人気ブログランキング |

JALとアリタリア

私はJALのヘビーユーザー。ミラノ成田の往復が年に平均7回くらい。国内の飛行機移動も多いので、気がついたらどんどんステイタスが上がってしまって、グローバルクラブ会員とやらになっていました。これになると、ラウンジ使用のほか、ビジネスカウンターでの搭乗手続きが可能で、エコノミーに座っていても乗務員さんが「○○さま、いつもご利用有難うございます。」と挨拶に来ます。ビジネスマンならともかく、Gパンにリュックの普通の格好の私が、客席乗務員に丁寧にご挨拶されると、ちょっと場違い。

ミラノ成田間は、直行便がJALとアリタリアのみ。そしてこの二社が共同運航便を出しているので、JALで購入してもアリタリア機でアリタリアのサービスになることもあります。もちろんその逆も。このところ毎回子供連れの旅だったので、JALの方が子供のサービスなどは丁寧にやってくれるのではないかと思ってJALのフライトを選んで乗っていましたが、一昨日は日程の関係で久しぶりにアリタリア機でした。


例のごとくでぎりぎりに乗り込むと、大柄なパイロットが女性乗務員たちとニコニコと談笑。時々乗客にも笑いかけたりしますが、何か個人的な話を乗務員どうしで楽しそうにしています。ああ、この感じがやっぱりJALとは全然違うわ・・・と。日本の乗務員は乗客案内のときに個人的談笑なんかしません。ニコニコと微笑みかけるのは同僚に対してではなく乗客に対してです。これがいいのか悪いのか、わからないけれど、こういうところがやっぱりイタリア人と日本人の大きな違い。いい意味でも悪い意味でもイタリア人は自己を犠牲にしない人たちなんだなと、飛行機の中でさえも思います。

12時間のフライト中2回の機内食に1回の軽食。このサービスのときも、JALのあの物凄く丁寧なお上品な微笑みのスチュワーデスさんに比べて、アリタリアの方はかなり無愛想。トイレの前で長時間のフライトに飽きてくっちゃべってるおばさんたちに、アリタリアのスッチーさんは「ほらほらどいて、どいて、こんなところに居たら他の人の邪魔ですよ、どいてどいて!」という感じで、かなり怖い口調で注意します。日本のスッチーさんなら「申し訳ございません。他のお客様のご迷惑になりますので、お席にお戻りください。」と物腰も柔らかくおっしゃるでしょうね。こんなだから日本の旅行好きのかたがたの中では、アリタリアは評判悪いのではないかしら。私もなれないころは、あまりの無愛想さに「何だ!アリタリアのこの年増の意地悪スッチーは!!」と憤慨したものです。

でも妊娠中数回フライトした私の経験では、JALは妊婦にアップグレードなんかしてくれなかったのですが、アリタリアはチェックインカウンターで妊婦です、と告げると、「アウグーリアウグーリ!オメデトウゴザイマース!」と数人で見送ってくれて、何と座席もアップグレード。二回もビジネスクラスで往復しました。無愛想でも肝心の時にはやさしいんです。

まあこれは一例ですが、イタリア人と日本人のやさしさって根本が違うんだなと。自己を犠牲にした愛想笑いをしなくてもいいイタリア人乗務員と、うるさい乗客に腹の底ではムカついたりしながらも、終始にっこりと対応しなければならない日本の乗務員。これは飛行機だけではなく、飲食店でも洋服やでも、会社でも言える事かも。

JALヘビーユーザーの私は、このステイタスを活用する意味でも、これからもJALに乗ることが多いだろけれど、久しぶりに乗ったアリタリア機は、なんだか気を使わなくてよくて気楽なフライトでした。
# by kuroakinet | 2006-06-10 13:46 | ミラノ日記

強行移動中

6日間の予定で帰国しています。
この日程で静岡・横浜・大阪と3箇所移動して公開講座とミニコンサートを昼夜とやって、プライベートの生徒も少し教えて、子どもの育児用品を買って帰るという計画なので、楽譜やら洋服やらで荷物がごちゃごちゃです。パソコンにSKYPを入れて、ミラノの子どもとテレビ電話。いやはやすごい時代になったものです。テレビ電話で毎日話していると、離れている気がしないですね、ほんと。

1歳の息子は、画面を指差してちょっときょとんとしながら笑って指差したりしていますが、5日前からママはコンピュータの中に入っちゃっておかしいなぁ??いつ出てくるのかな?とでも思っているのかしら。

静岡と鶴見の公開講座は「PTNA」という子どものピアノコンクールの為のものでしたが、ミニコンサートでは課題曲とそれに関連する私のレパートリーを弾いたりしました。課題曲であるドビュッシーの「小さな羊飼い」を「牧神の午後への前奏曲」のピアノソロ編曲版と並べて弾いてみたり、ハチャトリアンのエチュードを右手だけで演奏したり(剣の舞みたいな曲なのですが、最後の3小節以外は3ページ右手一本で弾けるのですよ)しましたが、特に右手だけの演奏はかなり受けました。このアイデアを与えてくれたのは、うちの息子なんです。左腕で息子をあやしながら譜読みをしていたので、そのとき片手でひいていたら音域的に弾けちゃったんで。きっとあのミニコンサートのあと、子どもたちもお家で片手で弾いてみたりしているんじゃないかな。

一度ミラノに戻って、また七夕ライブに向けて帰国します。三柴さんからまた楽譜が届きました!もう七夕が楽しみで仕方ありません!

