カテゴリ:コンサート( 68 )

Bellissima ベリッシマ~6人のピアニスト~

お正月は、息子の中耳炎と喪中とで、伊豆熱川の両親の隠居先で静かに過ごしています。ここは海と山と温泉と・・・・で、環境は素晴らしいのですが、近くに病院がないので、こういう不意の発熱や急病のとき、ちょっと困ります。まあ、それでなくても、子供ってここ一番のときに急病になったりするものなんですね。私は息子が熱を出すたびに、お医者をなさっている知りあいとか、製薬会社に勤める生徒さんのご家族に電話したりで助けていただいています。
みなさんありがとう。。。。
今回は息子が高熱を出したとき、私は静岡で門下合宿をしていたので、両親がかなり遠くまで車を飛ばして、救急の小児科に駆け込んで乗り切ったようです。子連れ狼、みんなに迷惑かけながらなんとか仕事を続けている感じですが、これはまだまだ続きそう。本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、新年早々ですが、丸ビルで活躍の若手と、その仲間たち、注目される若きピアニストを集めて、ジョイントコンサートを行います。かなり濃いプログラムですが、素晴らしい演奏が繰り広げられること間違いなし!と私も胸を張って宣伝できる内容ですので、お時間がありましたら是非いらして下さい。丸ビルとは違った、緊張感のある場所での演奏、聴き応えがあると思います。年末に静岡で全メンバーで合宿をしたんですが、みんなの濃厚な演奏に、ますます本番が楽しみになってきました。丸ビルを離れたところでも、ぜひ若手ピアニストたちを応援していただけたらこんなに嬉しいことはありません。重ね重ねどうぞよろしくお願いいたします。

e0056670_155760.jpg


Bellissima ベリッシマ~6人のピアニスト~  
2008年1月6日(日)  6:00pm 開演   5:30pm開場
場所  MUSICASA 代々木上原

出演
 酒井麻里
 神永睦子
 小塩真愛
 山本恵利花
 保屋野美和
 黒田亜樹
料金  全席自由¥2,000

 マネジメント・チケットお取り扱い :
 インターミューズ・トーキョウ Tel.03-3475-6870

曲目
 1.酒井麻里
 J.S.バッハ : トッカ-タ BWV915 ト短調
 F.リスト : スペイン狂詩曲

 2.神永睦子
 S.プロコフィエフ : ピアノソナタ 第7番 変ロ長調 作品83

 3.小塩真愛
 R.シューマン : 謝肉祭 作品9

 4.山本恵利花
 F.リスト : 超絶技巧練習曲 第12番 「雪かき」
 A.スクリャービン : 練習曲 変イ長調 作品8の8
 A.スクリャービン : 練習曲 嬰二短調 作品8の12
 A.スクリャービン : 幻想曲 ロ短調 作品28

 5.保屋野美和
 F.ショパン : バラード第4番 作品52 ヘ短調
 M.ラヴェル : ラ ヴァルス

 6.黒田亜樹
 I.ストラヴィンスキー(アゴスティ編曲): "火の鳥"より魔王の踊り,子守唄,フィナーレ
 シルヴァーノ・ブソッティ : ブリランテ
Bellissima メンバーのプロフィールなど詳細はこちら 
[PR]
by kuroakinet | 2008-01-03 15:02 | コンサート

保育園にサンタ出張

地元は大阪なのですが、ちょっと前に両親が静かな生活をしたいと静岡に転居したので、
一時帰国で息子と一緒のときは、静岡の温泉地に息子を連れて来て、こちらの保育園に一時保育をお願いしたりしています。息子は「ミラノくん」と呼ばれているようです(笑)。今日はその保育園でクリスマスコンサートをやってきました。なんちゃってサンタ第二弾、今回はフルーティストの妹にもサンタになってもらいました!!
e0056670_2595427.jpg

e0056670_304782.jpgクラシックやらロックやらいろいろ二人で演奏した後、みんなも参加していいよ!といったら、私たちの演奏にあわせて子供たちはクリスマスソングを英語で歌ってくれたり、打楽器で参加してくれたり、とってもとっても盛り上がりました!息子も私の隣で競演してくれました!
帰りには、子供たちの手作りのクッキーや、スタッフの方の手作りケーキ(これが超美味しかった)を頂き子供たちに見送ってもらって、感激しました。ご父兄の中にゆずを作っていらっしゃる方がいて、本日は冬至ですから、とゆずを沢山頂き、演奏のあとは、温泉の露天風呂でゆず湯を楽しみました~。ああ、これこそ日本のクリスマスだ~。

