カテゴリ:未分類( 75 )

スイスのラジオ、ピアノの本、そしてあなたがピアノを続ける11の理由

あれ?前回ここにどこまで書いたっけ?

10月頭に5日間の弾丸帰国をして、浜渦正志さんとのライブ4本(
詳細なレポートはこちらに!)と来日中のカルボナーレと取材とミニコンサートをこなすという荒業をやって、ミラノに戻って3日後にピアノカルテットの本番をやって、それから新しい録音セッションの準備と原稿書きをやって・・・とばたついているうちに、どんどん日が短くなり寒くなり、息子と私順番に風邪をひいて臥せったりして、気がついたら10月がおわってしまいました。明日から冬時間です。

ブルクミュラーのCD&DVDですが、在庫がないといわれた、まだ入荷まちだといわれた、などのお問い合わせメールをいただきましたが、どうやらイタリアの夏休みのせいだったようです。そろそろ各方面入荷している頃だと思います。あちこちで話題にしていただき本当にありがとうございます!

今度はスイスのラジオでも紹介されるそうです!
ネットなんかで聴けるのかな?どうかな?
e0056670_52859.jpg


ところでブログでちゃんとお知らせしていなかったかもしれませんが、ヤマハの「ピアノの本」に1年間連載が始まりました。そろそろ第二回目のエッセーが配布されるころかとおもいます。夏の号初回エッセーははミラノにある「ヴェルディの家」のこと、私の恩師のことなど。そろそろ配布される今回の号では、10月にサンタチチェーリア菅で来日して、そのすばらしい演奏で魅了したクラリネットの名手、カルボナーレのこと、その自由奔放な音楽と裏腹な職人気質にみられるイタリアらしさについて、など書いています。「ピアノの本」はヤマハがお客様に無料で配布するミニ冊子です。毎回数ページにわたる連載なので、気分はエッセイスト・・・。締め切りに追われるのもなんだかそれっぽくて楽しいです。

気分はエッセイスト、といえば本当にこのところ文字になることが多いのです。発売されたばかりの書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」でも、私なりの続けるべき理由を話しています。この本、なかなかヒット本になっているそうですよ!
e0056670_650392.gif


この本の中で、私にとってのピアノは生きていくためのコミュニケーションツールだーーー!なんて偉そうなことを申し上げておりますが、私のイタリア語すごいんですよ、ほんとに。独学で、しかも大雑把ーにしか勉強していないので、適当に聴いたことがある単語をつなぎ合わせてしゃべっているわけです。生きていくためのブロークンイタリア語を、笑顔混ぜつつ使いまわしてどうにか意志を伝えるという技を身につけてしまったので、修正が難しいです。やっぱりピアノもそうですが基本が大事ですねえ、つくづく。
基本を抜かして適当にやっつけて出来たものは、なかなかそれ以上に成長しないのです。そんな自己嫌悪な毎日、かなりひどいイタリア語をしゃべり続けている私に、ありがたい話が!息子が小学校から「外国人生徒の親のための無料語学クラス募集!」という紙をもらってきたのです。無料ですって!しかも歩いてすぐの小学校で!早速申し込んでみました。来週からそのクラスが始まるんですよ。学校、なんて久しぶりなのでなんだか楽しみです。ってお前何年イタリアに住んでるの?ってかんじですよねぇ。どんなものかまた報告しますね!
[PR]
by kuroakinet | 2011-10-30 06:43

今月はいろんな放送があります!

長い夏休み帰国を終えて、ミラノに戻りました。日本にいる間お世話になった小学校関係の皆様には心より感謝いたします。夏祭りでの焼きそば当番や小学校のメンコ大会で、日本の生活を息子にも体験させることができました!友人RIKKIの故郷、奄美大島の瀬戸の海をたずねることもできました。あまりの美しさに興奮し、うっかり珊瑚で足を切ってしまったのも忘れられない思い出になりそうです。


ミラノに戻って今度はすぐにイタリアの小学校の入学を済ませました。
大きなリュックを背負って、グランビューレというスモッグのようなものを着るんですよ。3月生まれの息子は今ようやく6歳半、日本では早生まれで1年生の中でもちびっこなのですが、イタリアでは同じ学年にまだ5歳のお友達もいるので、大きいほうです。
e0056670_20343380.jpg


ミラノに戻る数日前に、林田直樹さんのネットラジオ番組、カフェフィガロにお邪魔してきました。林田さんとはお話したいことが山のようにあるので、もっぱら収録と称して帰国のたびにおしゃべりの時間を確保させていただいているという感じです。
e0056670_20394468.jpg


しばらくはアーカイブでも聞けるようですのでよろしく!