ではまたミラノから書きますね。ちゃおー。
e0056670_275997.jpg
2006年7月7日(金)
「キース・エマーソンへの手紙vol.3~ピアノで弾き倒すEL&P~」
 六本木スイートベイジル・STB139 
お問合せ:03-5474-0139
# by kuroakinet | 2006-06-07 02:07 | つぶやき

おめでとう!RIKKIママ!!


e0056670_19532136.jpgRIKKIからのメール、無事男児出産の報告!やったね!

かれこれもう10年来の音楽仲間だけれど、まさかまさか
RIKKIとママ仲間になるとは思っていなかった!
7月14日,16日は、RIKKIとAKIのマザーズライブです!もう最高に母性溢れる音楽をお届けしますので~~!!

(去年の七夕ライブの直後、RIKKIが私の息子に会いにきてくれたときの彼女の日記が、こちらに載っています!1年もたたないうちに、RIKKIもママになってデュオライブをやることになるなんて!!)
# by kuroakinet | 2006-05-31 08:44 | ミラノ日記

“Poveri per Forza”

e0056670_1035928.jpg2月の日記に載せたカルボナーレとのローマのコンサートの写真、とても活き活きとしていてるでしょう。オフステージでの息子の写真も沢山とって送ってくれたので、嬉しくてカメラマンさんにお礼のメールを書いて以来、何度かメールのやり取りをするようになり、すっかりお友達気分でいたのですが、このMario Bocciaさん、実は国際的に大変有名な報道カメラマンだったのです。

ローマの彼から個展のお知らせのメールが届き、よくよく見るとその場所はうちからそこそこ近いcinisello balsamoだったので、バスを乗り継いで出かけてきました。ウガンダ、ケニア、セネガルなどアフリカがテーマの個展で、“Poveri per Forza”というタイトルでした。直訳は「強いられた貧しさ」となるのかな?でも「貧しさのなかの強さ」という意味もかけているようです。

末期エイズの子供、自主運営の孤児の学校、教室にあふれかえる子供たち。明るく共同体で助け合って働く元売春婦たち。白黒写真は、どれも不思議な生命力にあふれていました。

「貧しいアフリカを助けよう、皆そう言っているけれど、学ばなきゃいけないのは、我々のほうだよ。アフリカにもう10年近く通っているけれど、いつも何かを学んで帰ってくる」

写真の前でBocciaさんが話してくれた言葉が、しばらく耳から離れませんでした。
# by kuroakinet | 2006-05-30 10:04 | ミラノ日記

明日の記憶

そう、、、、何ヶ月前だったか、久しぶりに映画音楽のスタジオ録音の仕事をしたのです。大島ミチルさんが音楽担当で。ミチルさんとはCYプロジェクトの録音以来?それともカウンターテナーの米良さんのCD録音以来?だったか、お久しぶりの再会でしたが、相変わらず素晴らしくテキパキと録音を進めていらして、その仕事ぶりに惚れ惚れして帰宅したものです。あれから随分日が経ってしまい、何の映画だったかタイトルをすっかり忘れていました。そしたら今日マネージャーから、「あの映画、サイトで音楽も聴けますね。最初は亜樹さんのピアノの音ですね。」とメールをもらい、あのときの録音の音楽が明日の記憶という映画のサウンドトラックだったことを思い出しました。

事務所からのメールで「明日の記憶」の公式サイトをしり、そこから「ほぼ日」サイトで糸井さんと渡辺謙さんのメール交換を読み、物凄く映画が見たくなってしまいました。未だ見ぬ映画で、宣伝情報をみただけでこんなにしみじみしてしまったのは初めて。帰国したら絶対見よう。
# by kuroakinet | 2006-05-26 10:32 | ミラノ日記

クロアキの子育て日記・イタリアン離乳食

このところ子育てネタばかりでごめんなさい。
春はリサイタルで息子にゆっくりかまってあげられなかったので、今月は「母親月間」のつもりなのです。また来月から夏に向けて、物凄く過密スケジュールになっていきそうなので・・・。

