2015年下半期これまでとこれから・・・

改めまして明けましておめでとうございます。
日本は今年はお正月休みが短いんですってね。イタリアは1月6日がエピファニアというキリスト教の祭日で、この日まではクリスマスツリーが飾られたままなので、お正月というより1月のはじめはまだ長いクリスマスが続いているという感じです。一応ミラノの我が家ではお雑煮や煮物をつくって御節気分を味わい、年越しそばも食べましたが、新年二日目の今日は早速パプリカのトマト煮など食卓はすっかりイタリアンに戻っています。

さてさて、2015年を振り返る第二弾。

数年前にMILANOのLIMENMUSICというインターネットチャンネルのプロデューサーと知り合って、放送用にいろいろな音源を収録したりブルグミュラーのDVDを発売したりしてきましたが、彼らは昨年ローマ郊外にスタジオごと引っ越してしまいました。訪ねるのには泊りがけなのでなかなか気楽に収録に出かけることもできなくなり。。。と思ったら、今度はミラノのBAMRADIOというインターネットラジオのディレクターとの出会いがあり、イタリアの作曲家のアルバムを作る話が舞い込みました。イタリアに住むようになって10年、いろんな話が舞い込んでは消え、大抵の話は信じない癖がついてきましたが(汗)今回は収録日が一転二転、収録場所も二転三転と予想通りではありましたが、ともかく録音は無事に終わりました。年内にCDリリースと言っていたのに案の定遅れて年明け早々、と連絡が来ましたがどうなることやら。でも先方のサイトには私の写真も載っているし騙されているわけではなさそうです。(こんな話は日本語でしか書けません。翻訳サイトなどで先方に読まれないといいけれど・・・)

録音したのはENRICO VALLONE氏の作品集。どうやらペスカーラでの私のリサイタルを聴いておられて、CDのピアニストはAKIで、と指名なさったそうで。調性のある、ロマンティックで、スクリャービンのようなモリコーネのような上品な作品。録音場所が一転二転している間にご無沙汰しているLIMENSTUDIOを紹介したら、そこでとりましょうということになり、新しくなったLIMENに泊りがけで行って収録しました。写真はVALLONE氏と収録に使った伝説のピアノFABBRINI・STEINWAYのNo.1。CDは本当にもうすぐ出るのでしょうか?はてさて。
e0056670_6244813.jpg


CDと言えば、昨年は「火の鳥~20世紀音楽ピアノ編曲集」がレコード芸術誌の特選盤に選ばれました!!イギリスのBBCミュージックマガジンでも5つ星!嬉しいニュースがつづきました。
ODRADEKレーベルはアーチスト主体の非営利のレーベルなのですが、11月にはレーベル主催のフェスティバルでスペインサラマンガでリサイタルをしてきました。世界遺産でもあるサラマンカがあまりにも素晴らしい街で感動しました。歴史的大学都市だけあって聴衆にも若者が沢山いて盛り上がりました。
e0056670_732479.jpg

e0056670_744911.jpg

e0056670_6565830.jpg

e0056670_6593790.jpg

現地の新聞サイトより写真拝借。本番前日の夜も本番当日も、マヨール広場のメゾンで立ち食い。これがものすごく美味しくて安くて・・・・また絶対いつかコンサートがなくても戻りたい街です。

その前後ではミラノ国立音楽院で40歳以上の国際アマチュアコンクールの審査をしたり、ポリーニの指導者でもありミラノの代表的なピアニストCalro Vidussoを記念した若手ピアニストの国際コンクールで、ミラノ在住と日本からきた生徒たち、どちらも入賞して喜んだり、息子がスカラ座のヴォツエックに子役で出るのに送迎にあたふたしたり、なんて日々もありました。

