<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カルボナーレin Japan 2018

2018年秋振り返りシリーズ・・・・その2・・・・

このところ、アレッサンドロ・カルボナーレとの共演はイタリアが多かったのですが、10月は彼と日本ツアーでした!兵庫県芸術文化センターでユベール・スダーンと見事なモーツアルトのコンチェルト(カルボナーレの十八番!もちろんオリジナル楽器バセットで!)を披露した彼をピックアップして、米子入り。米子文化会館、そして東京は渋谷のアクタスでマスターコース。さらに私の東京の住まいでもある世田谷三軒茶屋でのコンサート!彼と動くと毎回カレンダー真っ黒、数日間動きっぱなし・・・・になるのですが、今回も同様。そしてどこも満場のお客様長蛇のサイン会。「黒田さん、カルボナーレと共演して何年になりますか?」とよく聞かれますが、初共演したとき、実は私のお腹の中には息子がいたので年数はしっかり数えやすいのです。もうすぐ息子が14歳になるので、カルボナーレとの共演も14年目に入るわけです。そういえば共演当初は若手のライジングスター的存在だったカルボナーレですが、今はちょっと髪の毛もグレーになって、コンサートの循環呼吸超絶技巧曲目の後のトークで「WATASHI WA TOSHIYORI DESU!」とぜーぜーはーはーしながら言ってウケを狙うようになったのですから、年月も経たものです。(ところで、あのぜーぜーはーはー、あれ、演技ですからね!本当はぜーぜーしてないですよ、受け狙って大変そうなふりしているだけですからね、みなさん、騙されませんように)
実はこのカルボナーレとの世田谷公演にでびっくりするような大感激の出来事がありました。地道に演奏活動を続けているとこんな素敵なことがあるのか!と思える、ちょっとした事件でした。そのことはまたいつか・・・・


(写真・せたがや文化財団)
e0056670_17045838.jpeg
e0056670_17051430.jpeg
e0056670_17053259.jpeg
e0056670_17055197.jpeg
e0056670_17060686.jpeg

P.S.そうそう、カルボナーレといえば2013年に宗次ホールのインタビューに対して、私が彼とのいろいろなエピソードを語ったブログがあります。面白いのでカルボナーレファンの方是非お読みください~下記リンクです↓↓↓





by kuroakinet | 2018-10-28 17:03

朝日カルチャーセンター新宿教室 ピアソラのタンゴとクラシック

10月21日13時~14時半
新宿朝日カルチャーセンターで「アストル・ピアソラの 」!!

クラシック奏者のピアソラの編曲演奏は巷に溢れかえっていますが、アルゼンチンタンゴに興味を拡げる奏者は少なく、また、ピアソラがクラシック奏者の為に書いた作品は未だに滅多に演奏されません。ピアソラのタンゴととクラシック、という観点でお話しと演奏予定!





by kuroakinet | 2018-10-18 07:05