というわけで、みなさん、メリークリスマス!!
Buon Natale e Felice Anno Nuovo 2008!!
e0056670_313673.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2007-12-23 03:04 | コンサート

INSPiと地元ネタ

15日の「INSPi」とのライブでは、サンタの帽子は被らなかったのですが、彼らのコーラスとピアノで戦メリとか、彼らの一押し曲、「素直記念日」など演奏しました。そのときの写真も記念にアップしておきます!

e0056670_2413473.jpg

ところで、初対面の彼らと初リハーサルでいきなり盛り上がってしまったのは、地元ネタ!彼らは阪大のサークルが結成のきっかけとのことで、阪大って私の実家からすごく近いのね。ええーもしかして、あのへん?このへん?とか話しているうちに、「僕、”チャーリーブラウン”(若者のたまり場的レストラン、今はもうない)でバイトしてたんですよ。」「ほんま??それうちから歩いて3分やわ」的なものすごくローカルな内容で打ち解けてしまいました。ほんと、地元ネタでもりあがると、嬉しいものですよね。今はもう私の実家も引っ越してしまって地元といえども、帰る家は無いのですが。。。。。
e0056670_2445118.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2007-12-23 02:40 | コンサート

なんちゃってサンタ

一昨日は読売新聞の夕刊にブソッティの来日についての記事が掲載されました。かなり濃厚なプログラムでの来日ですし、音楽関係や昔からのファンはもちろんのこと、美術や舞踏、いろいろな方が興味を持って足を運んで下さるとうれしいです!

e0056670_210086.jpgそんな真面目なことを言っておきながら、昨日は丸キューブでなんちゃってサンタに扮していました。10年前だったらセクシーサンタになれたんでしょうけど、ママサンタの今となってはこの程度しかできませんでした。とほほ。


e0056670_2122890.jpgしかしまあ、ほかのピアニストはみんな綺麗な装いでの登場でしたのに、わたしひとりでなにやってんでしょうか・・・・。


e0056670_2243022.jpg

e0056670_212531.jpg
そうそう、ブソッティと一緒に来日するMDIアンサンブル(ミラノの現代音楽アンサンブル)のフルーティストとヴァイオリニストが来日期間中に丸ビルに駆けつけてくれることになりました。来日期間中はオール現代作品の公演の彼女たちですが、唯一クラシックのプログラムを丸ビルで披露してくれる予定です。ローマ歌劇場のフルーティストですからすばらしい演奏をしてくれることでしょう。また告知しますね。
さて、こんなところでサンタの格好なんかしてないで、わたしもブソッティさらいましょう・・・・。
[PR]
by kuroakinet | 2007-12-18 02:14 | コンサート

INSPi LIVE!

まもなく帰国便に乗ります!
着いてすぐ、15.16と二日間丸ビルクリスマススペシャルイベントの一環で
丸キューブでのライブに登場します!

15日は「この木なんの木~」でおなじみのアカペラグループ「INSPi」と、1日限りのスペシャルライブです。(丸ビル1階丸キューブにて17時半~ 無料)
16日は35階日曜レギュラーメンバーの祭典!!ピアニスト4人のガラコンサートです。
お買い物のついでに是非お立ち寄りください。(丸ビル1階丸キューブにて18時~無料)

丸ビル35階ピアニストのブログも見てね!!
[PR]
by kuroakinet | 2007-12-13 05:44 | コンサート

ブソッティとかアリシア・キーズとか・・・

毎日寒いですねえ・・・先月パリでこじらせた風邪の名残か、未だに咳が止まりません。こっちの乾燥のせいかなぁ。
ミラノもすっかりクリスマスムードで、お菓子屋さん、パン屋さん、バール、スーパー、あちこちクリスマスの飾り付け!寒い寒いと言えどもなんとなく心躍ります。