12月に入ってまた日本にひとっ飛び。鳥取と大阪でヴァイオリンの瀬川祥子さん、チェロの水谷川優子さんとトリオのコンサートがありました。詳しいレポートは優子さんのブログをご覧ください。パリ在住の祥子さん、ベルリンとフィンランドと日本を旅烏の優子さん、そして私という国境なきなんとやら。。。のトリオの旅は、おしゃべりと食べ物と音楽のやりとりで最高に楽しい数日間でした。
e0056670_893164.jpg

e0056670_810134.jpg



優子さんのイタリアでのチェロの先生と私の恩師MEZZENA先生がかつてトリオで活躍されていたこともあり、お互いのルーツをたどると色々な線が絡み合っているのですが、演奏中にさらにそのことを強く感じました。2016年は優子さんといろいろな演奏会が展開する予定です。

楽しい旅から大急ぎでミラノに戻って、2日間だけ家族と過ごしてすぐにローマへ。今度は太田真紀さんと日本歌曲・・・といっても一捻り二捻りあるプログラムを演奏してきました。ミラノでもローマでもところかまわず関西弁で繰り広げるMAKI&AKIの世界。また日本でもできるといいなと思います。
e0056670_8435424.jpg


ローマコンサートの翌朝は、6時の列車でミラノを通り過ぎてMANTOVAへ行き、Giuseppe Acerbi Music Competitionの審査でした。審査委員長はショパンコンクール入賞時から日本でもファンが多いアルベルト・ノゼ。先日モンテカルロ・ピアノマスターズ(国際コンクール決勝進出経験のある、40歳以下のピアニストのみ出場権がある)で優勝したばかりであちこちの新聞雑誌で記事を見ましたが、彼だってまだまだ若手なのに後進の指導でも大人気のようで、審査発表のあともコンテスタントに囲まれて、とても温かくアドバイスしていました。今年はこれでコンクール4つ審査したのかな。若手の演奏から世界の動きが感じられることも楽しみですが、何よりも素晴らしいピアニストと審査の合間の音楽談義と、各地の郷土料理。スケジュール上の無理をしてでも引き受けてよかったと思えます。
e0056670_8511686.jpg


以上2015年のクロアキ総まとめはこんな感じ。

久しぶりのイタリアでのお正月は、指揮クラスも生徒のレッスンもないので、次の本番の曲をさらう合間に、最近急に音楽が面白くなってきたららしい息子に楽譜の書き方を教えてあげたりしています。あと10日ほどでまた帰国です。

東京現音計画#06ベストセレクション1 in 愛知
1月23日(土) 15:00開演 愛知県芸術劇場小ホール
関東圏以外では初の公演です!
これもやります↓↓↓



ブログを書くのが久しぶりすぎて、長くなりました(^^)。改めまして本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by kuroakinet | 2016-01-03 09:07 | ミラノ日記

謹賀新年2016

Auguri di buon 2016!! Happy New Year !明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

日本はもう2016年になったようですが、ミラノは8時間遅れ、間もなくカウントダウンです。久しぶりのイタリアでの年越し、年越しそばを食べて一息ついたところで、年末恒例の爆竹の音を聞きながら1年を振り返って久々にブログでも、、、と思ってここを開いてびっくり。1年以上も更新していなかったとは!!TWITTERやFACEBOOKをちょこちょこ更新していてそれなりに発信しているつもりでしたが・・・

というわけで、自分のためにもこの1年の出来事を振り返っておこうと思います。

2015年、新年からまったくブログをなかなか書けなかったのは、2014年の年末に大事な友人が二人続けて天国にいってしまったからでした。あれから1年、友人の家族たちは新しい命とともに逞しく生きていて、今は人間の強さと輝きに感動しながら新年を迎えています。

2015年振り返ってみると・・・初舞台は1月8日Whee Jineさんと古橋郷平さんの紀尾井ホールでのジョイントコンサート。ヴァイオリンは芸大の同級生で当時は親戚か?と思うほど仲の良かった渡辺剛君。久々の共演でしたが再会1秒で当時のノリに戻れました。当時の友達はみんな大活躍ですが、想い出も友情も宝物です。

