1月17日東京現音計画ベストセレクション

久しぶりの日本でのお正月・・・を経て今度は東京現音計画!
再演名作特集なのでしっかり演奏を深めましょう・・・なんてわけにはいかず
鬼才大岡さんのひらめきにより、びっくりな初挑戦があれこれ、、、!
前回のパチンコをしのぐ?想定外の体験になるかと思います!お楽しみに!


「ベスト・セレクション・シリーズ」
2回目はついに東京で、演出に鬼才・大岡淳を迎え、
パフォーマンスの色合いの強い作品を揃えた初の構成舞台。
ウワサのあの曲、見逃した名場面が、装いを新たに蘇る!

2019年01月17日(木)
18:30開場 19:00開演
杉並公会堂小ホール
詳細はこちら





# by kuroakinet | 2019-01-09 01:46

今年もよろしくお願いいたします~

新しい年になりました。
昨年はミラノから出たり入ったりの夫、思春期真っ盛りの息子との日々をやりくりしつつ、イラン、シベリア、キプロス島と珍しいところに弾きにでかけたからなのか、個人的には1年がいつになく長く感じました。今年も大切な仲間たちと音を紡いでゆきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

1月8日 朝日新聞夕刊に年末のコンサートの評が載りました!
・・・・両方の催事の企画と指揮は杉山。松平の企画には評論家の石塚潤一らも。
彼らの視点は音楽史を書き換えるだろう・・・・
(片山杜秀・音楽評論家)

e0056670_01262264.jpg

e0056670_01293899.jpg

Kagahi
Yuji Takahashi Portrait Concert - Kagahi
29 Dec. 2018
at Tokyo Opera City Recital Hall
photo: Yo Hirai


# by kuroakinet | 2019-01-09 01:30

高橋悠治作品演奏会I/歌垣

12月29日、東京オペラシティリサイタルホールにて、高橋悠治"ピアノとオーケストラのための作品「歌垣」"を蘇演します!もはや聴くことも楽譜を見ることも叶わないのか・・・という幻だった「歌垣」。世界のどこかにあるはず、、、と楽譜を探す長い旅を経て、ついに29日にその音に巡り合うことができます!ちなみにピアノパートはクロアキです・・・悠治さんは新作と新作指揮でご登場予定です!!


公演詳細はこちら↓↓↓


作曲家、ピアニスト高橋悠治。
小澤征爾指揮による武満徹「アステリズム」、ルーカス・フォス指揮によるケージ「プリペアード・ピアノのためのコンチェルト」、コンスタンティン・シモノヴィツとのクセナキス「エオンタ」など、名盤と呼ばれる録音を世界各地のオーケストラと残し、自身も小澤征爾のために「オルフィカ」という大オーケストラ作品を書きました。その高橋悠治が現在までに作曲したピアノとオーケストラのための協奏曲的性格の作品は、71年に作曲された「歌垣(カガヒ)」しかないのです。(高橋悠治は、ピアノの独奏作品はたくさん書いています。)


歌垣は、1971年4月にアメリカ・カリフォルニアのオーハイ音楽祭で、作曲者のピアノ独奏、サミュエル・ゲルハルト指揮、ロサンジェルスフィルで初演された後、1978年香川で収録された音楽番組「オーケストラがやって来た"Yujiがピアノを剥ぐ"」のなかで、作曲者のピアノど奏、山本直純指揮、大阪フィルによって日本初演された後、楽譜の所在がわからない状態も長く続いていました。
出版社や世界中の演奏家たち、世界各国の図書館をあたるうちに、ニューヨーク公共図書館に一部ファクシミリが残っていることを発見。作曲家大西義明氏によって校訂、再浄書されて今回の演奏が可能となりました。
e0056670_19315266.jpeg