このところ我が家はなにかとブソッティ三昧。息子も親の真似をしてだか、図形楽譜を見てこわーこわいキャーキャーといいながら(ブソッティの楽譜には不気味な顔がいっぱい書いてあったりするので)歌いながらの即興ダンス。まあ2歳だからなんでも図形楽譜になっちゃうわけですけれど、その様子は私たちなんかよりよほどサマになっている風でもあり。先日はそんな息子もついにブソッティ邸を訪問。裸体の絵や写真が机に壁にとぎっしり一面に貼られているお部屋で、子供大好きな大作曲家に随分可愛がっていただいて・・・。自分の子供時代とはまったく異次元な環境に、息子が羨ましいやら、心配やら??・・・・複雑です(^^;。

下のブログのブソッティの情報、詳細が分かりましたので編集しなおしました。料金や問い合わせ先など更新されていますので、興味のある方は参考にしてくださいね。ブソッティ本人が来日して、これだけの作品が一挙に演奏され、本人も演奏してくれて、みんなも参加できる!こんな機会はもうないかもしれません!!

さて、話は変わりまして、、、、
丸ビルコンサートもクリスマスに向けて、いろいろと企画が目白押しです。事務所と毎日のようにやり取りして年末イベントの準備が着々と進んでいます。
丸ビル1階には巨大なツリーが登場、いつもは35階で弾いている美女ピアニスたちが本日28日と明後日30日、1階へと場所を移して大ステージを盛り上げる予定。そして明日29日は同ステージでアリシア・キーズの弾き語りライブです。丸ビルでお買い物をしながら、彼女のライブが見られるわけですよ!びっくり!是非是非皆さんお買い物、お食事に、観光に、年末年始は丸ビルに足をお運びくださいね。毎日なにかしらイベントが行われていると思います。

私は帰国翌日の12月15日にFM東京クリスマスイベントに出演予定です。人気アカペラグループINSPiと、この日限りのクリスマスライブで共演します!16日にもガラコンサートで登場します。くわしくはまた追々こちらでお知らせしますね。
では、みのりちゃんゆりのちゃん千晴ちゃん、明日と明々後日、アリシア旋風にのって?楽しいステージをよろしく~!
皆さんチャオチャオ~
e0056670_2561139.jpg

[PR]
by kuroakinet | 2007-11-28 06:59 | コンサート

ブソッティ来日情報(更新)

来年1月に本当に久しぶりにブソッティがミラノのMdi Ensemble Milanoと一緒に来日します。それに日本人のすばらしい演奏家のみなさんも参加してくださり、ちょっとしたブソッティ週間が催されます。桐朋学園大学や明治学院大学、イタリア文化会館などで、彼のきさくで楽しい人柄にぜひ直にふれていただきたいと思います。ブソッティさん自身もピアノを弾いて、子守唄を歌ってくれますし、彼の楽譜やデザイン画の展覧会も催されます。さて、いったいどういうことになりますか。ぜひこの機会をお見逃しなく!

●シルヴァーノ・ブソッティを迎えて(ブソッティ声楽曲の夕べ)1月10日(木)18:30~/明治学院大学白金校舎アートホール/\未定【演】シルヴァーノ・ブソッティ(話)、吉川真澄(sop)、太田真紀(sop)、尾崎かをり(alt)、柿本竜二郎(ten)、大貫浩史(ten)、松平敬(bar)、藤井大輔(bs)、杉山洋一(cond)【曲】ブソッティ/「5つのイタリアの断章」より、第1曲「首たちは耳を澄ましている」、第3曲「愛の曲がり角」(1968)、第5曲「ラーラ再び」(1968)、観念的バレー「涙」(1978)、スペイン民謡による五声の怪奇な「焼き炭売り」(1957)【?】yoichi@tiscali.it

●シルヴァーノ・ブソッティ図形楽譜・スケッチ展1月11日(金)~1月16日(水)10:00~13:00/14:00~18:00(1月11日と16日は20:30まで)/イタリア文化会館B2Fホワイエ/\無料【?】イタリア文化会館03-3264-6032