1月11日は活動も二年目になった東京現音計画メンバーとして洗足学園シルバーマウンテン公演、14日には杉並公会堂でメンバーの大石 将紀君のセレクション企画でサクソフォンとピアノ、打楽器のトリオと若手作曲家池田拓実さんの新作初演などがありました。ジェルバゾーニの内部奏法では中腰での演奏で腰痛になったり、ブリス・ポゼの作品にお正月もひたすら時間を費やすばかりだったりしましたっけ・・・そうそう洗足の公演で演奏した一柳 慧 / プラティヤハラ・イベントについて、息子が学校の作文に「一番気に入ったのはお母さんがサンドイッチをつくったプラティヤハラ・イベントでした」と書いていました。そう、即興イベントでサンドイッチを作ったんですね。人生初の舞台上での演奏と家事の両立に成功したという・・・
e0056670_7224648.jpg


2月末にはミラノ国際ジュニアコンクールの派遣オーディション。3月頭はPTNA課題曲講座とソアレス先生来日30周年のコンサートのはしご、浜離宮ホールからヤマハホールに走りました。私はソアレス先生がまさに来日なさった1年目あたりからの最初の生徒でしたので現生徒さんよりはソアレス先生との方が世代が近いという恐ろしい事実に気が付きつつも、門下生の中に混じって若者気分。
3月はこのほかにペスカーラでソロリサイタル、ローマでも本番があり、息子はスカラ座の合唱団でカルメンに出演したりで、めまぐるしく過ぎ去りました。
e0056670_743027.jpg


5月はミラノでリサイタル、MILANOPIANOCITYイベント、6月はアマルフィーで国際ナポリターノコンクールの審査、マントバでのリサイタル、ミラノジュニアコンクールへの派遣など、イタリア内での動きが激しかったかな。
e0056670_7525994.jpg


8月はミューザ川崎で久しぶりのファイナルファンタジーピアノコレクションと浜渦正志ワールド。曽我大介さん指揮東京ニューシティ管弦楽団。
e0056670_846713.jpg



そしてさらに前回よりさらにハードだった東京現音計画~稲森安太己セレクション~呻いたり歌ったり紐だらけになったり、ヘミオラフーガが渦巻いたり。
e0056670_8504810.jpg


8月後半は秋吉台音楽祭にも杉山とともに講師として参加させていただきました。ここまでで上半期。
e0056670_9253278.jpg



ミラノに住みミラノの公立小学校に通う息子もいる中で、休日や夏休みを利用して帰国しながらでしたが、随分いろいろありました。さらにそんな帰国の合間、2015年はスクリャービン没後100年ということで、若手ピアニストたちとともに滅多に演奏されない小品を若手とジョイント形式で録音録画でPTNAピアノ曲辞典を完成させるという計画を立ち上げ、2015年は合計7回公開録画演奏会を開催することができました。
こちらはそんなスクリャービンの珍しいチェロ(もしくはホルン)とピアノのためのロマンス。


つらつらと過去のFACEBOOKなどを読み返しながら2015年を振り返っていると、イタリアも日付がかわり、外の花火や爆竹も静まりました。謹賀新年2016年、BUON ANNO2016!今年もよろしくお願いいたします。久しぶりのブログを読んでくださってありがとう!明日もミラノは静かな元旦ですので下半期を振り返りながら、今後の予定などもつらつら書いてみます。
[PR]
# by kuroakinet | 2016-01-01 09:19 | ミラノ日記

踊るスクリャービン!11月22日巣鴨!

カルボナーレとの弾丸ツアーの翌日は美女たちに混ざってスクリャービンです!こちらは料金後払い制、皆様のご判断でお聞きいただくという趣旨のコンサート。志を同じくする仲間たちとともに全曲録音目指して精進中です・・・・



スクリャービン・全曲録音プロジェクト
第3回 躍るスクリャービン
黒田亜樹、宮崎菜通子、小林侑奈
山本恵利花 
2014.11月22日(土) 19:00 (18:30開場)
東音ホール

※演奏者が一部変更となりました。プレリュードOP13は脇絢乃
に変わり黒田が演奏いたします。


[PR]
# by kuroakinet | 2014-11-11 22:30

カルボナーレ裏話アレコレ・・・・

宗次ホールさんの会員向け配布物に、裏話・・・・

e0056670_19333930.jpg

e0056670_1934288.jpg

[PR]
# by kuroakinet | 2014-11-11 19:12

カルボナーレ日本ツアー11月18日名古屋宗次ホールより~

パッパーノ&ローマ・サンタ・チェチーリア管で来日したカルボナーレと日本で合流し以下の公演をいたします!