日本では、しらすや豆腐、大根、カブ、かぼちゃなどが大好物だった息子ですが、イタリアではイタリア風の離乳食を食べています。

e0056670_802157.jpg
ちなみに昨日の昼食の献立など。
・タマネギ、ジャガイモ、黄ピーマン、アスパラ、パルミッジャーノチーズのオムレツ
・モッツアレラチーズとサラダ菜
・ちりめんキャベツと鮭のスープ煮
・イチゴ
イタリアの赤ん坊は、離乳食の初期からパルミッジャーノチーズやモッツアレラを食べるんですよ。そして最初に食べるお肉はウサギや七面鳥や、馬なんです!私も最初はこわごわウサギをあげてみたんですけど、喜んで美味しそうに食べてました!!
# by kuroakinet | 2006-05-25 08:01 | ミラノ日記

子連れ海外旅行の秘訣

ところで、抱っこ紐で息子を抱えての日伊往復ももう3往復。色々な人から「飛行機で赤ちゃん連れの移動は大変でしょうねぇ、、、」と言われるのですが、うちは息子が物凄く愛想がいいせいか、毎回大変楽しい出会いがあって、12時間のフライトも割と楽なのです。

今回も機内で色々な出会いがありました。
成田ーミラノ直行便、連休明けで空いてるだろうと狙って取ったのに、値段が下がったのを狙った団体客で1席も空席がない超満席。満席とは言っても、病人用に少しは空席を用意しているだろうから、子連れの私の隣はきっと空けてくれるだろう、と思っていたけれど、どっこい、本日はどうにもなりませんとのこと。超満席で機内サービスも終始混乱状態。
息子は体重が10キロ近くあるので、赤ちゃん用籠(バシュネット)にも入らないし、この満席機中、12時間膝に抱っこは拷問だわ、と憂鬱になりましたが、息子は隣のおばさん、後ろのおばさん、斜めのおじさんに愛想を振りまき、「あらあ、かわいいわー抱っこさせて」と大人気。「そうですか、助かります!」と私はちゃっかり息子を渡して、トイレに行ったり、飲み物取りに行ったり。

機内で退屈するだろうと、何度か通路をうろうろ歩かせたのですが、その時も「あら可愛い!ちょっと遊んでいきなさいよ」なんておっしゃるご夫婦に遊んでもらっちゃって、そんなこんなで12時間とても早かったです。眠くなって私が抱っこして寝かせると、寝心地が悪くてぐずって少し泣きましたけど、でも許容範囲。 さすが3往復目ともなると、旅なれた息子だと感心。

そういえば赤ん坊を抱えての初フライト、生後2ヶ月のちょうど去年の今頃、あの時も隣の座席に座っていたフィレンツエ在住の同世代の女性に本当にお世話になって、ミルクを作るのを手伝ってもらったり、降りるときも重い荷物を出口まで一緒に持ってくれたり、本当にありがたかったです。以来彼女とは今でも交流が続いています。
子連れの飛行機旅行には、子連れならではの楽しい出会いがたくさんあるものです。


e0056670_620496.jpg
2006年7月7日(金)
「キース・エマーソンへの手紙vol.3~ピアノで弾き倒すEL&P~」
 六本木スイートベイジル・STB139 
お問合せ:03-5474-0139
# by kuroakinet | 2006-05-24 06:12 | ミラノ日記

ひとり立ち

e0056670_0303918.jpge0056670_0312126.jpg日曜日、モンツア公園に 行って来ました。 F1サーキットでも有名だけど、スゴーク大きな公園です。
20歩くらい歩くようになった息子に、少し離れたところから手招きしてみる。 えっちらおっちら、と近づいてくる息子。転んでも手を貸さずに待っていると、子を独り立ちさせる親の気分とやらを早くも実感。
今まで一人で立ったり歩いたりできなかった赤ん坊が、転びながらも歩いている姿って、なんかじんとくる。きっとあっという間に私の手を離れていくんだろうな、なんてしみじみ思ってしまった。

# by kuroakinet | 2006-05-19 00:38 | ミラノ日記

午後8時45分 

e0056670_211255100.jpge0056670_21172527.jpg
夏が近くなって嬉しいのは、日に日に日が長くなること。この時間でもまだこの明るさ。


# by kuroakinet | 2006-05-18 21:21 | ミラノ日記

ピアノのなせる業と神髄 三柴理氏

ミラノよりクロアキです。


さてさて、インフォメーションをご覧いただけましたでしょうか。
今年の七夕STBはステージにピアノが二台並んでの黒田VS三柴、さらに神田嬢のすごい打楽器セットもずらっと並んでのアコースティックプログレ、ELPナイトです。

e0056670_4291188.jpgピアノのなせる業と神髄の三柴氏はこーんなお姿なのに(し、失礼、、、)とってもジェントルマンなのですよ。おまけに仕事が丁寧で超はやい!いつも前日までアレンジも曲目も決まらないクロアキとカンちゃんなのに、今回はもうすべてが用意周到に運んでしまってびっくり。しかぁし!!ライブはきっと用意周到にはいかないでしょう。いろんなハプニングが起こるでしょう。それでこそライブだよね!!
# by kuroakinet | 2006-05-18 03:20 | コンサート