そうそう、放送といえばいろいろあるようで、明日16日ははイタリア時間の朝9時半からイタリア国営ラジオRAIでブルクミュラーのCDの紹介が。夜9時半からはイタリアの Classica TV でフルートのソニア・フォルメンティと昨年収録したドナトーニが放送されるそうです。ピアニストってあちこち出かけるのが仕事ですが、こうやって後から放送がいろいろあると、なんだか楽させて頂いている気分です。ふふふ。

しかあし!10月のスケジュールがすごいことになっています。
そのことはまた改めて書きます。
そう、例の本の原稿も書かないといけないので本日はこれにて~
[PR]
by kuroakinet | 2011-09-15 20:48

ブルグミュラーエチュード全集DVD こんなのです!

先週はミラノで新しく立ち上げられた若いピアニストのためのコンクールの審査などに携わっていて、慌ただしく過ごしていました。そのこともおいおいゆっくり書きたいのですが、バタバタと過ごしているうちにどうやらぼちぼちとブルグミュラーのDVDが出回っているようです。
先月ミラノでとった簡単なメッセージビデオを貼っておきますね。
貼り付けの静止画像の顔が怖すぎて思わず抹殺したくなりましたが、スタッフが時間を割いて作ってくれたプロモーションメッセージなので抹殺するわけにもいかず。。。とほほ。




なんでこんな疲れ切った顔で映ってしまったかというと、張り切ってイタリア語、英語、日本語とでメッセージを恰好よく決めようとおもって朝から練習していたんですよねー
しかし、いざイタリア語でマイクテストをし始めると、プロデューサーが「AKI...日本語だけでいいんじゃないか?字幕つけるからいいよ」と。がーびーん。私のこの貧困なイタリア語だとつっかえたりいいまちがえたりして時間がかかるからでしょうね。それでがっくりとしながら日本語だけでしゃべったのですが。まあそんなことは演奏には関係ないのでどうでもいいですかね。しかしそのせいで化粧するのわすれました。せっかく考えたイタリア語メッセージを録音する前にあっさり却下されてよほどショックだったのね、わたし。すっぴんだし噛んでるし、当時のサロンの雰囲気なんか思い出せるわけないし(生存してないしなー)メッセージのクオリティわるくてすみません。とほほほほ。
でもCDとDVDがどんな感じなのかの参考にはなるかとおもって、渋々貼ってみました。




というわけでこちらはメッセージなしショートバージョンです。


東音ショップのほか、AMAZON、HMVなどで入手できます!

これまで私がLIMENチャンネルで演奏してきた音源と動画のリンクはこちら

http://limenmusic.info/?page_id=3550

スクリャービン、ドビュッシー、ブゾー二、ピアソラ、ドナトーニ、望月京、杉山洋一などいろいろあります。

というわけで昨日から日本におります。節電と時差ボケのため夜明け前に更新しました。ミラノの新しい国際コンクールのお話や、夏の日本でのコンサートのお話、新しく決まった連載のことなどお知らせしたいことがいっぱいなのでまた夜中(明け方?)に更新しますね。おやすみなさい。
[PR]
by kuroakinet | 2011-06-26 02:37

今日飛びます 明日飛び入りします

実は急遽日本に5日間だけ飛ぶことになり、どたばたしています。

ツイッターでは時々つぶやいていましたが、
ブルグミュラーエチュード全集の2CD&DVDボックスが発売になりました。


早速、日本でも予約受付開始になったようです。
アマゾン HMVなどで予約受付中。
日本での発売は6月20日とのこと。

e0056670_5202440.jpg



このDVDのボーナストラック収録の小品の選曲のアドバイスを下さったうえに、解説も丁寧に書いてくださったぶるぐ協会さんが、20日に巣鴨の東音ホールでチャリティコンサートをするということを知り、急遽予定を調整し、飛び入りで駆けつけることにしました。といっても明日19日のロンドン経由をとったので、無事にいつもどおりちゃんとトランジットが出来たとして20のお昼に成田着。駆けつけ一杯ならぬ駆けつけ一、二曲ということになりそう。フライト予定通りでありますように!お願い!
リクエストは12の練習曲なのですが、フライト直後にあの超絶技巧を指がむくんだ状態で弾くというのは私にもよい試練になるなあ。
詳細はこちら