Alessandro CARBONARE Concert in JAPAN

アレッサンドロ・カルボナーレ Alessandro CARBONARE clarinet
エリザ・パパンドレア Elisa PAPANDREA violin
黒田亜樹 Aki KURODA piano

名古屋 11/18(火)18:45
宗次ホール
共演 エリザ・パパンドレア(Vl) 、黒田亜樹(Pno)
愛知芸術文化センタープレイガイド:052-972-0430
栄プレチケ92(旧三越(栄)プレイガイド):052-953-0777
ヤマハプレイガイド:052-201-5152
中日サービスセンター(中日ビル1階):052-263-7282
宗次ホールチケットセンター(052-265-1718)
交通アクセス:地下鉄 栄駅12番出口より徒歩5分
〒460-0008 名古屋市中区栄4丁目5番14号


東京 11月19日(水 )12:00
アグネスホテル・ランチタイムコンサート
【問】アグネスホテル東京 TEL : 03-3267-5548
【企画】コンサート係 TEL : 03-3944-1581

東京 11月20日(木)12:10
丸の内トラストシティランチタイムコンサート
丸の内トラストタワーN館 1Fロビー
アレッサンドロ・カルボナーレ(クラリネット)
エリザ・パパンドレア(ヴァイオリン)
黒田亜樹(ピアノ)
問:森トラスト株式会社 Tel.03-5511-2249



岡山 11月 21日 (金) 19:00
ルネスホール
共演 エリザ・パパンドレア(Vl) 、黒田亜樹(Pno)
<問>090-3636-46
チケットセンター086-234-201
ぎんざや 086-222-3244
ルネスホール 086-225-3003
長谷川楽器:086-225-2858
場所ルネスホール (地図)
〒700-0824 岡山県 岡山市北区内山下1-6-20
+81 86-225-3003
https://www.facebook.com/events/1484687231810449/permalink/1484688461810326/?pnref=story

e0056670_1865093.png

[PR]
# by kuroakinet | 2014-11-11 18:05

クァルテットプロメテオ!本日19時日経ホール!!

タワーレコード渋谷のイベントにいらしてくださって皆様、有難うございました。
おかげさまで渋谷店のクラシックウイークリーチャートの1位!に。。。。感謝感謝。その後旅烏仲間のチェリスト水谷川優子ちゃんのリサイタルで共演させていただき、翌日よりクァルテットプロメテオノツアーのお供をしております。10年前に知り合って以来、彼らを日本に紹介したい、とずっと思っていてやっと実現しましたが、これまで鶴見も武蔵野も名古屋も、休憩中の客席から「すごいね」「すっばらしいね」「幸せ。。。。」など充実の声がきこえて、彼らも連日の公演気持ちよくのりにのっている様子です。名古屋公演の前日、岐阜現代美術館では私もショスタコーヴィチを一緒に演奏してきました!今日は東京公演、日経ホールです。今日は午前中はちょっと都内観光をする、と彼ら。お天気がよくてよかった・・・・

というわけで本日日経ホールは当日券もございます。プッチーニとヴェルディの弦楽四重奏はもう彼らのお家芸。本当に心がいっぱいに満たされるコンサートになるとおもいます。今夜まだご予定あいておられるかたは是非!是非!お待ちしております。

e0056670_1025030.jpg

[PR]
# by kuroakinet | 2014-09-22 10:03 | コンサート

渋谷タワーレコード黒田亜樹インストアイベント13日15時より!