●現代イタリア・若手作曲家の夕べ1月11日(金)18:30~/イタリア文化会館アニェッリ・ホール/\無料【演】MdiEnsemble Milano、ソニア・フォルメンティ(fl)、パオロ・カジラーギ(cl)、アレッサンドロ・ドルチ(pf)、カルロッタ・コンラード(vln)、パオロ・フマガッリ(vla)、ジョルジョ・カザーティ(vlc)、杉山洋一(cond)【曲】ステファノ・ジェルヴァゾーニ/An、エマヌエレ・カザーレ/"5"、ジョルジョ・ネッティ/シレーヌの復活、カルロ・フォルリヴェジ/Rosenleben、ファウスト・ロミテッリ/時間の砂【?】イタリア文化会館03-3264-6032

●桐朋学園ブソッティウェルカム・コンサート1月12日(土)19:00~/桐朋学園大学音楽学部333教室(新館3F)/一般聴講料\3000(30名限定)【演】黒田亜樹(pf)、中川俊郎(pf)、安江佐和子(perc)、新垣隆(spinetta)、桐朋学園演奏科生【曲】ブソッティ/「ブリランテ(Brillante)」20世紀風にダンサーを伴奏する,フルコンサート・ピアノのための(1975)、「7つの2枚折絵」より「心(Coeur)」打楽器のための(1959)、「小さなお話(Novelletta)」ピアノのための(1962-73)、「大理石(Marbre)」11弦楽器とスピネッタのための(1967)【券】なし【券】03-3307-4113(1月11日迄)【?】laqueu@nona.dti.ne.jp

●ブソッティ作曲公開レッスン1月13日(日)14:00~/桐朋学園大学音楽学部203教室(新館2F)/一般聴講料\3000(30名限定)【演】シルヴァーノ・ブソッティ(講師)、杉山洋一(通訳)、桐朋学園作曲科生【券】03-3307-4113(1月11日迄)【?】laqueu@nona.dti.ne.jp

●ブソッティ/ザンカナーロによる図形楽譜「自動トーノ(Autotono)」演奏の公開ワークショップ第1回1月13日(日)17:30~/桐朋学園大学音楽学部203教室(新館2F)/一般聴講料\3000(30名限定)【演】Mdi Ensemble Milano、ソニア・フォルメンティ(fl)、パオロ・カジラーギ(cl)、アレッサンドロ・ドルチ(pf)、カルロッタ・コンラード(vln)、パオロ・フマガッリ(vla)、ジョルジョ・カザーティ(vlc)、桐朋学園大学演奏科生、シルヴァーノ・ブソッティ【曲】ブソッティ/トーノ・ザンカナーロ/「自動トーノ(Autotono)」芸術家の人生のため,白黒で印刷された7枚と7枚の4手による,遊び(舞台で踊られる演奏会のように)(1977)【券】03-3307-4113(1月11日迄)【?】laqueu@nona.dti.ne.jp

●シルヴァーノ・ブッソッティ・桐朋学園ポートレートコンサート1月13日(日)19:30~/桐朋学園大学音楽学部203教室(新館2F)/一般聴講料\3000(30名限定)【演】Mdi Ensemble Milano、ソニア・フォルメンティ(fl)、パオロ・カジラーギ(cl)、アレッサンドロ・ドルチ(pf)、カルロッタ・コンラード(vln)、パオロ・フマガッリ(vla)、ジョルジョ・カザーティ(vlc)、シルヴァーノ・ブソッティ(声、pf)【曲】ブソッティ/「3人の愛人の踊り(Three Lover's Ballet)」ヴァイオリン,チェロとピアノのための(1978)、バレー「ファイドラ/ヘリオガバルス」より「きたない裸(Brutto ignudo)」バス・クラリネットのための(1980)、「3人のフレーズ(Phrase a Trois)」弦楽三重奏のための(1959/1960)、プッチーニ/ブソッティ/子守唄「そして小鳥さんは(E l'uccellino...)」声とフルート,クラリネット,ピアノ,ヴィオラのための(1980)、ブソッティ/「7つの二枚折絵」より「一対(Couple)」フルートとピアノのための(1959)、「ステファノへの111のタッチ…(111Tocchi a Stefano)」ピアノのための(1997)、「サドによる受難劇より"ソロ")」(Solo from Passion Selon Sade)」フルート,クラリネット,弦楽三重奏,ピアノのための【券】03-3307-4113(1月11日迄)【?】laqueu@nona.dti.ne.jp