で、スーツケースに詰め込んだのはもちろんこのブツです。小さな持込用のスーツケースですので10セットくらいしか入れられませんが、国内発売開始前の限定販売?を会場でいたします。今すぐほしい、なんて珍しい方はぜひ20日の東音ホールへ!


また、コンサートついでに事務所にブツを自ら運べそうなので、所属事務所のネットショップでも少量ですが先行発売しちゃいます。

東音ショップ!!

飛び入り演奏のあとの4日間ほど日本にいられるので、出来る限り若い後輩たちにエネルギーを注ごうと思っています。6月はイタリアでたくさんのコンクールがあり、可愛がっている後輩たちが続々参加。私もイタリアで初の国際コンクール審査員体験をします。日本の若い才能がイタリアで強いメッセージを発してくれることを本当に本当に願っているんです。


、、、と威勢よく書いては見ましたが。。。。

私自身は元気なんだから、とネガティブなことはなるべく言わないようにしているけれど、やっぱり今の日本の状況は不安なこと、わからないことだらけ。
元気で日常生活ができている人だって、不安や恐怖を常に感じて緊張しているんだと思います。

明日とにかく飛んで、信頼できる人たちに会えたら、本音で話したい。
[PR]
by kuroakinet | 2011-05-19 05:09

ブエノスアイレスのマリア公演中止のお知らせ

東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りすると共に、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

地震発生により私の予定していたミラノからの帰国便がキャンセルになり、一時は帰国出来ないのではと思いましたが、予定より二日遅れて14日に帰国し、小松亮太氏率いるバンドメンバーと
リハーサルを進めておりました。
しかし様々な状況からやはり今回は公演中止と文化財団側のご判断で、中止ということになりました。残念です。チケットは完売だったそうです。
皆様には直前のキャンセルでご迷惑をおかけすることとなり、申し訳ございません。
中止についての詳しい情報はこちらです。
http://www.operacity.jp/concert/topics/110316.php


在日イタリア人が恐怖の面持ちでイタリアにむかって引き上げるなか、反対に私は
ミラノから祈りながら飛んできました。祈ったり音楽をしたりする事では誰も助ける事はできないのですが、私は祈るしか無く、弾くしかありません。
本番が無いと分かった昨日も、メンバー全員そろってリハーサルしました。次の公演が実現出来ると信じて。

この後予定されている関西でのライブやは、予定通り行います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by kuroakinet | 2011-03-18 01:17

BUON NATALE!!

メリークリスマス!!
Buon Natale!!
今年も皆さんに沢山お世話になりました。有難うございました。皆様に素敵なクリスマスと新年が訪れますように。今年はヨーロッパはかなりの寒波で辛いですが、毎朝庭の木に霜がおり、しょっちゅう雪が積もったりして、景色は風情がありますよ~。それに子供は寒さにつよくてびっくり~

今年も幼稚園でクリスマスコンサートをしましたよ!
e0056670_2164411.jpg

e0056670_2342434.jpg

e0056670_2355415.jpg


今年は息子も飛び入り出演しました!!去年は恥ずかしがって無理でしたが1年で随分変わりました。イタリア語も今ではわたしよりすっかり流暢。たびたび間違いを指摘されます。
e0056670_2374415.jpg


先生方と子供たちの合作。サンタとにトラム14番(幼稚園の前を通る路線バス)に乗る子供たちの貼り絵です。
e0056670_254079.jpg

e0056670_2551667.jpg


先生がたと子供たちからプレゼントを頂き、とっても幸せな気分を分かち合いました。
今年も日本とイタリアを行き来しているうちにばたばたと終わってしまいそうですが、
素晴らしい共演者に沢山の刺激をもらい、新たな実験もでき、また少しずつ今の自分の演奏を録りためることができて、地味ながらも充実した1年でした。スクリャービンのソナタの全曲計画、子供用のDVDの収録、リサイタル、イタリアの仲間たちとの新たなユニットなど新年もなにやら忙しいのですが、無理せず頑張っていこうと思います!!