今回の日本滞在はほぼ3ヶ月とイタリア語をほとんど忘れてしまうくらい長かったのですが、コンサートや企画に奔走しているうちにすでに夏の終わり・・・・長期帰国の終盤もコンサートラッシュです。今夜は美女たちにまみれてのスクリャービンコンサートですが、明日は渋谷タワーレコードの私の新CDキャンペーン!あのフロアでCD収録のあれ!を弾くのはいろんな意味で冒険すぎるのですがやってみます。渋谷散歩やお買い物ついでに応援してやってもいいという方のご来場、お待ちしております。

e0056670_9463599.jpg




タワーレコード渋谷店 黒田亜樹(ピアノ) ミニライブ&サイン会
15:00~7F イベントスペースミニライブ&サイン会
国内、そして世界で活躍中のピアニスト・黒田亜樹さんのイベントが決定しました。2011年にリリースした「ブルグミュラーの練習曲」から3年。待望の新作『「火の鳥」~20世紀音楽ピアノのための編曲集』は、クラシック、現代音楽、ゲーム音楽など、幅広いジャンルを弾きこなしている黒田亜樹さんならではのユニークなアルバム!その内容は、マーラーの交響曲第5番のアダージェットを、指揮者そして夫でもある杉山洋一さんが編曲された「スーパー・アダージェット 間奏曲Ⅷ」をはじめ、イタリアのピアニスト・グイド・アゴスティさんが編曲した、ストラヴィンスキーの「火の鳥」等々、通をうならせる見事な選曲と演奏。当日、果たしてどんな演奏を私たちに届けてくれるのか、スタッフも楽しみでなりません。現代音楽をこよなく愛する方々には、今回のミニライヴにぜひ足を運んで頂きたい!(担当:飛田)
[PR]
# by kuroakinet | 2014-09-12 09:48 | コンサート

コンサート情報など

5月6月はコンチェルト、国際コンクールの審査、コンサートなどイタリアと日本どちらも飛び回っているうちに過ぎ去ってしまいましたが、
22日にマントヴァで色に関するイベントがあり、そこで黒&白ミサをひきましたが新聞でも紹介されていたのではっておきますね。
e0056670_0483929.jpg



6月から9月までの長期帰国中、相変わらず多ジャンル、さまざまな種類の公演があります。まずは30日の東京現音計画公演・・・・体力と集中力とセンスと信念と練習量にかかってます。がんばります。
今日のリハーサルの様子がFACEBOOKに載っていました。リハーサルでこんな感じですから本番はもっともっと。。。だと思います。譜面台に載っているのは楽譜ではなく、タイムがひたすら書いているメモ。

e0056670_0542877.jpg


では今日は体力使ったので、時差ぼけでも眠れるかな????BUONA NOTTE・・・・・
----------------------------------------------------
6月~9月の予定

2014年6月30日(月)東京現音計画#03
コンポーザーズセレクション2:足立智美19時開演
会場:杉並公会堂小ホール
プログラム監修、客演(声):足立智美
演奏:東京現音計画
 エレクトロニクス:有馬純寿
 サクソフォン:大石将紀
 打楽器:神田佳子
 ピアノ:黒田亜樹
 チューバ:橋本晋哉

全席自由 前売3000円、大学生2500円(税込
予約・問い合わせ:東京現音計画事務局(ナヤ・コレクティブ内)
チケットオンライン:http://www.purple.dti.ne.jp/naya/tickets/
電話・FAX 03-3921-4309(電話は平日の11:00~17:00)
メール:nayac@mc.point.ne.jp

------------------------------------------------------------------------
7/5 (土) FAZIOLIサロントークコンサート
13:25-13:55 黒田 亜樹&尾池亜美カルテット(尾池亜美/澤 亜樹/長尾春花/山本直輝)
ショスタコーヴィチピアノ五重奏  入場無料
会場・FAZIOLIショールーム・アートギャラリー
東京都港区芝浦 1----13----10  Tel:03----6809----3534
アクセス: JR山手線・京浜東北線田町駅芝浦口(東口)より徒歩6分 都営三田線・浅草線三田駅芝浦口(東口)より徒歩8分
---------------------------------------