●ブソッティ/ザンカナーロによる図形楽譜「自動トーノ(Autotono)」演奏の公開ワークショップ第2回1月14日(月)18:00~/桐朋学園大学音楽学部333教室(新館3F)/一般聴講料\3000(30名限定)【演】Mdi Ensemble Milano、ソニア・フォルメンティ(fl)、パオロ・カジラーギ(cl)、アレッサンドロ・ドルチ(pf)、カルロッタ・コンラード(vln)、パオロ・フマガッリ(vla)、ジョルジョ・カザーティ(vlc)、桐朋学園大学演奏科生、シルヴァーノ・ブソッティ【曲】ブソッティ/トーノ・ザンカナーロ/「自動トーノ(Autotono)」芸術家の人生のため,白黒で印刷された7枚と7枚の4手による,遊び(舞台で踊られる演奏会のように)(1977)【券】03-3307-4113(1月11日迄)【?】laqueu@nona.dti.ne.jp

●Mdi Ensemble Milano演奏会1月14日(月)19:30~/桐朋学園大学音楽学部333教室(新館3F)/一般聴講料\3000(30名限定)【演】Mdi Ensemble Milano、ソニア・フォルメンティ(fl)、パオロ・カジラーギ(cl)、アレッサンドロ・ドルチ(pf)、カルロッタ・コンラード(vln)、パオロ・フマガッリ(vla)、ジョルジョ・カザーティ(vlc)、杉山洋一(cond)【曲】ステファノ・ジェルヴァゾーニ/An、杉山洋一/喜遊曲I、ガブリエレ・マンカ/何も進まぬ(Rien va)、三善晃/オマージュ、ファウスト・ロミテッリ/時間の砂(La Sabbia del Tempo)【券】03-3307-4113(1月11日迄)【?】laqueu@nona.dti.ne.jp

●シルヴァーノ・ブソッティ自作を語る1月16日(水)16:30~/イタリア文化会館アニェッリホール/\無料【演】シルヴァーノ・ブソッティ(話)、杉山洋一(通訳)【?】イタリア文化会館03-3264-6032

●シルヴァーノ・ブッソッティ・ポートレートコンサート1月16日(水)18:30~/イタリア文化会館アニェッリ・ホール/\無料【演】Mdi Ensemble Milano、ソニア・フォルメンティ(fl)、パオロ・カジラーギ(cl)、アレッサンドロ・ドルチ(pf)、カルロッタ・コンラード(vln)、パオロ・フマガッリ(vla)、ジョルジョ・カザーティ(vlc)、桐朋学園大学演奏科生【曲】ブソッティ/3人のフレーズ(Phrase a Trois)弦楽三重奏のための(1959/1960)、バレー「ファイドラ/ヘリオガバルス」より「きたない裸(Brutto ignudo)」バス・クラリネットのための(1980)、バレー「ファイドラ/ヘリオガバルス」より「横たわる裸体(Nudo disteso)」ヴィオラのためのカデンツァ(1980)、「7つの二枚折絵」より「一対(Couple)」フルートとピアノのための(1959)、「7つの二枚折絵」より「3人で(Per Tre)」ピアニストと二人のアシスタントのための(1959)、「友人のための音楽(Musica per amici)」ピアノのための(1957-1971)、ブソッティ/トーノ・ザンカナーロ/「自動トーノ(Autotono)」芸術家の人生のため,白黒で印刷された7枚と7枚の4手による遊び(舞台で踊られる演奏会のように)(1977)【?】イタリア文化会館03-3264-6032