713年「常陸国風土記」における筑波の歌垣が、発想の原点だそうです。

「桜が咲くころ、紅葉が深まるころ、神へのお供えとともに、男女は手に手を取り合い連立って山に登り愉しみ遊び、歌垣に集い歌を歌う」

高橋悠治の「歌垣」は、ピアノとオーケストラが全て書かれたスコアは存在しません。ピアノが歌えば、オーケストラは別の歌を返します。オーケストラが歌えば、ピアノはまた別の歌で返事をかえします。
演奏時間は未定。クセナキスにならってゲーム理論に基づいて作曲されているそうですが、作品の性質も気質もクセナキスとはまるで違って、互いに寄り添うような音がするはず・・・

e0056670_19321225.jpeg

大西氏による素晴らしい浄書譜!
e0056670_19121992.jpeg
図書館で発見された手書き譜のファクシミリ!
e0056670_19323367.jpeg

# by kuroakinet | 2018-12-23 20:05 | コンサート

カルボナーレin Japan 2018

2018年秋振り返りシリーズ・・・・その2・・・・

このところ、アレッサンドロ・カルボナーレとの共演はイタリアが多かったのですが、10月は彼と日本ツアーでした!兵庫県芸術文化センターでユベール・スダーンと見事なモーツアルトのコンチェルト(カルボナーレの十八番!もちろんオリジナル楽器バセットで!)を披露した彼をピックアップして、米子入り。米子文化会館、そして東京は渋谷のアクタスでマスターコース。さらに私の東京の住まいでもある世田谷三軒茶屋でのコンサート!彼と動くと毎回カレンダー真っ黒、数日間動きっぱなし・・・・になるのですが、今回も同様。そしてどこも満場のお客様長蛇のサイン会。「黒田さん、カルボナーレと共演して何年になりますか?」とよく聞かれますが、初共演したとき、実は私のお腹の中には息子がいたので年数はしっかり数えやすいのです。もうすぐ息子が14歳になるので、カルボナーレとの共演も14年目に入るわけです。そういえば共演当初は若手のライジングスター的存在だったカルボナーレですが、今はちょっと髪の毛もグレーになって、コンサートの循環呼吸超絶技巧曲目の後のトークで「WATASHI WA TOSHIYORI DESU!」とぜーぜーはーはーしながら言ってウケを狙うようになったのですから、年月も経たものです。(ところで、あのぜーぜーはーはー、あれ、演技ですからね!本当はぜーぜーしてないですよ、受け狙って大変そうなふりしているだけですからね、みなさん、騙されませんように)
実はこのカルボナーレとの世田谷公演にでびっくりするような大感激の出来事がありました。地道に演奏活動を続けているとこんな素敵なことがあるのか!と思える、ちょっとした事件でした。そのことはまたいつか・・・・


(写真・せたがや文化財団)
e0056670_17045838.jpeg
e0056670_17051430.jpeg
e0056670_17053259.jpeg
e0056670_17055197.jpeg
e0056670_17060686.jpeg

P.S.そうそう、カルボナーレといえば2013年に宗次ホールのインタビューに対して、私が彼とのいろいろなエピソードを語ったブログがあります。面白いのでカルボナーレファンの方是非お読みください~下記リンクです↓↓↓





# by kuroakinet | 2018-10-28 17:03

朝日カルチャーセンター新宿教室 ピアソラのタンゴとクラシック

10月21日13時~14時半
新宿朝日カルチャーセンターで「アストル・ピアソラの 」!!

クラシック奏者のピアソラの編曲演奏は巷に溢れかえっていますが、アルゼンチンタンゴに興味を拡げる奏者は少なく、また、ピアソラがクラシック奏者の為に書いた作品は未だに滅多に演奏されません。ピアソラのタンゴととクラシック、という観点でお話しと演奏予定!