Buon Natale e Felice Anno Nuovo!!

e0056670_6281979.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2010-12-24 03:04

ソニアとアキのドナトーニ

夏前にフルートのソニア・フォルメンティと収録したドナトーニ"FILI"も今日から放送になりました。夏前のブログに書きましたが、当初ドナトーニ追悼番組構想というのがあって、ドナトーニ命日に24時間ドナトーニをかけ続けるとプロデューサーが言い始めて、私たちも慌てて命日に間に合うように収録したのでした。その時期、ソニアが出産直前だったので、澄んだ輝く音色と軽やかな演奏に対して、時々画面に映る大きなお腹にみなさんぎょっ!っとするのでは?
この収録のちょっとあとに無事に女の子を出産しましたよ!!私も出産直前までよくさらい産後すぐ本番というたくましい妊婦でしたが、このソニアの姿にはまったく恐れ入りました。。。。




で、命日の24時間ドナトーニ企画はさまざまな問題で実現しなかったのですが、他にもいろいろとその時期に収録したドナトーニ作品がこれからも放送に登場することと思います。お楽しみに。


Sonia Formenti - Aki Kuroda play Franco Donatoni "FILI"
http://www.limenmusic.com (Channel 1)

望月京メビウスリング、杉山洋一間奏曲IIはオンデマンドでいつでも見られます。

上記で演奏の杉山洋一作品ですが、そのピアノ作品全曲演奏会というすごい企画が12/15/水/19:00~ 行われます。詳細は下記の通り。

12/15/水/19:00~ 大井浩明「Portraits of Composers (POC)」[ポック#4] 平義久×杉山洋一 パリで歿して今年で5周年を迎える平義久の追悼公演。ミラノ在住の杉山洋一による超絶的ピアノ作品群とともに。チケット問:Tel 03-3377-4706

[PR]
by kuroakinet | 2010-12-01 08:12

林田直樹さんのカフェ・フィガロ オンエアなう!

ミラノに戻る直前、林田直樹さんからなんとTWITTER経由でお呼び出しがあり、カフェフィガロに呼んで頂きました!打ち合わせ中もそれぞれの端末から「カフェフィガロなう」とつぶやいてしまいました!わはは。

e0056670_21102667.jpg


本日から24時間聴けるそうです。(更に登録すると数ヶ月アーカイブが聴けるようですね)

今週はLIMENチャンネル広める広告係?として放送中の音源をかけたり、ピアソラの話をしたり。。。来週の火曜もまたカフェフィガロにクロアキが登場する予定ですが、来週はイタリア録音のタルカスがかかるはずです!
[PR]
by kuroakinet | 2010-11-02 21:12

終わった~!!

大ちゃんと弾きまくったね~MCしゃべりすぎたね~飲みすぎたね~

すっかりお世話になったヤマハH女史、大ちゃんの事務所の安田さん、東音企画の黒木さん、PTNA霜鳥さんと。

e0056670_216118.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2010-10-27 02:49

黒田亜樹&榊原大 スーパーデュオ 大阪19日東京22日!

4日ほど前に帰国し、今日は鎌倉で、チェロの水谷川優子ちゃんとのデュオコンサートでした。10年くらい前から日本やヨーロッパのいろんな場所でニアミスし続けていた私と優子ちゃん。やっとがっつりと共演する機会に恵まれました!いろんな部分で意気投合してしまっているので、日本かイタリアでまた共演する機会がそう遠くないうちにあるでしょう~


さて時差ボケで明け方まで眠れないのですが、明日も榊原君とのリハーサルです。超絶技巧も真剣勝負も遊びもロマンも、すべて盛り込んでます!お楽しみに!


●黒田亜樹×榊原 大  異種ジャンルの融合~スーパー・ピアノデュオ!
東京公演
2010年10月22日(金)
開場:18:30/開演:19:00

会場 ヤマハホール 4,000円(全席指定)
黒田亜樹/榊原 大(ピアノ)

演目
ザッパ/インカローズ
エマーソン/ピアノ協奏曲 第1番より

公演についてのお問い合わせ先
ヤマハ銀座ビル担当 03-3572-7000
[PR]
by kuroakinet | 2010-10-18 03:40