※【?】お問い合わせ先
[PR]
by kuroakinet | 2007-11-27 06:55 | コンサート

丸ビル35登場!アーチストliricoさん

e0056670_015851.jpg10月末のダヴィッドとのコンサートの直前、私の帰国にあわせて、丸ビル35コンサートに謎のアーチスト、フルート奏者のliricoさんが登場、クラシックの名曲から即興、ジャズナンバーまでいろいろな曲を共演してくれました。彼女は各方面で活躍のフルーティストでいながら、デザイン全般に隠れた才能があったようで、先ごろ急にその才能を開花させ、自身のブランドを立ち上げたそうです。おしゃれなフルートバック、liricoブランドがそれです。これが巷で大変話題になっているらしく、近日中にはクラリネット用の新作も出来るとか。

e0056670_041434.jpgこのなぞのアーチストliricoさんとクロアキの30数年に及ぶふかーいふかーい親密な関係については、身内には周知の事実なのですが(爆)、とにかくなぞの美人アーチストliricoさんの更なるご発展を今後とも応援しております!liricoさん、忙しいなか、丸ビルに登場してくれてありがとう!

[PR]
by kuroakinet | 2007-11-13 18:44 | コンサート

おお、パリ~、、、ゴホゲホ、、、

e0056670_8431259.jpg先月、オーボエのダヴィッド・ワルター氏とのリハーサルの為に、ミラノから日帰りでパリに行ってきました。リハーサルにパリまで行って来て、と社長に言われ、なんて嬉しい出張!と喜んだものの、結構散々な日帰りパリ旅行でした。彼とのコンサートの曲目は、全曲彼自身の編曲。ラヴェルのソナティネとかアルベニスのスペイン組曲とか、メンデルスゾーンの無言歌とか、元がピアノ作品の編曲ばかりで、それが結構直前にパリからがんがんメールで送られてきたのです。意外に大変なメンデルスゾーン、パートがときどきオーボエに移るので、慣れている指使いでは弾けないラヴェル。アルベニスは編曲ほやほやということで、出力ミスも多く、ソロの楽譜とにらめっこして音確認。楽譜校正のお仕事状態。パリ行きの直前がローマのコンサートだったのですが、前日入りしてアレッサンドロとピエルカルロとのリハーサルが終わった後も、ひたすら夜までずっと文化会館のスタインウエイでダヴィッドの編曲をさらっていて、会館の方に「すごく練習するんですねぇ」なんて感心されてしまったよ。でも2歳の息子から束の間離れて、ホールで好きなだけさらっていいなんていう環境を与えられると、「空腹時に食べ放題に行った状態」になっちゃうんですよねぇ。「さらいなさい!」とか「この子ったらちっともさらわないんですよ!」なんて親に言われている若い生徒さんたちが本当にうらやましい。いろんな種類のコンサートが重なってくると、周りに「そんなにさらって大丈夫?」って言われても、まだまださらっちゃうものですよね。

e0056670_8433717.jpgローマからミラノ戻って1日だけ自宅でのんびりして子供と思い切り遊んで、翌朝5時に家をでて7時前のパリ行きフライトに乗ろうとしたのですが、空港に行ったら午前の便はほぼ全線ストライキ。そういえば、漆原啓子さんとのウイーンのコンサートのときも、早朝のミラノウイーンの便がいきなりキャンセルで、次の午後の便まで相当な時間をつぶしたっけな。皆さん、欧州内の近距離便には要注意ですぞ!
ローマのホテルの乾燥で、前日からなんとなく喉がやられていたのですが、パリ行き便キャンセルのせいで、空港で朝5時半から6時間寝たのが悪かった。1時間ごとにどんどん風邪悪化。パリに着いたときには結構ふらふら。頭の中には矢野アッコちゃんの「おお、パリ」がリフレイン。「とうとう来たじゃない~パリ!~なんで~熱が~出てしまったぁのおおお、エッフェル塔がゆがんでるう~ベルサイユが崩れ落ちるううううううう」ジャラララ~
そういえば私、パリでは悲惨な思い出があるのです。数年前、パリから成田へ帰る日、空港に行く直前でパスポートお財布貴重品全て入れていたミニポーチをスラれて、帰国便に乗れなくて、仕方なく友人宅に転がり込み、緊急のパスポート発行まで二泊しなければならず、帰国後の日本のスケジュールがぐちゃぐちゃになって大騒ぎした事が。あの時お世話になった皆様、本当にありがとうございました。お陰さまで、あれ以来同じような失敗はしておりません。