7/10 (木)  18:30より
音の花束…明日に向って… 東日本大震災支援チャリティコンサート
会場・横浜みなとみらい小ホール

[出演]黒田亜樹(特別ゲスト・Pf) 瀬山詠子(特別ゲスト・Sop/東京芸術大学名誉教授)ほか
[曲目]ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
中田喜直:金子みすずによる童謡歌曲集「ほしとたんぽぽ」より[料金]無料(要整理券)[備考]メール、FAXにて申込 1人2名まで
未就学児入場可[お問い合わせ]音夢の会事務局 044-556-1975
-------------------------------------------
07/18(金)ブエノスアイレスのマリア
※おかげさまで完売いたしました。
会場:なかのZERO 小ホール 19:00 開演
曲目:アストル・ピアソラ(作詞 オラシオ・フェレール):タンゴ・オペリータ《ブエノスアイレスのマリア》
バンドネオン小松亮太 ボーカルSayaca/KaZZma ナレーター片岡正二郎 ピアノ黒田亜樹 ベース田中伸司
バイオリン近藤久美子/谷本仰ヴィオラ吉田有紀子 チェロ松本卓以 フルート井上信平 ギター鬼怒無月 パーカッション佐竹尚史/真崎佳代子
全席指定:¥3,500
お問い合わせ:コンサートイマジン 03-3235-3777

--------------------------------------------------------
07/15(火)ブエノスアイレスのマリア
板橋区立文化会館 大ホール
http://www.itabun.com/event/?submit_details=&event_id=440
19:00 開演(18:30開場)
曲目:アストル・ピアソラ(作詞 オラシオ・フェレール):タンゴ・オペリータ《ブエノスアイレスのマリア》
(コンサート形式)
バンドネオン小松亮太 ボーカルSayaca/KaZZma ナレーター片岡正二郎 ピアノ黒田亜樹 ベース田中伸司
バイオリン近藤久美子/谷本仰ヴィオラ吉田有紀子 チェロ松本卓以 フルート井上信平 ギター鬼怒無月 パーカッション佐竹尚史/真崎佳代子
お問い合わせ:コンサートイマジン 03-3235-3777
板橋区立文化会館指定管理者 03-3579-5666
-------------------------------------------------------------

「アンネテ・オン・フェット ブンカムラ2014」
ピアノで楽しむフランス音楽
7/26(土)11:00/13:30 伊賀あゆみ&山口雅敏 16:00/18:00 黒田亜樹
7/27(日)11:00/13:30 菊地裕介 15:00/17:00 宮谷理香
会場: Bunkamura1階 ロビーラウンジ
※演奏チャージはございません。ロビーラウンジのお席をご利用の際は、オーダーをいただいております。

------------------------------------------------------------------------

●8月1日(金)没後140 周年記念 ブルクミュラー・フェスティバル
14:00 - 16:45 ブルクミュラー・トークショー
・出演 : 春畑セロリ、飯田有抄、前島美保
・ゲスト : 小原孝、樹原涼子、佐々木邦雄 他
入場料 : 1,500円/小学生以下無料

19:00 - 21:00 ブルクミュラー・コンサート
・曲目 : 「25 の練習曲」「18 の練習曲」「12 の練習曲」
・演奏 : 黒田亜樹
●会場 : 音楽の友ホール(東京メトロ東西線、神楽坂駅徒歩1 分)
入場料 : 3,500円/小学生以下1,000円
一日券 : 4,000円 8月1日に行われる全てのイベントにご参加いただけます

フェスティバル全体のお問い合わせは
㈱音楽之友社 出版部内「ブルクミュラー・フェスティバル」係
Mail : burgmuller2014@ongakunotomo.co.jp

----------------------------------------------------------------------
8/19-24「秋吉台の夏」2014
講師:湯浅譲二、杉山洋一、鈴木治行、田中吉史、成本理香、徳永崇(以上作曲)
松岡麻衣子(Vn)、笠川恵( Va)、山澤慧(Vc)、村上景子(Fl)、黒田亜樹、中山敬子、藤田朗子(pf)、橋本晋哉(Tu)

詳細は後日発表
https://www.facebook.com/akiyoshidai.contemporary.music
------------------------------

スクリャービン・全曲録音プロジェクト【第1回】
黒田亜樹、保屋野美和、石黒美有、小林侑奈
2014.8月30日(土) 14:00~
場所・東音ホール
入場料:後払い方式
詳しくはhttp://www.piano.or.jp/concert/news/2014/06/23_17948.html