# by kuroakinet | 2018-10-18 07:05

ミラノのプラネタリウムで二台ピアノ版「惑星」

Civico Planetario Ulrico Hoepli

Gustav Holst: The Planets, Suite op. 3

Aki Kuroda pianista e Luca Schieppati pianista

e0056670_17490869.jpeg
e0056670_17492354.jpeg
e0056670_17493759.jpeg
9月21日はミラノの大きな公演の中にある由緒あるプラネタリウムで惑星全曲!二台ピアノで!でした・・・・天文学者のレクチャーのあと暗転から薄いピンク明かりで弾くので、最初の数十秒楽譜がみえなかったり、いろいろありましたが大好きなピアニストスキエッパティ氏とのデュオなので楽しんで弾かせていただきました。週末にプラネタリウムに行く、という習慣がどうもミラノの大人たちにはあるみたいですね。開演前に公演に長蛇の列!今日何かここでイベントがあるの?とおもったらこの惑星イベントのお客たちでした。ちょっと古びたプラネタリウムに満場のお客様。週末に夫婦やカップルや親子で映画やオペラにとにかくしょっちゅう出かけるミラネーゼたちですが、プラネタリウムにも行くんですね。プラネタリウムそのものは日本よりちょっとハイテク度で劣っている感じでしたが、日本より随分優雅な雰囲気でした。相棒ピアニストのスキエッパティ氏とは生徒がコンクールで賞をいただいたり、たまたま同じ音楽祭に参加していたり、なんだかあちこちでお目にかかっているうちに仲良くなって、デュオやらない?と誘っていただいて今に至ります。フィオレンティーノみたいなピアニズムを持つユニークな演奏家です。来年2019年の春には"Brahms a Milano"というイベントでまた共演予定です!楽しみ~・・・・




# by kuroakinet | 2018-09-30 17:48

クラスノヤルスク!

International Festival «Asia-Siberia-Europe»
Bach keyboard concerto No.1
with the Krasnoyarsk Chamber Orchestra!!
e0056670_05373632.jpeg

e0056670_05382718.jpeg

Górecki Concerto For Piano & Strings
with Baltic Neopolis Orchestra!!

e0056670_05390022.jpeg
e0056670_05393782.jpeg


# by kuroakinet | 2018-09-11 23:58 | コンサート

カルボナーレ故郷へ!

カルボナーレの故郷、ガルダ湖畔のCASTIGLIONでコンサート。
e0056670_00150977.jpeg

e0056670_00154358.jpeg
何とこの日は彼のお母さまのお誕生日だったのです。終演後お祝いの乾杯と、アンコールでバースデイソングを演奏しました。お母さんの目はうるんでいました。たまたまお誕生日だったのではなく、彼がオーガナイザーにせっかく故郷で演奏するなら母親の誕生日がいい、と指定したそうで。いつもふざけてばかりのカルボナーレですがやっぱりイタリア男児、お母さん大好きなんですね!彼は2018年10月に再来日しますよ!!!!

e0056670_00164063.jpeg

# by kuroakinet | 2018-03-18 00:14

ミラノ ボッコーニ大学コンサート

e0056670_16201722.jpeg
e0056670_16205414.jpeg
e0056670_16223301.jpeg

# by kuroakinet | 2018-03-15 23:59

ベルリン公演



3月9日  "3.11メモリアルコンサート"在ドイツ日本大使館公邸
水谷川優子&黒田亜樹
e0056670_22361031.jpeg
e0056670_22364200.jpeg
3月11日 TOKYO Global Servis GmbH Berlin 
オールバッハコンサート 黒田亜樹&保屋野美和  ゲスト水谷川優子
e0056670_22374300.jpeg
保屋野美和さんとレーガー編、クルタ―ク編のバッハ。
e0056670_22385077.jpeg
まさかのミラノベルリン便キャンセルで最初からドタバタしてしまったベルリンツアー。深夜に別便で到着、怒涛のリハーサルとなって全く観光できず、せめて夜景をバックに、と記念撮影。今度はゆっくり訪れたい。ベルリン大使館の皆様、ベルリンの竹谷様ご夫妻、カワイヨーロッパの山本さん、本当にお世話になりました。そして優子ちゃんベルリンでの機会をありがとう。杉山洋一作曲の「ベルリンのコラール」、胸に響きました。
e0056670_22391637.jpeg

# by kuroakinet | 2018-03-11 23:59 | コンサート