さて、パリには朝9時半に着く予定が14時になってしまい、熱っぽい中、パリ国立音楽院に大慌てで移動、最終便まで合わせましょう、なんて言ってはじめたダヴィッドとのリハーサルでしたが、するすると通しただけでほぼ2時間で終了。とても優しいしごくノーマルな解釈なので仕事が速い。AKI,急がないと帰りの便が、、なんて気を使ってくれたこともあって、ささっと終わっちゃったけど、これだけでミラノに帰るのももったいないわと、セーヌ川沿いをほんのちょっと歩きました。写真はノートルダム。でもセーヌ川脇でも熱っぽいせいで、頭の中はずっとアッコさまの「おお、パリ」。エッフェル塔がゆがんでるう~と歌いながらふらふらとミラノに帰りましたが、実はこの頃パリではロン=ティボーコンクールが開催されていて、同門の田村響君が優勝へ一歩一歩近づいていたのでした。せっかく近くまで行ったのに、応援に行けなくて残念でした。響君、優勝おめでとう。ソアレス先生、改めておめでとうございます!!

パリのあとすぐ、風邪を抱えたまま帰国便に乗り、東京オペラシティでダヴィッドのリサイタル。初共演にしてはなかなか楽しく盛り上がったのではないかな?パリへの和風のお土産を一緒に探したり、親子丼をつついたり、本番以外も楽しかったです。本番は常にのど飴を舐めながらのの伴奏で、本プロでは咳をこらえることが出来たものの、アンコールの楽譜を取りに楽屋に走ったら、器官に空気が入ってしまって、ベニスのゴンドラを弾きながら、あまりにも咳をこらえるのが辛くて、口を真一文字に結んで窒息しそうになりながら弾いていたら、大粒の涙がぼたぼた落ちました。いやーほんとに泣き笑い。ダヴィッドも舞台で大笑い。とんだおまけつきでした。

パリで悪化した風邪は、まだ喉の奥のほうにしぶとく残っていますが、ミラノに戻ってゆっくりしたら体調は復活しました。数日前にやはりパリに帰国した上機嫌のダヴィッドから、また一緒に演奏しようね。とメールが来ていましたから、次の機会にはゆっくりパリに滞在したいな。おお、パリ。

いやーほんとにろくでもないパリ紀行ですみませんでしたぁ。
[PR]
by kuroakinet | 2007-11-12 02:44 | コンサート

5月20日 丸ビル35階 日曜コンサート 

e0056670_2248255.jpg先月は庭のルーコラが美味しくて、生はもちろん、ごま油で炒めてチャーハンに入れたり、いろいろ試したのですが、今月に入ってからはその横からにガンガン生えてきたホウレン草がすごく美味しいです!何の知識もなく、ただ種をばら蒔いて水を撒いているだけなんですけど、間引きしなきゃいけないくらい生えてきたので、食べながら間引いています。

種を適当に撒いているだけなので、数週間たって双葉が出てきても、どの辺りに何を撒いたか忘れていて、食べてみるまで何が生えてきたのやら謎なんですよねぇ。きっとこれルーコラよね、、、と炒めてみたらホウレン草の味がして、そのうちに葉がどんどん大きく育ってきたので、ほんとにホウレン草だわと実感したわけです。

ネットで家庭菜園の豆知識を集めるにつけ、わたしの栽培の仕方がことごとく間違っていることを知るのですが、それでもこんなに元気に育ってます。初めは粘土質のとんでもない荒野かとおもった庭だったけど、意外に土の質はいいのかも!!先日ニラの種を撒いたのですが、それらしき芽が出てきました。でもニラと芝の区別がイマイチはっきりしないので、もうちょっと育って香りで判断しよっと。育ったら餃子パーティだ!!

e0056670_2361162.jpgほうれんそう→ニラ→丸ビルとはどうやってもつながらないけど、20日は丸ビル35日曜コンサートに新コーディネータ、クロアキ登場です。その場で適当にリクエストにもお応えしようと思っています。もちろん無料です。お買い物ついでに通りがかったら、是非声かけてね!!写真は丸ビル35階出演のピアニストたちと現場にて。



丸ビル35コンサート 黒田亜樹
5月20日丸ビル35階 
午後2時~30分&午後3時~30分

[PR]
by kuroakinet | 2007-05-15 22:01 | コンサート