スクリャービン・全曲録音プロジェクト【第2回】
出演黒田亜樹、須藤千晴、
保屋野美和、山本恵利花
2014.9月12日(金) 19:00~ (18:30開場)
場所: 東音ホール
入場料:後払い方式
詳しくはhttp://www.piano.or.jp/concert/news/2014/06/23_17948.html

------------------------------------------

「午後の名曲散歩 Vol.1」
【出演】水谷川優子(Vc)黒田亜樹(Pf)
9/17 [水]14:00開演
戸塚区民文化センターさくらプラザ ホール

曲目
サン=サーンス:白鳥
ベートーヴェン: モーツァルトの『魔笛』の「娘か女か」の主題による12の変奏曲 ヘ長調 Op.66
ラフマニノフ: ヴォカリーズ
ピアソラ: グランタンゴ、リベルタンゴ  ほか

全席指定 1公演 2,000円 / 『午後の名曲散歩』3公演セット券 5,000円(3枚同時購入時のみ)

チケット取扱いさくらプラザ TEL.045-866-2501
ローソンチケット TEL.0570-000-407 【Lコード】Vol.1:36228 『午後の名曲散歩』3公演セット券:36231



-------------------------------------------------------------------------------------
クロアキの超お勧め公演!!イタリアのすごいカルテットが来日!
共演いたします!お聴きの逃しなく!!

9月22日(月) 18:30開演
日経ミューズサロン
クァルテット・プロメテオ 初来日公演 共演黒田亜樹
~イタリアの精鋭たちによるアバンギャルドとクラシックの融合~
出演クァルテット・プロメテオ:
  ジューリオ・ロヴィーギ(第1ヴァイオリン)
  アルド・カンパニャーリ(第2ヴァイオリン)
  マッシモ・ピーヴァ(ヴィオラ)
  フランチェスコ・ディロン(チェロ)
  黒田亜樹(ピアノ)

入場料一般=¥3,500 子供=¥2,500(小学生以上高校生以下)
※子供券は日経ミューズサロン事務局のみでの取り扱いとなります
チケットお申し込み
日経ミューズサロン事務局 TEL : 03-3943-7066(日経ミューズサロンの子供券は事務局のみ取り扱い)
電子チケットぴあ TEL : 0570-02-9999 (音声認識予約・Pコード 231-039)
e+(イープラス)
Confetti(カンフェティ)TEL : 0120-240-540(フリーダイヤル・携帯/PHSからも利用可能)
日経ショップ TEL : 03-6256-7682

※チケットは全席指定・税込です。※未就学児童の入場はお断りします。
※やむを得ない事情により出演者・曲目など変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
お問い合わせ日経ミューズサロン事務局 TEL : 03-3943-7066 (平日10:00~18:00)
-------------------------------------------------------------

9月23日(火 祭日)
米子市文化ホール18:45開演
クァルテット・プロメテオ&黒田亜樹(弦楽四重奏&ピアノ)
詳細未定
お問い合わせ 米子労音 TEL0859-34-3173
[PR]
# by kuroakinet | 2014-06-26 00:57

吉報!

みなさま、こちらもうミラノです。2月末日に帰国して、3月は東京現音計画イタリア文化会館公演にはじまり、西へ東へのPTNA課題曲講座、ラフマニノフとショスタコーヴィチの週代わりリハーサル、最後には来日中のミラノの国立音楽院教授BALZANI氏の東京での公開講座と個人レッスンお供。東京のマンションでゆっくりする時間が殆どありませんでした。

さてミラノにもどってすぐに嬉しい発表が!
3月31日にサントリー音楽財団サイトに、4月1日には新聞各紙にも載りましたが、
私がメンバーになりました「東京現音計画」の昨年9月の第一回公演「イタリア特集I:コンポーザーズセレクション1・杉山洋一」で、第13回(2013年度)佐治敬三賞を受賞致しました。

お忙しい中公演に足をお運びくださった皆様。裏方を手伝って下さった方々。公私にわたりいつも力を貸して下さる皆様、本当にありがとうございます。
更に精進してまいりたいと思いますのでどうぞ引き続きよろしくお願いいたします。


