人気ブログランキング |

2018年 09月 30日 ( 1 )

ミラノのプラネタリウムで二台ピアノ版「惑星」

Civico Planetario Ulrico Hoepli

Gustav Holst: The Planets, Suite op. 3

Aki Kuroda pianista e Luca Schieppati pianista

e0056670_17490869.jpeg
e0056670_17492354.jpeg
e0056670_17493759.jpeg
9月21日はミラノの大きな公演の中にある由緒あるプラネタリウムで惑星全曲!二台ピアノで!でした・・・・天文学者のレクチャーのあと暗転から薄いピンク明かりで弾くので、最初の数十秒楽譜がみえなかったり、いろいろありましたが大好きなピアニストスキエッパティ氏とのデュオなので楽しんで弾かせていただきました。週末にプラネタリウムに行く、という習慣がどうもミラノの大人たちにはあるみたいですね。開演前に公演に長蛇の列!今日何かここでイベントがあるの?とおもったらこの惑星イベントのお客たちでした。ちょっと古びたプラネタリウムに満場のお客様。週末に夫婦やカップルや親子で映画やオペラにとにかくしょっちゅう出かけるミラネーゼたちですが、プラネタリウムにも行くんですね。プラネタリウムそのものは日本よりちょっとハイテク度で劣っている感じでしたが、日本より随分優雅な雰囲気でした。相棒ピアニストのスキエッパティ氏とは生徒がコンクールで賞をいただいたり、たまたま同じ音楽祭に参加していたり、なんだかあちこちでお目にかかっているうちに仲良くなって、デュオやらない?と誘っていただいて今に至ります。フィオレンティーノみたいなピアニズムを持つユニークな演奏家です。来年2019年の春には"Brahms a Milano"というイベントでまた共演予定です!楽しみ~・・・・




by kuroakinet | 2018-09-30 17:48