ聞いていただきたいですね。ニューヨークでのスリリングな生活を脱ぎ捨てて、南イタリアの海辺の街、ペスカーラに移住してしまった個性的なピアニストAさんや、敬愛する恩師メッツェーナ先生との、わたしのとんちんかんなイタリア語を通してのやりとり。また、ミラノで練習場を提供してくれているM夫妻の素敵なお宅、先日一緒にCDを録音した作曲家P氏や指揮者Y氏のミラノ気質、毎朝コーヒーを飲みにゆく近くのバール、美味しい店や素敵なブティックなどについてもあれこれ書いてみたいと思っています。さて、まずは何からお話ししましょうか。お話したいことがありすぎて、迷ってしまいます。こんな、わたくしではありますが、どうかよろしくお付き合いください。
[PR]
# by kuroakinet | 2006-02-03 00:00 | 月刊ショパン

ブログ版クロアキのつぶやき 2006年1月号

クロアキネットで連載している「つぶやき」ですが、
こちらにもブログ版として、掲載することにしました。
これからよろしくお願いします!
コメントは、元祖クロアキネットの掲示板のほうまで、お願いします。
---

みなさん、お久しぶりです。お元気ですか?
日本も少しは暖かくなったのかな?

東京も凄い雪だったようですが、ミラノも先週、25年ぶりという大雪が降りました。
生後10か月の息子は、空を仰ぎ見ては大興奮、冷たい雪を触っては大はしゃぎでした。
知人が貸してくれたアウトドア用の頑丈なバギーがここに来て大活躍。
雪の中も雪解けの泥の中もなんのその、頑丈なタイヤが雪をかき分けどんどん進むので、
なんとなーく私まで得意な気分。

e0056670_23401511.jpge0056670_23403673.jpg


さてさて、昨年まで二年間続いた「月刊ショパン」連載の「クロアキのつぶやき」ですが、
12月で最終回を迎えました。毎月楽しみに読んでくださった皆さん、有難う!
最初は1年の連載の予定だったのが、好評につき2年に延長したのですが、
連載最初の原稿を書いたときには、まさか連載中に息子を出産することに
なろうとは思いもしませんでした
各地のコンサートで「ショパンの連載読んでます!」って言われると、本当に嬉しかったし、
この二年間の連載のおかげで、初対面の人からも「クロアキーー」と呼ばれることが
多くなった気がします。編集部のAさん、二年間有難う。

先日帰国した折に、Aさんと「連載終了お疲れさま晩餐会」をしました。
そのときに、2年間の原稿をまとめてクロアキネットに掲載することを了解してもらったので、
近いうちにここで全部公開します。24回分のつぶやき、お楽しみに。

つぶやきは月刊ショパンから本家クロアキネットに戻って続行します。

2月はローマのコンサート、そして春の日本でのリサイタルに向けて
いろいろと書きたいことがあります。
それはまた改めて!


ちゃお!
[PR]
# by kuroakinet | 2006-01-31 23:39