東京現音計画、3月の公演ではトイピアノとトイダルシマーを弾きましたが、公演を見に来た息子に終演後開口一番「お母さん椅子が壊れないか心配だったよ」と言われてしまいました。たしかに、、、、私のお尻の半分くらいしか乗らない小さな小さな子供用の椅子でしたので。サルデーニャのジャズピアニストで私の大切な友人、コルダの曲はとても魅力的でおもちゃの楽器とともに倍音の世界を愉しむことができました。

e0056670_2295276.jpg

e0056670_2303731.jpg



この日はイタリア作曲家特集でしたが、おもちゃシリーズ?が続きました。私は参加しなかったのですがメンバー4人による素晴らしい風船演奏。
e0056670_2344751.jpg

写真はすべて松蔭浩之氏撮影です。


次回の東京現音計画は6月30日。ドイツ中心に活躍する作曲家/パフォーマーの足立智美さんとの6つどもえ?これまた大変な公演になりそう。どうも身体を今から鍛えておかなければならないらしいです。

その前に実はイギリスとアメリカで私の新譜が発売になり、日本にもう一回帰国して5月3日は平塚ゾリスデンとショスタコーヴィチコンチェルトで11日は成田フィルさんとラフマニノフのコンチェルト。ミラノとマントバでコンサート。国際コンクールの審査も二つ。身体を鍛えながら頑張ります。
[PR]
# by kuroakinet | 2014-04-04 02:25

トイダルシマー

1月2月はイタリアの試験期間、コンクール期間。日本の師走は12月ですがイタリアは1月2月なのかな?私はイタリアののんびりした生活が好きなのですが、この二か月は遠出もしたし本当に忙しかったなあ。

合間に初の楽譜のお仕事をしました。運指や練習法、演奏の折に大切なこと、などを500字程度にまとめて12曲書いたのですが、私が凝り性だからなのか、不器用だからなのか、かなり時間がかかりました。この時改めてイタリアの我が家の食堂テーブルがとても大きいことに感謝。日当たりのよい食堂がよい作業場となりました。この楽譜については来月の後半?の発売前にまた書こうと思います。


で、昨日成田に帰国しました。今回はコレ↓を手荷物に忍ばせてまいりました。
e0056670_1345026.jpg



東京現音計画
の3月5日のコンサートで日本初演する、サルデーニャ在住の作曲家・ジャズピアニストのコルダの作品がこのトイダルシマーとトイピアノを二つ並べて演奏するというものだからです。このトイダルシマーがなかなか見つからなくてネットで探しまくっていたら、作曲者本人が「プレゼントよ!」とサルデーニャからミラノに送ってくれました。サルデーニャのおもちゃ屋さんにはあってミラノのおもちゃ屋にはないっておもしろいね。これを微分音でチューニングして爪弾くのですが、日ごろ大きな楽器でご立派な音を奏でている反動なのか、とても楽しいです。シルヴィアは南イタリアで人気のジャズピアニストなのですが、以前サルデーニャの現代音楽祭で演奏した折に現地で知り合い、東京現音計画のコンサートをイタリア文化会館で行うことになり、またイタリア人作曲家特集ということなので、現代音楽畑ではない作曲家の作品として取り上げてみました。
e0056670_1131234.jpg

e0056670_11304818.jpg


2014年3月5日(水)18:30開場 19:00開演
イタリア文化会館アニェッリホール(東京都千代田区九段南2-1-30)
東京現音計画#02 イタリア特集II:ミュージシャンズセレクション1・有馬純寿
詳細はこちら


3月はその後も3週間日本に滞在予定で各地PTNA課題曲講座で回ります。
3月9日金沢、10日西宮、16日岩手、20日松山、21日高松です。
その合間に今月は二つのオーケストラとラフマニノフ&ショスタコーヴィチのコンチェルトのリハーサル(本番は5月です楽しみ~)もあり子連れ狼としては忍術を使わなければ乗り切れそうにないのですががんばります。というわけで帰国報告その1.でした。
[PR]
# by kuroakinet | 2014-02-27 12:00 | コンサート